1. まとめトップ

川越市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらい?

川越市の公務員試験の難易度や倍率はどれくらい?面接対策の志望動機の考え方はどうか?筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月10日

0 お気に入り 1277 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

川越市の公務員試験の難易度は?

川越市職員の採用試験の難易度はどんな感じか?

川越市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系4、技術系4という程度でしょうか。

4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。

川越市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は教養と専門の筆記試験があります。教養試験は国語、社会、英語など知識試験と数的処理や判断推理などの知能試験があります。

専門は専門職種により異なりますが、行政職では法律、経済、政治、国際分野から幅広く出題されます。

去年の行政事務職の1次試験の結果は応募317、受験224、合格69でした。
だいたい4倍というところですね。

2次で個人面接、行政事務のみ集団討論、身体検査、論作文試験、適性検査などがあるようです。個人面接は一番最後に行われるようです。

この2次試験の行政事務の最終合格者は22、採用予定者は15を見込んでいるようです。
大体2次試験は3倍程度という倍率になっています。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
条件をするのであれば、1次の筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

筆記試験は7割程度点数が行けば、だれでも合格できるので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

2次の面接試験は上の人の好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

川越市の公務員試験の難易度はどうなっているのか?知っておきましょう。川越市の公務員試験の難易度に関しては、中規模程度の自治体なので、そこまで難し印象はないかもしれませんが、そうとは言い切れない部分もあります。こういった規模の自治体の場合には、川越市の公務員試験の筆記試験のレベルは高くはないかもしれませんが、倍率がそれなりにある可能性もあります。川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインも気になると思いますが、やはり川越市の公務員試験の難易度は筆記試験のレベルより、筆記試験の倍率が重要になると思います。川越市の公務員試験の難易度については、やはり全体の倍率をチェックする必要があります。川越市の公務員試験は地元出身者が多く受けてくると思うので、面接対策でもどういった志望動機を話せるか?も重要です。川越市の公務員試験の面接対策では聞かれることが多くありますが、やはり志望動機が重要で、地元だからという典型的なもの以外でいかに効果的な志望動機を話せるか?というのを考えていきましょう。川越市の公務員試験の難易度については、面接対策も重要なので、二次試験の対策についても、川越市の公務員試験の筆記対策をしているときからやっていきましょう。川越市の公務員試験の面接で聞かれることの対策をいかに早くやっていくか?というのも重要ですから。

川越市の公務員試験の倍率はどれくらい?

川越市の公務員試験では事務職に関しては大卒、短大卒、高卒まとめて行われているようです。川越市の公務員試験の事務職の募集人数は30人前後くらいのようで、そこそこ募集人数があります。大卒、短大卒、高卒まとめて全体で募集人数が決まっているようですから。ちなみに川越市の公務員試験の倍率に関しては5~6倍となっているようです。したがって、川越市の公務員試験の全体の倍率としては、事務職はこのくらいです。しかし、すでに話したように、川越市の公務員試験の倍率については、大卒や短大卒、高卒まとめて行われているのです。実際はそれぞれの学歴別に倍率はちょっと異なります。どの学歴が何人までといった決まりはないと思いますが、実際は学歴別に合格者数も違いますし、倍率も違います。平成29年度の採用試験では25人の募集で42人が最終合格していますが、39人が大卒で、短大卒が1人、高卒が2人の合格となっているので、合格者はほとんどが大卒です。ただ、受験者は大卒が圧倒的に多いです。短大卒や高卒の受験者が少ないので、そこが原因でしょう。川越市の公務員試験の難易度はそこまで高いわけではないのですが、川越市の公務員試験の筆記試験の倍率はどうなっているのか?というと、3倍くらいでしょうか?川越市の公務員試験の筆記の倍率は普通くらいです。そして、川越市の公務員試験の面接の倍率に関しては、二次試験と三次試験を合わせてになりますけど、2倍くらいです。したがって、川越市の公務員試験の筆記の倍率は普通くらいですが、川越市の公務員試験の面接の倍率も普通くらいだと思います。川越市の公務員試験の難易度に関しては、倍率から確認することもできるので、過去の倍率をチェックしておいてほしいと思います。

川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?

川越市の場合には倍率としては筆記試験が1番高いものの、二次試験の作文や三次試験の面接もそれなりの倍率だと思った方が良いでしょうから、最後まで気は抜けません。そう考えると、三次試験まであるので川越市の公務員試験は難易度はそこそこはありそうな気がします。筆記試験の教養試験から作文試験、そして面接試験まで幅広い選考への対策が必要になります。川越の場合には面接が集団面接というのもポイントになるかもしれません。公務員試験で集団面接ってそこまで多くないですから。個人面接が多いので、集団面接への対策できているか?もポイントになるでしょう。

川越市の筆記試験のボーダーも気になるところですが、倍率が3~4倍ということを考えると、6割弱くらいは必要かもしれません。問題のレベルにもよるので、予想は難しいですけど、川越市の筆記のボーダーは22~24点くらいを目安にすると良いのではないでしょうか?教養試験のみだと、倍率を考慮するとこれくらいになる気がします。

川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどれくらいでしょうか?川越市の公務員試験の筆記は教養のみとなっているようです。事務職は短大卒や高卒も同じ枠で受けるので、教養のみというのは自然かもしれませんが、その分川越市の公務員試験の筆記対策は負担が少ないということが言えます。川越市の公務員試験の筆記は教養のみとなっていますが、川越市の公務員試験の筆記が教養のみといえども、専門試験の方が点数がとりやすい科目が多いので、教養のみというのは意外とボーダーラインは上がりません。したがって、川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては高くはないと思うのです。一般的な市役所試験では、川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインは5割あれば受かるケースも多々あります。川越市の公務員試験の筆記の倍率は少し高いので、もう少し必要かもしれませんが。川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインは55%くらいあれば十分受かる可能性があります。川越市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそのくらいを目標に頑張っていけば良いでしょう。ただ、川越市の公務員試験では配点は筆記試験はそこまで高くない可能性があります。川越市の公務員試験の面接の配点が恐らく高いでしょう。配点は筆記試験と面接試験がそれぞれどんな割合か?は調べておけると良いのですが、川越市の公務員試験の面接の配点が高いのが地方公務員の特徴なので、川越市の公務員試験の筆記対策も重要ですが、面接対策もしっかりと準備していきましょう。

川越市の公務員試験の志望動機の考え方は?

川越市が求める人材
○誠実・公正で高い倫理観を持ち、市民に信頼される職員
○市民の目線を意識し協働によるまづくりに取り組む職員
○環境の変化を的確に把握し、常に改善・改革の意識を持ち、行動する職員
○自らの責任で、自ら考え、実行する職員
○目先のことにとらわれず、組織として効率的かつ効果的に業務を行う職員

私たちは目指すべき将来都市像の実現に向け、平成28年度から10年間を期間とした第四次川越市総合計画で、目標や必要な方策を定めています。

本計画では、川越の近未来を、「子育てにやさしい、地域社会で子どもたちを健やかに育んでいるまち」「高齢者が生きがいを持ち、安心して元気に暮らしているまち」「地域の課題を地域で解決する、市民がまちづくりに積極的に取り組んでいるまち」として描き、これらの実現に向けて取り組むことが重要と考えています。

また、活気のあるまち、いつ訪れても楽しいまちが持続するために、「多くの観光客が訪れ、農業、商業、工業、観光産業が連携し、地域経済が発展しているまち」「東京圏でありながらも自然が豊かで、先人から引き継いだ郷土の伝統を守り、文化芸術活動が活発で成熟した魅力があふれているまち」を目指して、さまざまな施策に取り組みます。

◆都市づくりの目標
1、将来都市像
『人がつながり、魅力があふれ、だれもが住み続けたいまち 川越』

2、分野別の基本目標
将来都市像を実現するために、8つの分野別の基本目標を定めます。
(1)子ども・子育て
 子どもが健やかに成長でき、子育ての楽しさを感じられるまち
(2)福祉・保健・医療
 住み慣れた地域で、一人ひとりが健康でいきいきと安心して暮らせるまち
(3)教育・文化・スポーツ
 歴史と文化を感じながら学びあい、豊かな心を育むまち
(4)都市基盤・生活基盤
 安全で快適な基盤を備え、歴史や自然と調和した魅力あるまち
(5)産業・観光
 地域資源をいかした、にぎわいと活力にあふれるまち
(6)環境
 地球環境にやさしい、豊かな自然とともに生きるまち
(7)地域社会・市民生活
 地域で支え合う、安全で安心なまち
(8)住民自治・行財政運営
 つながりによるまちづくりと、持続可能な行財政運営の推進

川越市の公務員試験の志望動機の考え方はどうなっているのでしょうか?川越市の公務員試験の志望動機に関しては、川越市がどんな人材を求めているのか?そして、川越市がどういった街づくりを推進していく予定なのか?というのを知っておくと良いヒントになると思います。そういった部分から、川越市の公務員試験の志望動機を考えると良いと思います。引用した部分を参考にして、川越市の公務員試験の志望動機を考えてほしいです。川越市の公務員試験の面接では聞かれることは多くあると思うので、志望動機や自己PRに関しては早めに考えていきましょう。特に志望動機や自己PRは面接試験での合否を左右するものなので、かなり重要です。川越市の公務員試験の面接対策では聞かれる質問が数多くあるので、面接試験の直前はそういったものへの対策もしていかないといけません。したがって、少しでも余裕のある対策をしていくには、筆記試験の段階で、川越市の公務員試験の面接で聞かれることに関してある程度対応していかないといけないので、志望動機や自己PRは特に筆記試験の勉強をしているときから考えておくと良いと思います。面接対策は川越市以外の試験種でも行わないといけない可能性がありますから。川越市の公務員試験の面接で聞かれる質問の中でも志望動機や自己PRをどう考えるか?は早めに考えておきましょう。

1