1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

本家に激似!?…訴訟を起こされたゲーム「荒野行動」とは?

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』を開発するPUBG Corp.から『荒野行動』を開発するNetEase Gamesが訴えられたというニュースが国内でも話題になっています。

更新日: 2018年04月07日

12 お気に入り 90752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・「荒野行動」というゲームがPUBG Corp.から提訴された

海外メディアが“PUBG Corp.が、NetEaseが提供するサバイバルシューター『荒野行動』、『Rules of Survival』の配信差し止めを訴える訴状を、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所(United States District Court Northern District of California)に提出した”と報じ、話題になっている。

PUBG Corp.は、限られた範囲内で生き残りを賭けて戦うサバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、『PUBG』)を開発および運営している企業。

訴状によれば、PUBG Corp.は、『PUBG』の要素を細かく説明した上で、『Rules of Survival』『荒野行動』の2作品について“非常に強い”類似性があると指摘。

著作権侵害などにより、「『PUBG』は回復不能な被害を被っている」として、両作品の配信及び開発の差し止めを要求

・このニュースは国内でも関心が高い

荒野行動、訴訟なんてクソくらえサービス続行ってマ?

PUBGが訴訟に踏み切ったかw 荒野行動はまんまPUBGだもんね。 それにしても150ページの訴訟文はガチだなぁ。。。

荒野行動差し止め訴訟。 最近アドネにも広告配信し出して儲かってんねやろなー。と思ってたら、本家PUBGがついに動いた。 自社プロモ打つときに荒野行動に食われるの防ぐ為かな。 #荒野行動 #PUBG #荒野行動 終了

・「荒野行動」とはこんなゲーム

中国企業のNetEase Gamesが開発、運営するiOS、Android、Windows用バトルロイヤルゲーム

正式配信を迎えた同年12月14日時点で、全世界で登録者数が1億人を突破している

「荒野行動」はグラフィックなど全体的な雰囲気も「PUBG」に酷似しており、一部ユーザーからは「ほぼ丸パクリ」といった批判も。

日本でもiOSのApp StoreやAndroidのGoogle Playストアにてカテゴリランキングのトップに表示されることのあるほど高い人気を得ている。

・2つのゲームのこれまで

『PUBG』は2017年3月24日に世界最大のPCゲームプラットフォームSteamでアーリーアクセスが開始されて以降、いまもなおファンを増やし続けるビッグタイトル。

3月19日にリリースされたスマホ版タイトル『PUBG Mobile』も同様に世界中から注目を浴び、100カ国以上でダウンロードランキング1位を獲得したというニュースは記憶に新しい。

PUBG Corp.は2018年1月にApple経由で苦情を申し立てるとともに、訴状もNetEaseへと送っているとしており、NetEaseが『PUBG』の著作権を認めなかったため法的措置に踏み切ったとしました。

「荒野行動」の終了をうたうアカウントは複数存在し、「荒野行動」の公式Twitterと同じアカウント名、アイコンを使用しているのが特徴。中には「荒野行動は本日14:00をもって全てのサービスが終了しました」などとツイートし、5000RTを超えた例も確認

「荒野行動」を運営する中国NetEaseはTwitterを通じ「今後も継続的にサービスを提供し、より進化したゲーム体験を提供して参ります。非公式の情報を信用しないで下さいますよう、お願い致します」とデマを否定し、注意喚起

プレイヤー様の皆様へ: いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。 皆様に引き続き『荒野行動』をお楽しみ頂きたく、今後も継続的にサービスを提供し、より進化したゲーム体験を提供して参ります。 非公式の情報を信用しないで下さい… twitter.com/i/web/status/9…

・この点についてはこんな意見も

1 2