1. まとめトップ

眼精疲労でお悩みの方必見!症状を楽にする方法

目の疲れや肩こりなど、様々な症状を引き起こす「眼精疲労」。現代病とも言われる眼精疲労を改善するには、どんな方法を試せばいいんでしょうか?おすすめの解消法をご紹介します!

更新日: 2018年04月12日

3 お気に入り 613 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

biron57さん

現代人に多い眼精疲労

長時間目を使うことで発生する「眼精疲労」。
現代では、そんな眼精疲労の症状に悩まされている方はたくさんいるでしょう。
しかし、一括りに眼精疲労といっても、その症状は様々です。
そこで、眼精疲労の主な症状と原因について見ていきましょう。

眼精疲労の主な原因

メガネやコンタクトが合っていない
細かい活字を長時間見続けた、パソコン作業や車の運転を長時間続けたなど
目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイなど)
体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害など)
ストレス

現代では、パソコンが普及して仕事や日常生活でも使う機会が増えています。それによって目が酷使され、眼精疲労になってしまう方が多いんですね…。

眼精疲労の症状

●眼の症状
  目が疲れ
  視界がぼやける
  目がかすむ
  目の痛み
  目が充血
  目が重く感じる
  目がしょぼしょぼする
  光をまぶしく感じる
  異物が入っていないのに涙が出る

●身体に現れる症状
  肩こり
  倦怠感
  頭痛
  めまい
  吐き気

目を酷使することから目の症状はもちろん、長時間無理な体勢を取り続けることで肩こりや倦怠感、頭痛などといった身体の症状も引き起こしてしまうんですね。でも「たかが目の疲れや肩こりだし…」なんて放っておく方もいるかもしれません。実はそれとっても危険なんです!症状が悪化して、さらなる悲劇を招いてしまうことになりますよ。

眼精疲労を放っておくと…

目の周りの筋肉は普段、瞬きによって鍛えられています。
しかし、パソコンによる作業やスマホ、テレビなど長時間集中して見ていると、瞬きの回数がうんと減ってしまいます。

このような習慣をずっと続けているうちに眼輪筋が衰えてしまい、目の下にたるみが起きてしまうのです。

たるみができると、クマになってしまうことも…。

皮膚のたるみにより、目の下に黒い影ができてしまうクマです。上を向けば色が薄くなりますが、上から光が当たると影が濃くなり、より目立って見えるのが特徴。

さらに、単なる目の疲れだと思っていたものが、実は重要な病気のサインだったということも珍しくありません。

◆ ドライアイ

 眼球の表面(角膜〈かくまく〉や結膜〈けつまく〉)が乾燥する病気です。VDT症候群(コラム参照)など、目を酷使する人やコンタクトレンズを使っている人がなりやすく、しばしば眼精疲労を伴います。

●緑内障・白内障・眼位異常など
 緑内障は進行すると視野障害や視力低下を起こします。また、一部のタイプの緑内障では急に眼圧が上昇して眼痛・頭痛を起こすことがあります。
 白内障も進行するとまぶしさや視力の低下が生じ、眼精疲労を起こすことがあります。

重篤な症状に陥らないためにも、「眼精疲労かな?」と思ったら、早めに眼科を受診してみることをおすすめします。

眼精疲労を解消するには?

原因を特定し、それが発見されれば排除することが必要です。眼鏡が合わない場合は作り直したり、目の病気が発見されれば治療したりします。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取りながら行うことが非常に大切です。眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合があります。

目を温める

目元を蒸しタオルやホットアイマスクで温めると、目の周りの筋肉をほぐすことができ、眼精疲労の症状を軽減することができます。また、目元を温めるとリラックス効果もあります。

<目元を温める手順>
1.フェイスタオルなどを水でしっかり濡らし、水分が残るように少し緩く絞る
2.電子レンジで30秒~1分間温める
3.まぶたにおいても熱くない程度の温度に冷ます
4.蒸しタオルを目を閉じてまぶたに置き約10分間そのまま休む

ツボ押しマッサージをする

晴明(せいめい)
場所: 左右の目の目頭から少し鼻よりのくぼみ。
魚腰(ぎょよう)
場所: 眉の中央の少し下にある。
方法: 晴明と魚腰のツボは母指の腹でツボをあて、ゆっくりと押しながら小さな丸を描くように10回くらい行う。
   
太陽(たいよう)
場所: こめかみから目じりに、少しくぼんでいるところ。
四白(しはく)
場所: 瞳の中心の真下、小鼻の横にある。
方法: 太陽と四白のツボは中指の腹でツボをあて、ゆっくり押しながら小さな丸を描くように10回くらい行う。

目の体操をする

1 2

関連まとめ