1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

信頼性のあるソースとネットの声

niboruさん

■スギ花粉が終わったと思ったら…

東京都の今年の飛散量はスギ花粉も予想を上回る多さでしたが、ヒノキに関しては昨年の総飛散量の10倍以上がすでに飛んでいます

日本気象協会は6日、東京都心で3月中に計測されたヒノキ花粉の量が昨シーズンの同月と比べ43・6倍にのぼったことを明らかにした。

ことしの花粉症は「長くて、つらい」と感じている方、多いのではないでしょうか。その原因が、スギ花粉の後、ピークを迎えるヒノキ花粉の記録的な多さです。東京都が観測している12の地点のうち9つの地点で、先月下旬、1日の飛散量としてはこれまでで最も多い量が観測されていたことがわかりました。

■ネットの声

やった!! ついにスギ花粉の飛散が終盤に差し掛かって‥‥‥‥ヒノキ花粉が去年の428倍!!!!!?!? pic.twitter.com/4qB8mKbx7c

そっか、今年ヒノキ花粉多いから食べ物のアレルギー誘発されちゃう人が多いのか…?花粉症が出た人は食べ物のアレルギーも出やすくなるのでご注意ください。食べたあと喉や口の中が痒くなる、息が苦しくなる、気分が悪くなる、お腹を壊す、といった症状が出ます。詳しくは「口腔アレルギー」で検索

1