1. まとめトップ

バーベキューコンロみんなが使っている人気のメーカーや失敗しないコンロの選び方を紹介!

バーベキューコンロの人気メーカー、ツイート0除外、ツイート多数のみまとめました。そして失敗しないバーベキューコンロを選び方もあります!

更新日: 2018年04月14日

2 お気に入り 4134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jonjonpoさん

〇尾上製作所

尾上製作所のピザオープンゲット! 今度のキャンプはピザ食べ放題だな 未定だけど pic.twitter.com/WSMtD9Al8p

【さすがの超コスパ】尾上製作所の3種の2018年NEWアイテムに注目!BBQにも活躍してくれそう - CAMP HACK[キャンプハック] camphack.nap-camp.com/3286

頑丈なテーブル欲しいけれどどうせソロだし、マルチスタンドのSならファイアグリルと一緒に収納できそうなサイズ。 尾上製作所(ONOE)マルチファイアテーブル tak-camp.com/multi-fire-tab…

BBQコンロ、どこの買おうか悩む〜〜 コスパ的には尾上製作所かな、、、オールステンレスの✨ でも収納が出来るのがいいなぁ〜〜(・ε・)ムー

そろそろキャンプシーズン。ということで、新たなグッズを色々試してます。今日はワンポールテント設営。ホント、簡単でびっくりした。尾上製作所のピザ釜はちょっと焦げたけど許容範囲?早くキャンプ行きたいなぁ♥

はーキャンプ⛺ 【さすがの超コスパ】尾上製作所の3種の2018年NEWアイテムに注目!BBQにも活躍してくれそう - CAMP HACK[キャンプハック] camphack.nap-camp.com/3286

●サイズ:使用時315×280×235mm、収納時315×260×40mm
●重量:1.8kg
●燃料:炭
●素材:ステンレス
●タイプ:卓上型

その名の通り、折り畳めるコンロです。組み立てに時間もかからず、まるごと水洗いが可能でお手入れもしやすいです。

521件のカスタマーレビュー
日本製なので作りもよく、なによりコンパクトに畳めるのは利点ですね。
5人くらまでで、チマチマ焼きながら食べるにはちょうどいいサイズ

・バイクでのキャンプツーリングで使用してみました。
畳むと小さくなるので、持って行きやすいです。
2人で焼肉をしましたが、焼くスペースとしては十分でした。
ただ、板は薄くサイズが小さいので、変形するし、ズレるので使いにくいです。
・折り畳み式がバイクツーリングのためとても重宝する。しかし、プレス加工(穴あけ後の曲げ)に不良がありました。すぐ使う予定だったため自分で加工し直しました。一般の方(自分で直せない方)の場合使用不能で、つまらないキャンプツーリングになっていたであろう。購入される方は早めに準備、確認する必要があるので注意しましょう。本来であれば星4・5でしょう。

高評価が多いのですが、実際使うといまいちでした。
他のレビューで指摘している人がいますが、空気穴が足りず、炭を熾しても食材を載せて焼き始めるとすぐ火力が落ちます。
焼くというより保温程度にしか使えません。
おかげで毎回ジャーキーが出来上がります。

使った後も、分解ができない構造のせいで汚れが落としにくく、汚れた側を外にして保管することになるのでクリアケースも汚れます。
使用の際は、保管用に新聞紙を別途用意しておくといいでしょう。

結局他人に譲りましたが、その人も空気穴がないせいで火力が上がらずいまいちとのことです。

●サイズ:40×26.5×18cm
●重量:約9kg
●燃料:炭
●素材:鋳物
●タイプ:卓上型

鉄鋳物製なので、お肉がとても美味しく焼けます。また、両面焼きが可能なので嬉しいですね。そのうえ、木炭出し入れがカンタンなのは有難いです。

尾上製作所の鋳物バーベキューコンロを買って昨日バーベキューをやりました。鋳物なので食器洗剤は使わない方がいいみたいなんですが、ねっとりした油がなかなか取れず困っています。
どなたか洗い方、メンテナンス方法を教えて下さい。よろしくお願いします。

・この手の製品は重いし形も洗いにくそうですね。
炭をおこして空焼きして脂を焼き切り、金属ブラシでヨゴレをゴシゴシするだけでも結構キレイになると思います。

●サイズ:幅66.5×奥行32×高さ30・58・70cm(3段階)
●重量:4.5kg
●燃料:炭
●素材:ステンレス
●タイプ:スタンダード型

脚の高さが3段階調整可能なため、様々なシチュエーションに対応できます。炭受けは引き出し式で楽ちんなうえに、ストッパー付きです。

●サイズ:使用時/約42.5×33.5×30・70cm、収納時/約42.5×33.5×15cm
●重量:4.0kg
●燃料:炭
●素材:ステンレス
●タイプ:スタンダード型

ステンレス製なのでとても丈夫です。炭受けは引き出し式になっているので、炭の補充もとても簡単です。脚の高さは2段階調節できます。

ストッパー付きとのことですが、引く時に気を付けて上に引かないとストッパーの役割を果たしません。普通に真っ直ぐ引くと抜け落ちます。(届いた商品がたまたまなのか?)
引き出しできるタイプはどれもこんな感じなのでしょうか?

本体、引き出し部分に三ヶ所取っ手が付いてるのですが、取っ手も簡易なものでグラグラしています。

それ以外はしっかりとした作りではありますが、現品を見ていたら間違いなく買いませんでした。

●サイズ:幅38×奥行29×高さ20.5-25cm
●重量:1.6kg
●燃料:炭
●素材:スチール
●タイプ:卓上型

組立が脚を伸ばすだけのワンタッチ式なのでとても簡単です。網の高さが3段階に調整可能で、火力の調整が簡単にできるので焼き過ぎ防止になります。

31件のカスタマーレビュー
嫁と2人でキャンプすることが多いのでこれくらいのサイズが調度いいです。
ただ洗う時に足が邪魔で収納する時も片方の足が固定せずイラつきます、バーベキューコンロは違うものを再度購入してこれは焚き火台専用に使おうと
思います。

主に海でのBBQで使用します。
コンパクトで軽く持ち運びがしやすく、網の高さが3段階に調節でき、4人で十分に炭ももちました。
小さいので片付けも楽になったのもうれしいです。
少人数でのんびり座りながら利用するには最適です。

百均で売っているB4サイズほどの大きさのジッパー付き袋に網ごとスッポリピッタリ入ってしまします。
リュックに入れた状態で背中に当たっても、形状がフラットなので痛くないし邪魔になりません。
鉄製のパンの中に、紙袋に入れた木炭を収めて持ち運べば、インスタントBBQグリルと同じ状態になって便利ですよ。
ステンレス板を組み立てるタイプの細かく畳めるBBQコンロよりも、私は炭ごと運べるこの製品のほうが好きですね。

●サイズ:使用時/約76.5×40×70cm、収納時/約76.5×40×18.5cm
●重量:7.5kg
●燃料:炭
●素材:ステンレス
●タイプ:スタンダード型

ステンレス製なのでとても丈夫です。キャスターが付いているので、場所移動がとても楽にできます。炭受けは引き出し式になっているので、炭の補填が簡単です。

10人以上が集まるBBQだったので大きめのコンロを買いました。
炭床がちょっと深すぎで、火力を得ようとすれば大量の炭が必要です。
炭床は鉄製で、黒塗装されています。 1回使っただけで塗装が剥がれ
次回までには真っ赤に錆びるでしょう。 使用ごとに掃除の後、
耐熱スプレー塗布をお勧めします。

分解できる構造なのですが、車輪の締め付けがナイロンナットになっていて
工具が必要です。 それも2つ必要。 シャフトに回り止めがついておらず
両側にスパナをかけないと、ナットの締め付け緩めができません。

炭底のレール付近を触るときに手を切りました。 パネルのエッジ処理が
悪いようです。

ぱっと見た目はしっかりしてますが、ちょっと難点が多い商品です。

●サイズ:使用時/約幅120×奥行55×高さ80cm、収納時/約幅120×奥行55×高さ28cm
●重量 : 27kg
●燃料:炭
●素材:鉄(クロームメッキ)
●タイプ:スタンダード型

大人数でのBBQに大活躍間違い無しの一品です。空気穴が前後左右に付いているので、空気周りがとても良いです。キャスターが付いているので、重さを気にせず楽に移動できます。

大人数でのバーベキューが多い、共同畑での常備品として
購入しました。

サイズがとにかく特大でよいのですが、タイヤや足回りが
少し頼りなく、庭先での固定使用など移動を考えない際には
ここまで大きいものはあまりないので良いと思いますが、

移動を想定される場合には、持ちどころもなく、足回り
に不安があるためお勧めしません。

その他は不満無しです。

〇ユニフレーム

ユニフレームのファイアグリルとチャコスタ、鉄板2種類、スノーピークのチタンマグ買ったった(^ν^)

ユニフレームのあるにも関わらず、焚き火台追加。 BUNDOKの軽くてポール分離出来るから仕舞い寸法小さくていいね~(о´∀`о) pic.twitter.com/ueOlGcqf4L

テント付属のペグで必要充分だけど ソリステか村の鍛冶屋かユニフレームのステンレスのパワーペグかで悩んでるよ

キャンプ料理がもっと楽しくなる✨ ユニフレームの新作ギアをご紹介! 羽釜でご飯食べてみたいですね camphack.nap-camp.com/3287 pic.twitter.com/N5gZ0HfT0T

1 2 3