1. まとめトップ

その習慣危ないかも!?ポッコリお腹になる原因4選【ダイエット】

ポッコリお腹/ダイエット/肥満/お腹痩せ/部分痩せ/ウエスト/くびれ

更新日: 2018年04月12日

4 お気に入り 6314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HANABI25さん

お腹は脂肪のつきやすい場所

おなかに脂肪がつきやすいのは腹部に大切な臓器が集中しているためです。
特に女性には卵巣や子宮があります。
赤ちゃんを守り、育てるための大切な臓器なので、それを守るため、女性は特に腹部に脂肪が付きやすいと言われています。

ある程度は必要なんです!

でもポッコリお腹は嫌!

実際にドラッグストアでサプリのコーナーを覗いてみても、お腹周りの脂肪を落とす燃焼系のものがずらりと並んでいますよね。

女性に多い悩みとしてお腹まわりに皮下脂肪がついてしまったという悩みが多いかと思います。
お腹まわり中心について、スタイルを崩す原因になる皮下脂肪。なんとかして、皮下脂肪を落としてキレイに痩せたいですよね。

余分な脂肪を落としてきれいなウエストラインを手に入れたい!

お腹に余分な脂肪がついちゃう原因は?

もしかしたら日常生活で脂肪をつきやすくしているかも!?
まず最初に自分の生活習慣を見直しましょう。

①ストレス

ストレスに起因するお腹太りは、腕や脚などの脂肪はそれほどではなく、お腹に集中してついており、更に脂肪が固めです。

ストレスを溜め過ぎてしまうと、ドーパミンと言われるホルモンが過剰分泌されることがあります。これには、食欲を増大させる働きがあり、これが、ストレスが溜まったときに過食に走りやすくなるメカニズムとなっています。

暴飲暴食すると大量のカロリーを消費しきれず脂肪として溜め込んでしまいやすいです。

▼ながら食べにも注意!

テレビを見ながら、スマホを見ながらといった感じで、食事をしている時に他の事をしながら食事をしていませんか?
“ながら食い”をしていると噛む回数が減りますし、満腹中枢がきちんと刺激されないので、ついつい食べすぎている事が多いから要注意です。

食事の際に噛む回数の違いにより、カロリー消費量にも大きな違いが出てきているという研究結果が発表されています。

②睡眠不足

睡眠と肥満については過去にも関連性を示す研究結果が発表されている。
調査の結果をまとめると、調査対象は英国の成人1615人
睡眠時間が平均6時間の人のウエスト > 平均9時間の人
「6時間の人が腹囲平均プラス3cm」
睡眠時間が短い場合=平均BMIが高い

寝不足でウエストの脂肪が増えるのは冗談ではないみたい。

▼成長ホルモン不足が原因

成長ホルモンには、中性脂肪を分解して体脂肪を減少させる働きがあります。
成長ホルモンは、寝ている間に活発に分泌されているので、睡眠が不足してしまうと成長ホルモンが十分に分泌されずに、結果として慢性的な肥満につながってしまうことがあるのです。

あなたは日ごろからどのくらい睡眠時間をとっていますか?

▼睡眠不足は食欲を増進させる!

睡眠不足は食欲が出てくると言われています。科学的な根拠がはっきりしている訳ではありませんが、寝不足は食欲が増すホルモンの働きが良くなり太りやすくなるようです。
確かに、寝不足で疲れている状態の時にラーメンが食べたくなったり、甘いものが食べたくなったりという経験をした事があるのではないでしょうか。

③姿勢が悪い

実は座り方に原因があるかもしれません。たかが姿勢で?と思われるかもしれませんがデスクワークや食事、休憩時間などで普通に座っている時間は意外と長いもの。

1 2