1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

読み応えがあって面白い!一巻完結で読みやすいミステリー漫画

ミステリー漫画は多くありますが、その中でも一巻完結のミステリー漫画を紹介します。一巻完結で読みやすいですし、どの作品も読み応えがあって面白いです。

更新日: 2018年05月07日

5 お気に入り 3952 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

▼奇抜なトリックや駆け引きが魅力!

作者:荒木飛呂彦

平凡な少年の麦刈公一は、ある日、転校生のビーティーと出会う。ビーティーは科学や心理学などを巧みに使った奇術やトリックが得意であった。
ビーティーと公一は様々な事件に巻き込まれたり積極的に悪事を実行していく。

幼いながらもかなり残忍な少年の物語で、彼がトリックを使って人を騙していくのですが、その方法はなかなか面白いですね

全六本の短編が入っているが、どれもが知略戦。相手の裏をかくこと、知恵の勝負によって相手から勝利を得ること。実にミステリ的な展開

この漫画に出てくる悪役は嫌な奴ばかりで、その悪役がビーティーのトリックに倒される瞬間の爽快感は半端ないです。トリックは少々強引(良く言えば奇抜)ですが、その爽快感のおかげであまり気になりません

▼科学特捜科に所属する二人のKYOの活躍を描いたミステリー

原作:たかしげ宙 作画:皆川亮二

科学特捜科に所属するIQ250の少年・保科恭と警視庁一のグータラ警官・久我山鏡の二人が、最新科学技術を駆使する知能犯を叩いていく。

とにかく、スケールの大きい犯罪を扱っている本作は、大規模推理漫画と呼ぶにふさわしい、良く出来た作品です。一冊読みきり、全部で五つの事件詰め込んだ、手軽な構成もポイント高し

科学知識を応用したトリックは面白いし、鏡の格闘シーンも皆川亮二だけあってカッコ良かった

▼香りを手がかりに事件を読み解く新感覚ミステリー

作者:由貴香織里

奏はどんな香りでも記憶でき、あらゆる香水を理想通りに創り出せる天才調香師だった。
従兄妹のフランス人・アナイスと共に、「香り」を手がかりに様々な事件を解決する。

結構香りを職業にする人の漫画とかでてますが、よく調べられていてとても面白かったです。この漫画家さんらしい緻密さがよかった漫画でした

調香師の奏の、普段の頼りなさと香りが絡んだ時のキビキビした態度のギャップも面白くて好きでした

▼スライハンドという能力を巡って起こる悲劇

原作:我孫子武丸 作画:藤谷陽子

スライハンドという能力を持つ二人の親子は花屋で居候していたが、追手に見つかってしまう。

ストーリー自体はかなり暗いが演出が控えめな為かそれ程陰惨さは感じない

設定はありがちですが、なかなかキャラクターが魅力的でストーリーも意外性があって読ませます。ラストにちょっとした仕掛けもあってさすが我孫子さん

推理というよりSFテイストだけど、ラストの優が敵を陥れる方法が一捻りあって我孫子さん原作ぽかった

▼何の関連性がないと思われた事柄がやがて。。。

作者:石黒正数

外天楼と呼ばれる建物にまつわるヘンな人々。エロ本を探す少年や宇宙刑事、ロボット、殺人事件が起こる?
刑事・桜場冴子は謎を秘めた姉弟を追って自分勝手な捜査を開始した。

ギャグ編かと思ったら、妙な伏線だったり、ラストに近づくにつれて、伏線回収されて盛り上がるのはなかなか良い

短編としての個々の作品のクオリティはもちろんとても高いのですが、長編としてみたときそれらの物語が有機的に組み合わさり感動的な光景を描く様は圧巻

一編づつ独立したSFミステリー短編集かなと思って読んでいると、最後の最後で全てが繋がってくるまさかのオムニバス作品集だった

▼警部と宇宙人のコンビが事件を解決!

作者:外木寸

捜査官のスコット警部はロンドン警視庁に未解決事件専門課を立ち上げた。
そこにポンコツ宇宙人のノイングが突然やってくる。ノイングは名探偵になりたいから地球に来たという。
スコット警部とノイングはロンドン市民を揺るがす迷宮事件の解明に挑むこととなる。

事件の謎はノイングの能力ですぐ明かされるので、その能力でスコットが更に犯人をどう追い詰めるか、というコン・ゲームのミステリーとして楽しみました

1 2