1. まとめトップ

長澤まさみの演技が素晴らしすぎる!!ドラマ「コンフィデンスマンJP」に期待の声!

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」に期待の声が上がっています。長澤まさみが主演となっているようですが、その演技もすばらしいものとなっています。「コンフィデンスマンJP」での長澤まさみの活躍を含めネットでも期待の声が上がっています。

更新日: 2018年04月09日

0 お気に入り 7213 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

月9ドラマの「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみの演技が凄く素晴らしいと評判です!!この期待のドラマをまとめました。

hip472さん

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」

『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日から、フジテレビ系「月9」枠にて放送される予定のテレビドラマである。主演は11年ぶり「月9」主演の長澤まさみで単独主演は初めてとなる

魅力的なキャストや、人気脚本家によるストーリーテリングなど、話題性には事欠かないドラマ『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日から放送スタート!

コンフィデンスマンの意味は?

そこにmanをつけることで信用させる人という意味になり、信用詐欺師ということになるのです。
ドラマ「コンフィデンスマンJP」は信用詐欺師の意味を持つ、ドラマ作品となります。

ドラマの内容は詐欺師をテーマにしている

「コンゲーム」(信用詐欺)をテーマにした作品で、一見、平凡そうで善良そうな姿をした信用詐欺師の主人公・ダー子(長澤さん)、ボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、壮大かつ奇想天外な計画で欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”だ。

「コンフィデンスマンJP」は、連続ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」「ミックス。」などの古沢良太さんが脚本を担当したオリジナル作。“月9”でコンゲームを題材にするのは初めてで、二転三転する壮絶なだまし合いが繰り広げられる。

コンフィデンスマンJPはネットでもかなり期待されている

コンフィデンスマンJPが、今期楽しみなドラマです。長らく月9はおじさんが居酒屋いくテレビを観ていましたので、楽しめるか不安やけど。

コンフィデンスマンJPが楽しみすぎてどうにか!!なりそうだし!!カーネーション見たことないので見たいし楽しみドラマアニメでたいへん たのしみだ〜容量...

あと、24時間と10分後ぐらいに『コンフィデンスマンJP』だ!

そんな期待作の主演を任されたのが長澤まさみ

長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。 静岡県磐田市出身。堀越高等学校卒業。身長168cm。東宝芸能所属。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。

長澤さんの起用について、「ダー子、ボクちゃん、リチャードというキャラクターができてから、キャスティングを始めました」という草ケ谷プロデューサー。

長澤さんが演じることが決まってから「ダー子がさらにブラッシュアップされていきました」といい、「長澤さんが舞台やCMで振り切ったお芝居をしているのを拝見していましたが、連ドラ(という枠)の中で、そういう役どころは、そこまでなかったような気がしています。

主演の長澤まさみのさすがの演技に期待大!

長澤が本作で演じるのは、一同のリーダー的存在のダー子。ダー子は天才的な頭脳を持ちつつもどこか詰めが甘かったりと憎めないキャラクターとなります。

また、彼女は好んで男性を誘惑する「ハニートラップ」を使おうとするのですが、これは「エロババアに襲われるようで怖い」とボクちゃんに止められてしまうそうです。また、彼女は毎回様々な人物に扮装します。

1 2