1. まとめトップ
  2. 雑学

『これは持論だけど…』でツイートされたみんなの意見が色々と面白い!

思った事や持論を気軽に呟けるのがTwitterの特徴の一つ。玉石混交の側面もあるが、様々な興味深い意見・考え方を知ることも出来る。数あるツイートの中から「これは持論なんだけど」「私の持論だが」といったフレーズで呟かれた面白いツイートをいくつかまとめてみました。

更新日: 2018年04月13日

7 お気に入り 6243 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ツイッターユーザーたちによる考え方・意見などのまとめです。

futoshi111さん

◆「人間関係」「人付き合い」などに関して

親密な関係と親密でない関係

これは持論なんだけど、親密な人間関係において「見返りを求める」のはほとんど常によくないことだと思う。見返りを求めると思い通りに他者が動いてくれないときに怒っちゃうし、打算的なものを変に持ち込んじゃってると思う。ただ、それでも無意識に他人に期待しちゃうことはやっぱりあるのだけど。

一方で、親密じゃない人間関係とか打算的な人間関係も割と大事だと思う。「無意識に期待しちゃう」みたいな事態が起こりにくいし、思い通りに他者が動いてくれなくても、ただただ「期待した俺がバカだった」と思うことができる。自分の責任でリスクを取れるという楽さがある。

他者に対する振舞い

これは持論だが、他者に対する振舞いというのは愛情の貯金的なところがあり、富める方は複利で悠々自適に他者とシェア出来る一方、乏しい方は素寒貧故にナニをしても身を切るような想いをしてしまう 結果、乏しき方はソノ辛さと飢餓から即物的でない愛の信用取引が出来ず、更に貧窮する羽目に陥りがち

@557dg4 自分を愛する程度にしか他人は愛せない。衣食足りて礼節を知る。 何かが足りてない人は、足りていない行動をする……のかもしれないです。

二十年来の友人

泊まりに来た友人は、二十年来の付き合いで僕が胸を張って友人と言える数少ない中の一人です。 つくづく人の縁とは不思議なもので、別に作為があった訳ではないのにそれぞれ地元から離れても何故か大阪で再会し、彼が仕事で三重に行ってからも遊びに来てくれます。

これは、僕の経験から来る持論で、人付き合いのベースになっている考え方ですけど、縁がある人ってのは何と言うか、恐ろしい程に切れないんですよね。今の時代は尚更、連絡を取ろうと思えば何処に居ても連絡を取れる訳ですし、切れてしまった人はお互いに相手を必要としていなかっただけなのです。

結局、オカルト的な意味ではなくて、縁と言うのは互いの意志によって作り出されるものだから、どちらか、或いはお互いが繫がっていようと思えば繫がっていられるし、そうでなければ成立しない。 だから、僕は「来る者拒まず去る者追わず」縁があれば、自然と長い付き合いになります(*´ω`*)

敵を創り出すことに躊躇ない人

敵を創り出すことに躊躇ない人は長続きしないという持論を持ってる。どこかで足引っ張られちゃうんだよね。

期待をしすぎない

人に期待をしすぎない事。 そうする事でストレスも減る。 でも自分は、期待以上のパフォーマンスをする。 会話や、仕事や、人間関係全てにおいて。 そうする事で自分の価値が上がる。 私の持論ね!♡

◆「仕事」に関して

誰とする仕事か

新社会人かぁ 仕事って『何をする』より結局『誰とする』て言うのが大きかったりする。 やっぱり人間関係が大きい。 俺の持論ですけどね。

仕事しない同僚にイライラしてない?

職場で仕事しない同僚にイライラしてない? それ多分相手に期待してるからだyo あれをしてくれるやろう もうしてくれてるやろうと思うから、 してなかった時にイラつくんよ まず自分のやる事だけしっかりやって、 後の時間はのんびり過… twitter.com/i/web/status/9…

後の時間はのんびり過ごして
気が向いたら手伝えばいいyo‍‍
持論です⭐️

仕事をバリバリこなせる人

仕事をバリバリこなせる人は、その才能や意欲以前にまず、群を抜いた体力がある、という持論。

1 2 3