1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

顔に不要な角質が溜まっていると、くすみやゴワつきの原因になるだけでなく、乾燥や化粧崩れの原因にも!角質をやさしくケアして透明感のあるツルツル肌を手に入れましょう!

角質ができる原因

古い角質は本来すこやかな肌であれば、自然に剥がれ落ちると言われています。

しかし、以下のような原因で肌が乱れると、自然に剥がれ落ちずに肌にどんどん蓄積されてしまいます。

古い角質が溜まる主な原因
①乾燥
②摩擦
②紫外線
③加齢

これらによって肌に古い角質が溜まりやすくなると、くすみや毛穴詰まり、鼻の毛穴黒ずみなどさまざまな肌悩みを引き起こす原因となる可能性があります。

角質なくすにはどうするの?

クレンジングの仕方

クレンジングは、メイク落としに使いますが、基本的にメイクの油分の汚れを落とすのに適しています。ただし、時間をかけると自然の肌の保湿成分の皮脂まで取り除いてしまうので、手短にクレンジングは終わらせる必要があります。基本的にクレンジングは1分以内に済ませるのが目処です。

AHA入りの石鹸で洗顔

古い角質が気になるようなときは、 AHA入りの洗顔石鹸を使いましょう。

これは、酸が含まれた洗顔石鹸で、 ピーリング石鹸とも言われ、 皮膚の表面を酸で、軽く溶かすイメージです。

ピーリング石鹸を選ぶときは、 顔につけたときに、ちょっとピリピリするくらいが丁度良く、 洗い流したときに、ツルンとするのがベストです。 弱すぎると効果がでないからです。

入浴しながら角質を取る簡単な方法

できれば半身浴でじっくりと汗をかきましょう!
肌がやわらかくなったら、指で顔をやさしく触ってみてください。
ザラザラとしている部分があれば、指の腹を使ってそっとこすります。
ポロポロとアカのようなものが出てきたら、それが角栓です。
お風呂から出たら、油分や添加物などをなるべく含まない化粧水でたっぷり水分を与えてあげれば角栓ケアの完了!

保湿は大事!

肌の乾燥は毛穴が広がる原因になります。
乾燥によって毛穴周りの細胞が縮んでしまい、毛穴が広がってしまいます。
広がった毛穴は影ができて、毛穴が黒ずんでいるように見えます。
乾燥毛穴には保湿による改善が一番です。
保湿によって肌の水分やハリを整えることで毛穴ケアをすることができます。

通常の化粧水の使用だけでは肌の潤いが不足する可能性があるので、フェイシャルマスクを用意したりコットンパックを行って、重点的に保湿ケアを行うようにすることが重要です。 化粧水を利用した後は乳液、クリームなどでフタをしてあげるようにしましょう。

敏感肌でもできるケア方法

お肌への負担を最小限にする角質ケアを求める人たちがこっそりやっているのが乳液を使ったピーリング。オイルより乳液のほうが水分が多いので、スキンケアに近い感覚で行うことができます。

やり方はしっかりクレンジングをした後に乳液をすこしたっぷりめにお顔にのせるといった簡単なもの。くるくると優しく広げ、温めたホットタオルで顔全体を覆い毛穴の汚れを浮かします。ホットタオルは熱すぎないもので清潔なものを使用し、そのままホットタオルで優しく乳液をふき取ります。その後はいつものスキンケアでしっかり保湿をして蓋をしましょう。

リキッドよりパウダーファンデーション

汗に強いリキッドタイプのファンデーションは便利ですが、毎日使っていると界面活性剤や紫外線吸収剤の影響で角質にダメージを与えます。ふだんはパウダータイプを使用しましょう。

紫外線対策はしっかりと!

紫外線は角質をためる原因になります。
紫外線を浴びると、肌は紫外線から守ろうとして角質をためて肌を厚くします。
つまり顔は紫外線にあたりやすいため、角質がたまりやすくなります。

これはダメ!

毛穴の汚れを落とそうとするあまり洗顔時に力を入れすぎたり、ふき取るときに強く拭いたりして生じる摩擦や、常に洗浄力の強い洗顔料を使って必要以上に肌に負担をかけてしまいます。

また角質を除去しようとピーリング剤を使用書に書かれた回数より多く使ったり、角質を削る成分の入ったクリームやジェルでこすりすぎたりした場合にも必要な角質まで落としてしまい、肌が傷つく原因になります。

1 2