1. まとめトップ

【簡単!】美味しくきれいに♪豆腐ダイエットのすすめ【美容】【健康】

ダイエット/豆腐/イソフラボン/健康/美容/食生活/女子/豆腐レシピ

更新日: 2018年04月13日

12 お気に入り 13190 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HANABI25さん

ダイエットの強い味方の豆腐!

ダイエットの基本は、しっかりと栄養を摂りながら筋肉量は維持し、脂肪だけを減らしていくこと。
脂肪を減らし、筋肉を減らさないための栄養が摂れる食材を選ぶ、そのために役立つのが豆腐なんです。

また、豆腐は、タンパク質や脂質など体の基礎的な栄養素のみでなく、体を調節等して健康を維持増進させる食品「機能性食品」としても注目されています。

そんな豆腐の魅力とは?

▼低カロリーで手軽に食べられる

豆腐は高タンパク、低カロリーで調理をしなくても食べられる!

また、水分が多いので食べ応えもあるので少量でも満腹感を感じることができます。

そして豆腐はなんといってもカロリーが低い!
一丁食べても木綿豆腐が200kcal前後、絹ごし豆腐が150kcal前後なんです。

白ご飯を豆腐に置き換えればカロリー&糖質オフ!

ちなみに…。

木綿豆腐と絹ごし豆腐、栄養価に違いがあることをご存知でしたか?
カルシウムや、鉄分を摂りたいときには木綿豆腐を。ビタミンB1や、カリウムを摂りたいときには絹ごし豆腐を選んでみる、というように栄養価の違いで豆腐を選ぶのも良いかもしれませんね。

▼脂肪の蓄積を防ぐ

これにより、血中脂質を排除し体に蓄積することを防いでくれるため、脂肪が燃焼しやすい体にする効果が期待できるのです。

脂肪が増えるのを抑えると同時に脂肪を燃やしやすい身体にしてくれる。

また、豆腐には、脂肪や糖質を燃焼させるための筋肉となる重要な栄養素・たんぱく質が多く含まれるのに、肉に比べ脂質が低いため、カロリーを抑えることができます。

▼便秘解消

豆腐は、皆様がご存じのように大豆が主原料です。大豆にはタンパク質・不溶性食物繊維・オリゴ糖などが含まれています。

豆腐は水分も豊富です。適量の水分も便秘解消には大切になります。

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らむのが大きな特徴です。
そのため、不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を促す効果があり、これにより便秘の解消に繋がります。

オリゴ糖はビヒィズス菌の栄養になり、腸内の善玉菌を増やしてくれます。
また、ビヒィズス菌が増えて来ると腸内で酸が作られるようになり、この酸の刺激により蠕動運動が活性化され便がより排出されやすくなる、というわけです。

実はヨーグルトに含まれる乳酸菌やビヒィズス菌は腸に届く前にその多くが死滅してしまうんです。

▼女性に嬉しいイソフラボンの効果

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをするので、植物エストロゲンとも呼ばれています。

エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、肌の潤いの源にもなります。
お肌のハリやうるおいの低下は、女性ホルモンの減少が原因の1つとして考えられており、イソフラボンを摂取することで美肌効果が期待できます。

また、無理なダイエットで食生活が偏ると女性ホルモンのバランスが乱れてくると太りやすくなりますから、減少する女性ホルモンを補っていくことが必要です。

豆腐でホルモンバランスを整える。

1 2