1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『海猿』から『サザエさん』まで!意外と知らない「福岡」が舞台のマンガ

「福岡」が舞台のマンガ6作品のまとめ。「海猿」(佐藤秀峰)、「クッキングパパ」(うえやまとち)、「博多っ子純情」(長谷川法世)」、「サザエさん」(長谷川町子)、「あぶさん」(水島新司)、「まんだら屋の良太」(畑中純)。

更新日: 2018年04月13日

1 お気に入り 1853 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『海猿』(佐藤秀峰)

海上保安庁 第七管区(九州)新人海上保安官・仙崎大輔の乗る巡視船「ながれ」が出航した。目的は、SOSを受けた中国船籍「鳳来号」の救助。偶然、乗り合わせてしまった新米新聞記者・浦部美晴とともに、岩礁の「鳳来号」のもとへ急ぐ「ながれ」。

海上保安庁第七管区(本部:福岡県北九州市)

「海猿」の漫画を読んでる。TVはけっこう話とか設定とか変えてたんだなーとしみじみ。そして福岡が舞台の場面が多くて、博多弁も嬉しい。

大ヒットドラマ「海猿」は原作の漫画は福岡の海上保安庁の話なので、事件の舞台は関門海峡など福岡近郊です。今度ある「海猿4」はもともとは福岡空港での事件を題材にしています。@muji_naruhodo 福岡博多を回ります!『なるほど!』と思えるネタ

◆『クッキングパパ』(うえやまとち)

食の街・博多。荒岩一味は仕事も家事も完璧にこなす元気なサラリーマン!!  新聞記者として働く虹子さんは、家事はちょっぴり苦手だけどいつも明るく元気なお母さん。長男・まこと、長女・みゆきの4人家族の食卓にはいつも笑顔があふれています。

博多には縁もゆかりもないし今まで3回くらいしか行ったことが無いんだけど、なぞの親しみを抱いている理由がわかった。毎週クッキングパパを読んでるからだわ。 博多駅降りてすぐのKITTE見て、懐かしい気持ちになったん何でやろ、って思った… twitter.com/i/web/status/9…

ここが福岡……! クッキングパパが住んでるところ? 父がずっとクッキングパパ読んでたので博多は初めてなのに感慨深い土地です(^ω^) あと偏った知識を持っています。 川を見ると全部筑後川?と思ってしまうのはどうにかしたい。 pic.twitter.com/rup9YndxGc

#福岡市 トレンド入りはよく分からないが 博多駅地下の 名代ラーメン亭 はほんとに旨いから福岡に来たら食って帰れよな クッキングパパにも登場した pic.twitter.com/i1FsN0o9Pf

◆『博多っ子純情』(長谷川法世)

主人公・郷六平が、中学から高校・浪人・大学を経て、人形師になることを決意するまでの人生を描いた青春巨編。純朴な博多っ子が恋愛やケンカ、そして人々との心のふれあいなどを通し、成長していくさまが生き生きと描かれている不朽の名作。

今、博多っ子純情を読んでます。 すごく面白い!方言も新鮮。時々わからない言葉もあるけど‥ twitter.com/yamakasa_navi/…

博多っ子純情ホント舐めてたわ・・・クッソ面白いわ博多っ子純情・・・

近所の古本屋で見つけた『博多っ子純情』愛蔵版。全5巻のうち3巻だけなのが微妙だけど、とりあえずヨシとする。『パンツの穴』的な側面もあり、これがなかなか面白い。あと、博多弁の勉強にもなるのが楽しい。あの照和にも触れられてて、欄外なが… twitter.com/i/web/status/8…

◆『サザエさん』(長谷川町子)

国民的漫画「サザエさん」の発案の地は福岡だということをご存じでしょうか?原作者の長谷川町子さんは戦時中の1944年、福岡市早良区の西新地区に疎開。そのとき、海岸を歩きながら漫画の着想を得たといわれ、1946年、夕刊フクニチで連載が始まりました。

サザエさんとマスオさんはお見合い結婚! 磯野家が福岡に住んでいた時に、福岡の百貨店・岩田屋の地下食堂にてお見合いをしたが、 個室でもなく普通の席だったので、周り沢山人がいて恥ずかしくて、二人ともあまり話もせずにすぐに結婚を決めた。 pic.twitter.com/RST7vgUqNp

テレビ欄狂騒伝。 1979年4月2日(月曜)② この日からスタートした朝のテレビ小説「マー姉ちゃん」は、長谷川町子の 「サザエさんうちあけ話」が原作。昭和初期の福岡を舞台に、戦中戦後の混乱期を明るく生きてきた長谷川家の日常を描い… twitter.com/i/web/status/8…

サザエさんってもはや時代錯誤したわけわからんアニメみたいになってるけど、原作マンガはめちゃくちゃ面白いよ。よりぬきサザエさんが全巻実家にあった。

◆『あぶさん』(水島新司)

1973年から連載が続く水島新司氏の人気野球漫画『あぶさん』が完結。主人公・景浦安武の高校時代からプロ野球、引退後の1軍助監督昇格までを描いた41年にわたる長期連載が幕を閉じる。

実際のプロ野球とリンクしていることでも注目を浴び、1989年には南海ホークスから福岡ダイエーホークスに変更し、本拠地も福岡に。さらに、2005年からは現在の福岡ソフトバンクホークス。

90年代初頭のあぶさんはバツグンに面白い。特にホークスが南海→ダイエーになって、あぶさんが福岡に引っ越すあたり。

コンビニ売りのあぶさん・福岡ダイエー編、懐かしく面白いなー。 つくづく思うんだけど、水島新司って野球が好きだよね。

1 2