1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

買わなくても生活できる…10~20代で『車離れ』が急増している理由

10~20代の社会人で「車は買いたくない」と答えた人が50%を超えているそうです。車の使用価値は認められる一方で「買わなくても生活できる」と考える人が多くなっているようです。

更新日: 2018年04月10日

14 お気に入り 49238 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・2017年の新車販売台数ナンバー1が発表された

ホンダ・N-BOXシリーズが届出車の軽自動車、軽以外の登録車を含めて2017年の新車販売台数ナンバー1に

2017年の暦年・年度ともに首位を獲得したのは、ホンダでは2002(平成14)年度に「フィット」が達成して以来、15年ぶり

2位は同33.8%減の14万9083台を販売したトヨタ『プリウス』。首位N-BOXに7万台以上引き離された。

3位は昨年8月にマイナーチェンジを受けたダイハツ『ムーヴ』で同26.5%増の14万5643台だった。

・そんな自家用車についてはこんな調査結果が

日本自動車工業会(自工会)が9日発表した2017年度の乗用車市場動向調査によると、車を保有していない10~20代の社会人のうち「購入したくない」との回答が前回調査に続いて5割超に上った。

回答した1000人のうち、車を保有していない800人に購入する意向があるか尋ねると「買いたくない」が前年の調査に比べて1ポイント増の29%。「あまり買いたくない」(25%)と合わせると54%に達したという。

これに「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」(27%)、「お金は車以外に使いたい」(25%)が続き、堅実な消費志向が読み取れた。

・一方で車の使用価値は認められている

購入する意向があるを尋ねると、レンタカーやカーシェアリングには関心を示す層が増加し、マイカーの「所有」にこだわらない若者が増えている傾向が浮き彫りになったという。

非保有者のうち購入意向がある366人の車の利用方法については、レンタカーが71%で最多となった。

自動車業界が大きな変革期にある中、クルマは従来の「所有」だけでなく、カーシェアリングなどの「利活用」のニーズが高まっている。

・Twitterでもこんな意見が見られる

カーシェア、自分の家からではなく全国の任意のステーションから車を発生させられるメリットがあるので、使い方によっては車を所有するより良いと思う

>RT ハッキリ言って要らないね。完全に趣味の世界。何も考えようともせずに「いやいや田舎は車必要だよ」って言う人もいるけど、そう言う人達のうち、実際はレンタカーとカーシェアとタクシーと公共交通機関を上手に組み合わせる方が結局は安く… twitter.com/i/web/status/9…

あー。地方の車生活(昔)と東京暮らし(今)の両方経験ある自分はこれ同感。都内の狭い道は運転するだけでストレスになる。駐車場も高い。交通機関が楽。要るときだけ借りられてメンテのいらないカーシェアやレンタカーが楽。 twitter.com/YahooNewsTopic…

自分も出来る事ならマイカーなんて持ちたくない。車両価格に加え毎月のクッソ高い保険料、維持費、ガソリン代、税金諸々本当にばからしくなってくる。カーシェアやレンタカーで充分。しかし北海道のクソ田舎に住んでるとそうもいかない・・・。冬は自転車も乗れないし・・・。

・確かに最近のカーシェアリングサービスは充実している

トヨタ自動車とパーク24は4月3日、東京都心の一部におけるカーシェアリングサービスの業務提携を開始すると発表した。

トヨタは以前から「自動車業界が100年に1度の変革期にある」(豊田章男社長)としたうえで、クルマは従来の「所有」だけでなく、カーシェアリングなどの「利活用」のニーズが高まっている現況を踏まえた発言を繰り返してきた。

今回の取り組みは、さらなる連携強化を視野に入れたトライアルと位置づけで、パーク24のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の対象車両にトヨタの通信型ドライブレコーダー「TransLog」や両社のカーシェアリング機器を搭載

蓄積した情報はビッグデータとして管理し、情報分析にAIを活用することで精度・効率の向上を図る考え

・そして、二輪車は女性が拡大しているという

1 2