1. まとめトップ

【死球・暴投GIF画像】6月3日西武戦で1軍復帰か、阪神・藤浪晋太郎、苦闘の記録

プロ入り3年目までは順風満帆な野球人生だった藤浪投手ですが、ここ数年は死球や暴投など荒れ過ぎるピッチング内容ばかりが目立ち、このままでは選手生命にまで及びかねないようです。

更新日: 2018年06月30日

1 お気に入り 5471 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロト8さん

◆阪神・藤浪晋太郎、苦闘の記録

2軍降格からひと月半、6月3日西武戦で1軍復帰か

❖2018年5月24日 ウエスタンリーグ・オリックス戦

2軍降格後、3度目の登板となったオリックス戦は、最速153キロのストレートを武器に、7個の三振を奪うなど、7回無失点。

課題とされるフォアボールも、3個にとどめ、1軍再昇格へ好投を見せた。

❖2018年5月15日 ウエスタンリーグ・ソフトバンク戦

不振で2軍に降格している藤浪が15日、ウエスタンリーグのソフトバンク戦で先発。

6回を投げ、4安打、1失点と粘りの投球を披露。与えたフォアボールは4つ、制球面で課題を残したものの、最速は153キロで9奪三振と復活へ向け一歩前進しました。

4つのフォアボールのうち、そのうちの2つは本人にとっても意図があるフォアボールだった。納得のフォアボール、勝負に行ってのフォアボール、ボールがすっぽ抜けてのフォアボールではなかった。

❖2018年5月8日 ウエスタンリーグ・オリックス戦

18日ぶりの実戦マウンドで復調の兆しを見せた。

ただ金本監督は「いつ頃1軍というのは全く何も決まっていない。やっぱり何回か投げて、確信を持ってからしか、1軍にはまだ上げられない」とコメントしている。

オー人事!阪神・金本監督の“ハッパ”に悩む藤浪晋太郎に救いの手を

「今年も突如、制球を乱す場面がありました。去年の夏頃から、藤浪の不調の原因は、イップスではないかと見られています」

「イップスの人は、緊張すると、従来通りの自在な身体の動作ができなくなってしまいます。強いプレッシャーを受けると、いつまでも引きずってしまうことも。仮に金本監督が藤浪選手に結果として強いプレッシャーをかけたとすれば、選手にとって逆効果になってしまうこともあるでしょう」

球団関係者の間では「藤浪の再生には監督を代えるか、トレードしかない」との声も上がっているという。上司に恵まれない藤浪に必要なのは「オー人事」。

❖5月8日からのウエスタン・オリックス3連戦中に降格後初先発予定

❖2018年4月21日 出場選手登録を抹消

阪神の藤浪晋太郎投手(24)が21日、出場選手登録を抹消され、兵庫・西宮市内にある鳴尾浜球場で、2軍の残留練習に合流した。

❖2018年4月20日 巨人戦

阪神藤浪は5回、120球、被安打9、与四死球6、奪三振10、失点6で降板。

1 2 3