1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

5Gとは

第5世代移動通信システム(5G)は、今、規格の標準化が進められている次世代の通信技術だ。

5Gは「IoTの普及に必須となるインフラ技術」である。すでに世界的にIoTの普及に向け動き出している。

日本で現在最も高速とされている、NTTドコモの4Gサービス「PREMIUM(プレミアム)4G」は、通信速度が最大で788Mbps(メガ・ビット毎秒)。20Gbpsは2万Mbpsなので、単純計算だが、約25倍だ。現在、国内で主流となっている「LTE」と比較すると、実質的に速度は約100倍に跳ね上がる。

5Gで新たに活用される見込みの「ミリ波」

ミリ波とは、30〜300GHzの周波数を持つ電波で、これは1波長が10ミリメートル(30GHz)〜1ミリメートル(300GHz)であることから「ミリ波」と呼ばれている。

これまでミリ波は軍事目的や衛星による地球観測、企業向けの高速通信などに利用されていた。ミリ波特有の電波特性から、主として直線で見通しがきく短距離での利用に限定される。近年では、車の前方監視レーダーとしても利用されている。

国際軍事専門誌を発行する英国の軍事コンサルタント会社、IHSジェーンズなどによると、WB-1は強力なミリ波のビーム(電磁波)を発し、人体の水分を沸騰させる。ビームを当てられた人は電子レンジに入れられたような状態となり、耐え難い熱さを感じるという。ビームが届く有効距離は80メートルだが、電源などを強化すれば1キロにまで伸びるという。

アクティブ・ディナイアル・システム

アクティブ・ディナイアル・システム (Active Denial System : ADS) は米軍が開発中の暴動鎮圧等に用いるための対人兵器システム(指向性エネルギー兵器)。

ミリ波の電磁波を対象物(人間)に向けて照射すると、誘電加熱により、皮膚の表面温度を上昇させることが可能で、この照射を受けた者は火傷を負った様な錯覚に陥るという。実験段階での報告によれば致命的な殺傷能力は無いとされ、対象物から450m離れた場所からの照射でも効力が有り、人道的な兵器としての利用が期待されている。 使用される周波数は95GHzで電子レンジの2.45GHzより非常に高い。

ソフトバンク株式会社 - 総務省の「高速移動時において1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」を請負 softbank.jp/corp/group/sbm…

【メディア黒書、バックナンバー】第5世代移動通信システム に東電が参入、懸念される高周波電磁波による人体影響 | MEDIA KOKUSYO kokusyo.jp/phone/11822/

僕はオプションで今の時代にも引けを取らないような安全装備が付けれたよ!例えばナイトビュー、ブレーキ制御&世界初でもある低速追従モード付レーダークルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティーシステムが付けれたよ!

1 2