1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

春頃になると花粉症などでマスクをつけてる人を嫌でも見ますよね。沖縄ではマスクをつけている人はほとんどいません。一体なぜなのでしょうか

▼花粉症は本当につらい

花粉症酷すぎて号泣しながらくちゃくちゃご飯を食べる以外何もできない

ヒノキ花粉ダメかもしれないわ やばい 右鼻がめっちゃ詰まってる これ花粉症なんかな片鼻だけやねんけど()

▼日本人の4人に1人は花粉症にかかっている

花粉症は、スギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。

日本人は花粉症をそもそも持っている方が多いんだそうですね。日本人全体の25%ほどが花粉症を持っていると言われています。

子どもに至っては、ロート製薬さんが2015年に実施したアンケート調査によると、3人に1人は花粉症の疑いがあるそうです。

▼沖縄では花粉症の症状が出ないという衝撃の事実があります

花粉と無縁の 所に逃避できたら!!と考えると素敵ですよね。そんな素敵な場所が「沖縄」です。

▼一体なぜなのか?

沖縄には亜熱帯の為、スギやヒノキ等の花粉症の原因と報道されている植物がほとんどありません。全くない訳ではないのです。

ただ、圧倒的にその数は少なく、沖縄県の森林面積の約0.3%しか、スギやヒノキは植えられていないそうです。

沖縄ではスギ花粉が飛ばないため、花粉症で悩んでいる人はいません。

▼沖縄にスギの木などがない理由

戦後、全国の山林では、建材としての使用や治水を目的にスギの木の植林が行われました。

スギ・ヒノキが花粉を盛んに生産するようになるには30年ほどかかるそうですから、高度経済成長期に植えた木が、今になって一斉に花粉を飛ばしまくっているということでしょう。

しかし、沖縄には植林がほとんど行われませんでした。これは、国が植林を進めていた時期に、アメリカ統治時代であったことと、そもそも台風が毎年やってくるため、スギやヒノキが大きく成長しないことが要因です。

▼花粉症がつらいため、沖縄に行く人も多いとか

1 2