1. まとめトップ

悪口は幸運。「瀬戸内寂聴」さんの言葉がみんなの心に響いてた

「悪口を言われるのはその人が幸運だから」など、瀬戸内寂聴さんの言葉がみんなの心に響きまくっているようです。

更新日: 2018年04月07日

5 お気に入り 4034 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■瀬戸内寂聴

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年(大正11年)5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。

作品に「夏の終り」「かの子撩乱」「美は乱調にあり」「花に問え」「場所」など

僧位は権僧正。天台宗の僧侶の中で、上から数えたほうが早いほど徳のある人物

■そんな瀬戸内寂聴さんの言葉がみんなの心に響きまくってた

「女性でもね、男性でもね、自分が幸運なときね、運が向いているときはね、必ず悪口を言われるの。悪口を言われるということはね、悪口を言いたくなるほどね、その人が幸運なのよね」

つまり、幸せに思われているから悪口を言われるわけであって、周りから認められている証拠になると、瀬戸内さんの発言を番組は紹

悪口をいわれると、どうしても気持ちが落ち込んでしまうもの。しかし、幸せに思われているからこそ悪口をいわれるのだと考えると、気持ちが少し楽になりそう

瀬戸内寂聴さんが『自分が幸運な時は運が向いている時は必ず悪口を言われる』『悪口を言われるということは悪口を言いたくなるほど 幸運』と深イイ話で話していたが文字通り深い話だ…。

「悪口を言われるのは、その人が幸運だから」 瀬戸内寂聴さんの「深イイ教え」が大反響 sakamobi.com/news/setouchij… @sakamobiから 陰口悪口言われるのは本当は腹だだしい限り敵意をむき出しにしたいが、ハッとしたね~!

「悪口を言われる人は悪口を言いたくなるほど幸運」 ものすごく為になる言葉。 share4jp.com周囲が悪口を言いたくなるほど幸せだということ/

俺しゅんごい悪口言われたりしてるから、幸運なのか♡ ありがとう♪元気出た! https://t.co/y6WB3nUE6w

この前瀬戸内寂聴さんが 運が向いている時は必ず悪口を言われる。 悪口を言いたくなるほどその人が幸運なの。 というようなことを言っていて 全てに当てはまるかは分からないけど これを聞いた後に見た悪口はちっぽけに見えた。

■有働アナも「身に染みて分かる」

作家の瀬戸内寂聴さん(95)が9日、NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)にプレミアムトークのゲストとして生出演

「独りでいる覚悟を決めている人は、誰かに期待しない分、さびしくないわよ」との言葉が返ってきた

ちょうど失恋した頃、寂聴さんに「このまま結婚も出産もできなかったら 老後も一人ぼっちじゃないかと不安」と相談した時のエピソードです。

「あのころは理解できなかったけど、最近身に沁みてわかる気がします」と有働アナ。

諦めるのと覚悟をするというのは全く違うことで、もういいやじゃなくて、いつかあるかもしれないし、なくても大丈夫でありたいと思ってる方が心が楽だったという感じ。すとんと自分の中で腑におちて、そしたら目の前が明るくなった。

独りでいる覚悟を決めている人は、誰かに期待しない分、さびしくないわよ。 って、寂聴さんが言ってたって有働さんが言ってた。 2人ともかっこいいわ。 pic.twitter.com/3uAgu2JYtn

「独りでいる覚悟を決めている人は、誰かに期待しない分、さびしくないわよ」 納得、笑

■老いて生きる苦しみに対する金言

人生で最悪といってよいくらい、病気に悩まされ、精神的な苦しみがつづいた年でした。5月に92歳の誕生日を迎えたあと、脊椎を圧迫骨折して療養生活に入り、秋には胆のう癌が見つかって手術

老いて向き合う、生きる苦しみ。それを乗り越えるためには、本当にやりたいことだけ考えればいいといいます。

1 2