1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

快挙尽くしの選手にメジャーリーグも大盛り上がりです!

TER8さん

米ア・リーグ週間MVPの受賞は日本人選手過去最速、23歳9ヵ月最年少受賞!!

米大リーグは9日、週間MVP(2~8日)を発表し、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平選手(23)が初受賞した。

投打の「二刀流」をこなす選手の受賞は、同リーグが週間MVPを選び始めた1975年以来、初めて。同選手は球団を通じ「選ばれて光栄です。支えてくれた球団スタッフとチームメートに御礼申し上げます」とコメントした。

ア・リーグ週間MVPに選ばれた、大谷翔平選手 「プレーヤー・オブ・ザ・ウイークに選ばれて光栄です。支えてくれた球団スタッフとチームメートに御礼申し上げます」 pic.twitter.com/gyaNqbGTgP

@tamachan7771 おはたまちゃーん✨ 大谷翔平選手、メジャーリーグの週間MVPに二刀流の選手が選ばれるのは初めてだそうです。 pic.twitter.com/xMNJp6WXs1

ジャッジよりホームランを打っていて、シャーザーより三振を奪った大谷翔平。 週間MVPに選出されましたー!! #Ohtani pic.twitter.com/IEGzKGXPyn

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、毎回の12三振をすべて空振りで奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。3戦連発を放った「打者・大谷」に続く躍動に対し、
当初は手厳しかった米メディアも
   「オオタニは野球史上最高の選手になり得る」
   「皆の脳を混乱させるには十分なほどの衝撃だ」
         とすっかり恒例となった絶賛を展開している。

米国で最も権威あるスポーツ誌「スポーツイラストレイテッド」は

「どんなルーキーでも来て早々にこれほどのヒットやホームランを打ち、またピッチャーとして結果を残すことができると考えるのは、狂気の沙汰だ。ましてや、ルーキーが異国という環境で全く新しいリーグ、さらには地球上で最高峰の選手を相手に戦っていくということ自体、過酷すぎることなのだ」

オオタニサン最高の一週間でしたね ア・リーグ週間MVPおめでとうございます

大谷くん️❣❣ ア・リーグ週間MVPおめでとうございますヽ(*´∀`)ノ*.o゚+:,*オメデトゥ*:,+゚o.*ヽ(´∀`*)ノ㊗✨✨✨✨ pic.twitter.com/tUO3OVDqo5

スプリットに米ファンから大興奮の声が続々と上がっている。

「ボールがまるで意志を持っているようだ」
「MLBのモンスターと化せ」
「壮大なポテンシャルを示した」
「日本人離れした体格は、MLB仕様だ」
「オオタニは未来の史上最高になりえる」
「あまりに脅威的なピッチング」

 このようにコメントが殺到し、名刺代わりの1球に驚きを隠せない様子だった。

大谷「光栄です」二刀流で週間MVP受賞 日本選手ではイチロー以来2年ぶり/大リーグ/デイリースポーツ online daily.co.jp/mlb/2018/04/10… @Daily_Onlineさんから

1