1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

英調査・6歳以下の子供の「4人に1人がスマホ所持」という衝撃

イギリスの調査にて6歳以下の子供の4人に1人がスマホを所持しているという結果が出ています。それに対して色々な声が出ています。

更新日: 2018年04月10日

8 お気に入り 16999 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■便利なスマホ

スマートフォン(smartphone)は、パソコンの機能を併せ持ち、インターネットとの親和性が高い多機能携帯電話

Apple社のiPhoneで使われているiOSと、その他のほとんどの製品で使われているGoogle社のAndroidが一般的

最近では、WordやExcelなどのオフィス・ソフトの表示・編集機能やフルキーボードを搭載する製品も

■そんなスマホだが、英では6歳以下の子供の4人に1人が所持しているということが明らかに

これは衝撃です。。

イギリスで行われた調査によると、6歳以下の児童のうち4人に1人がスマートフォンを所有していることが分かりました。

所有している児童の中で、約半数が1週間に最大で21時間(1日平均3時間)の利用を行っていることも分かりました

ティーンエイジャーのスマホ所有率は、年々増加傾向にあり、中学生が約5割、高校生・大学生が約9割という調査結果が出ている

10人に8人の親が子どもに利用時間の制限を設けていないことや、電話やメールしか利用できないといったデータ制限機能を、4人に3人の親が設定していない

3人に2人の親が、月に支払う上限額を特に決めていないことも明らかとなりました。

目の前にあるとつい触ってしまい、知らないうちに時間が過ぎてしまうスマホ。強制的に使えない時間をつくるのも、賢い付き合い方の一つ

■日本では子供にスマホを持たせる年齢としては「高校1年生」が最適というアンケート結果が出ている

スマートフォンを子供に持たせていない親1,003人に、いつ頃から子供にスマートフォンを持たせてもいいか聞いたところ、66.9%が「高校1年生」と回答

小学校高学年で74.3%――。何の数字かというと、スマホの所持率。デジタルアーツが全国の小中高生を対象に調べたもの

アンケート結果と実際とでは乖離があるようです。

子どもにスマートフォンを持たせるなら月々支払ってもいいと思える月額料金を聞いたところ、「2000円以上3000円未満」が27.4%と最も多く、次いで「1000円以上2000円未満」が20.5%、「4000円以上5000円未満」が13.6%

■子供のスマホ利用は学力を低下させるというデータも

やはり利用方法は考えなくてはならないということでしょうか。

「LINE等をまったく使わない」群の偏差値が50.8だったのに対し、“1時間未満の群は50.2、同1~2時間は47.7、同2~3時間は45.1、同3~4時間の群は43.0、そして同4時間以上は40.6”と、10ポイント以上の開きが出た

家庭で毎日2時間以上も勉強をしていても、携帯・スマホを3時間以上使用すると、携帯・スマホは使用しない、かつほぼ勉強もしない生徒よりも成績が低くなっている

携帯・スマホを3時間以上使ってしまうと、ほとんど家で勉強をしないけれども携帯・スマホを使わない生徒たちの方が、成績が良くなってしまう

明るい将来を担保するために、自制心を持ち、スマホの使用は1日1時間以内とするのが望ましい

携帯・スマホを使用したことによって、学校で学んで得た記憶さえもが消えている可能性が

スマホ依存の子は、概して自己肯定感が低い傾向にあります。自分に自信がなく、周りに合わせることで安心感を得ようとする

スマートフォンでソーシャルメディアやゲーム、テキストメッセージ、ビデオチャットなどに時間を費やしている十代は、スポーツをしたりやアウトドアで本物の人間と交流する人たちよりも幸せではない

1 2