1. まとめトップ

岡山県の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらい?

岡山県庁の公務員試験の難易度や倍率はどれくらいか?面接対策での志望動機の考え方や筆記のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月15日

0 お気に入り 6746 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

岡山県庁の公務員試験の難易度は?

岡山県の採用試験の難易度はどの程度か?

岡山県の職員採用試験の難易度は、5段階評価のうちで行政事務系4、技術系は4下ということにしておきます。

岡山県の採用試験も、他の自治体同様に1次、2次試験制を採っています。

1次試験は教養や専門などの択一の筆記試験と適性検査です。

2次試験が論文試験と集団討論や個別面接などの人物試験などの試験が実施されます。

2次試験が論文試験と集団討論や個別面接などの人物試験などの試験が実施されます。

教養試験は択一式で50問を完全解答、専門は40問を完全解答してもらいます。

教養試験は択一式で50問を完全解答、専門は40問を完全解答してもらいます。

筆記試験は7割前後、7割5分の点数があれば確実に合格できる試験ですので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

最終試験合格=即採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。
公務員採用試験の一番の考えとしては、筆記試験である1次試験でまず落ちないようにしましょう。

論文試験は国家の中で岡山県の役割や国や海外の経済問題、自治問題についての解決方法などが出題される傾向があります。

面接試験は好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

ちなみに集団討論は岡山県のこれからの行政活動などについての課題などがだされることが多いです。

配点も公表されていて、筆記試験の教養試験は1問2点の100点満点、専門試験は1問3点の120点満点、適性検査の配点はなく、論文試験の配点は1問50点の2問で100点、面接試験と集団討論で400点ということで720点満点ということになっています。

岡山県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?岡山県庁の公務員試験の難易度に関しては全国的にも高いと思います。都道府県庁の公務員試験なので、地方上級のレベルにもなりますし、岡山県庁の公務員試験に受かるにはかなり勉強をしないといけません。岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えるだけでも大変と言えるのではないでしょうか?したがって、岡山県庁の公務員試験の難易度は筆記対策のときからかなり高いと言えます。筆記試験の対策がやはり大変だと思います。岡山県庁の場合には筆記対策をしっかりやって、入試本番に備えないといけないので、まずは岡山県庁の公務員試験の筆記対策として、地方上級の過去問をやると良いと思います。過去問をやると、岡山県庁の公務員試験の筆記の難易度が分かりやすいと思うのです。岡山県庁の公務員試験では筆記試験がまず重要になるので、そこ対策をしていってほしいと思います。しかし、岡山県庁の公務員試験では配点によって難易度も変わります。特に面接の配点が高い可能性があるので、岡山県庁の公務員試験の面接の配点が高いとなれば、面接重視になりますから、岡山県庁の公務員試験の面接対策ももちろん重要になります。岡山県庁の公務員試験の配点は筆記よりも面接の方が高いと思って、面接対策も筆記試験の対策をしているときからやっていくと良いでしょう。

岡山県庁の公務員試験の倍率はどれくらい?

岡山県庁の公務員試験の倍率はどうなっているのか?というと、大卒程度の行政職の倍率は全体としてはそこまで高くないです。5倍前後となっているので、岡山県庁の公務員試験の難易度としては普通くらいでしょう。岡山県庁の公務員試験の倍率はそういった感じですが、募集人数は50人くらいあるようなので、年度によって変わる可能性がありますけど、このくらいの募集人数があるということになります。岡山県庁の公務員試験の筆記の倍率は2倍くらいとなっており、これも低いと思います。したがって、岡山県庁の公務員試験の筆記の倍率からすると、岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで高くはないのではないか?と思います。岡山県庁の公務員試験の面接の倍率は2倍ちょっとくらいなので、筆記試験の倍率とあまり変わりません。岡山県庁の公務員試験では面接の配点の方が高い可能性があるので、筆記対策も重要ですが、岡山県庁の公務員試験の面接対策で聞かれることの予想などをしていかないといけないのです。岡山県庁の公務員試験では聞かれることは多くあると思うので、早く面接対策を始めないと間に合わないということになります。岡山県庁の公務員試験の面接対策のことも考えながら、岡山県庁の公務員試験の難易度を理解して、対策をしていってほしいと思うのです。

岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは?

岡山県庁の公務員試験の難易度は高くはないとは思いますけど、二次試験まで出選考は終了する割には筆記試験では絞らず、面接試験の倍率がそれなりにあるという状況になっています。岡山県庁の公務員試験は人物重視というほどではないものの、面接の倍率がそこそこあるので、二次試験が重要と言えそうです。面接重視の場合にはもっと倍率が高かったりしますからね。岡山県庁の公務員試験は筆記試験の倍率もそこそこということで、バランスがとれた採用試験になっていると思います。岡山県庁は地方上級のレベルにあるため、筆記試験の問題は難しいはずです。決して簡単ではないと思います。これは過去問を解いてもらうのが良いと思いますけど、ボーダーラインがどのくらいになるかでしょうね。

岡山県の公務員試験の筆記のボーダーラインは何点くらいでしょうか?5割は必要だと思うんですけど、6割なくても受かりそうな倍率だと思います。非常にアバウトですが、岡山県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは何点くらいか?というと、55%前後かな?とは思います。完全に予想できることはないですが、地方上級の問題のレベルは高いので、ボーダーラインはそこまで高くはならないと思います。

岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては倍率を考慮すると、恐らく高くはないと思います。一般的な筆記試験の倍率よりも低いので、岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては6割も必要ない可能性が高いと思います。岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインについては5割台でも受かる可能性が十分にあるでしょう。55%程度がボーダーラインになる可能性があります。6割を超えていれば、受かる可能性がかなりあると言えます。岡山県庁の公務員試験の難易度では筆記対策の部分がかなり大きいですけど、筆記試験を超えないと始まらないので、岡山県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては考えておきましょう。岡山県庁の公務員試験の筆記対策も重要ですけど、やはり面接対策も重要です。岡山県庁の公務員試験の配点は筆記よりも面接の方が高い可能性がありますし、志望動機や自己PRなどを考えておかないといけません。それ以外でも岡山県庁の公務員試験の面接では聞かれる質問が多くあると思うので、何を聞かれるのか?想定して、それぞれの質問に回答を考えていきましょう。岡山県庁の公務員試験の面接対策で聞かれる質問の中でも特に重要なのが志望動機になります。志望動機の考え方についても紹介していきます。

岡山県庁の面接試験での志望動機の考え方は?

新エネルギー・温暖化対策室は、省エネなどの温暖化対策や新エネルギーの普及促進、環境学習などの業務を所管している部署です。

そこで私は現在、調査対応や予算編成など室内の庶務業務に加え、県内で地球温暖化防止活動に取り組む推進員の活動や子どもの環境学習活動の支援事業などを担当しています。

事業は外部の方と仕事を一緒にすることもあり、様々な方との交流を楽しみながら仕事をしています。

夏休みには、県内の大学生を対象とした地球温暖化防止の集中講義を行いました。

当室では前例のない事業であり、私自身も、講師陣や大学側との打ち合わせといった準備から、当日の進行、取材対応など初めて経験することばかりでした。

しかし、関係者の方々や先輩職員に助けていただき、無事終えることができました。

反省も多々ありましたが、達成感もひとしおで、とても印象に残っています。

県庁の仕事は、県民の皆さんの生活に直接影響するものであり、時代のニーズに合わせ変化が求められています。

また、業務も多様で、様々な業界の方と出会う機会があるのも魅力であり、仕事から、人から、日々多くの刺激を受けられます。

採用前、机に向かっての事務仕事ばかりを想像していました。

私は現在、教育委員会内のネットワークや情報セキュリティに関する業務を担当しています。

学校現場等で教職員が便利に、かつ安全にネットワークを活用できる環境づくりを目的とした業務です。

一日中机に向かってパソコンを操作しているイメージがあるかもしれませんが、実際は学校を訪問したり、電話で相談を受けたりしています。

多くの場面でコミュニケーションが大切であることに気づかされ、現場の様々な声に耳を傾けながら、日々の仕事に取り組んでいます。

公務員はどんな配属先であれ、人とのコミュニケーションは欠かせません。

私も相手の立場に立って共に考える姿勢を大切にして仕事に取り組んでいきたいと考えています。

人との関わり合いを通じて自分自身を高め、よりよい岡山県をつくりたいと思っている方々、ぜひ岡山県で一緒に働きましょう!

私は、現在入庁4年目となり、現在の職場が3カ所目です。

今の職場では、自然保護に関わる業務をしていますが、1カ所目は循環型社会推進課で廃棄物に関わる業務をし、2カ所目は真庭地域管理課で河川管理に関わる業務をしました。  

異動の度に、多種多様な業務に携わり新たな経験が出来ることが、県職員の大きな魅力だと思います。

また、県の職員になって一番良かったことは、どこの職場でも雰囲気がよく、業務で分からないことがあれば、経験・知識ともに豊富な先輩方が親身に相談に乗ってくれることです。

さらに、休日は同期の友人と観光地巡りや海釣りをするなど、プライベートでも充実した生活を送っています。(最近は、先輩職員から渓流釣りを教えてもらっています。)

私のメッセージが入庁を考えているみなさんの参考になれれば幸いです。

みなさんと一緒に釣りをする・・・ではなく働けることを楽しみにしています!

今の部署は配属2年目になります。

私がいる部署は、岡山県が誇る高品質な白桃やブドウをPRして、ブランド化を目指す業務を担っています。

具体的には、東京の百貨店や果物専門店と連携し、試食会などのイベントを通じて多くの方々に品質の高さを知ってもらえるようPRしています。

また、輸出拡大にも取り組んでおり、アジアの百貨店でもPRに取り組んでいます。

試食された方々からは「こんなに美味しい果物は食べたことがない!!」と驚かれるばかりです。

PRイベントはどうしてもお客様が多い週末となるため、休日出勤や長期出張も多いですが、「岡山の白桃とブドウは、世界に誇れる最高の品質なんだ!」ということを日々実感できる今の仕事にとてもやりがいを感じています。

岡山県職員になって是非一緒に岡山の果物を多くの方々にPRしましょう!!

岡山県庁の公務員試験の面接での志望動機の考え方はどうしたら良いのでしょうか?岡山県庁の公務員試験の面接で聞かれる質問は多くある中で、志望動機というのはかなり重要です。岡山県庁の面接で聞かれることを対策するときには、まずは志望動機が重要です。岡山県庁の公務員試験の面接での志望動機を考えるときには、実際に岡山県で働いている人の声というのを参考にすると良いかもしれません。岡山県庁の公務員として働いてどんな仕事をしているのか?魅力ややりがいは何か?変わった仕事や特徴的な仕事はあるのか?などを知ると、それが岡山県庁の公務員試験の面接での志望動機のヒントになるかもしれませんから。岡山県庁の公務員試験の面接で聞かれる質問において、志望動機について対策するときにはこういった部分も参考にすると良いと思います。ただ、岡山県庁の公務員試験の面接での志望動機を考えるときには仕事を前面に出すのではなく、結局自分がその仕事をやることの意味というか、自分がその仕事をやることでメリットがあるということを話していくと良いでしょう。自己PRを通じて自分をアピールしていくと思いますが、そのときには志望動機で話す仕事に関連のあるもの、岡山県での仕事をするうえで必要になる力についての自己PRをすると、つながりが生まれます。自分が特定の仕事をするにあたって使える能力などをアピールして、そんな自分が岡山県庁で特定の仕事をすれば貢献ができるはずだから、岡山県庁を志望するという流れにすると良いと思います。岡山県庁の公務員試験の面接での志望動機の考え方に関してはそういった流れにすると良いと思うのです。

1