1. まとめトップ
0 お気に入り 739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

朴正治さん

『表紙』

能の音楽の場合,演奏の焦点はむしろ休拍の置き方にあって,いかに〈間を数える〉かということが,技術の最高の秘伝とされているという。

囲碁や将棋で、軽率に相手の手に応じた着手。悪手であることが多い。

重ねられた両手は控えめな立ち振る舞いを意味している。

相手となって勝負をすること。 「彼とは一度-してみたいと思っていた」

建御雷に力比べをもちかけ、手づかみの試合で一捻りにされて恐懼して遁走し、国譲りがなった。

見方や立場によっていろいろに解釈できるあいまいな表現などをたとえていう語。

『扉』

元々天狗という語は中国において凶事を知らせる流星を意味するものだった。

羽団扇自体が強力な通力を有すとされる。特に恐れられたのが天狗によっておこる火事

人に容易には教えない学問・芸事などの奥義。

人が聞くこと以外の目的で利用される音を意味し、人間に聞こえるかどうかは問わない。超音波はさまざまな分野で利用されている。

…扇絵ともいう。
日本の扇は,ヒノキ(檜)の薄板を綴じ合わせた檜扇(ひおうぎ)と,
紙を折りたたみ竹の骨をつけた蝙蝠扇(かわほりおうぎ)の
2種が平安時代以来用いられた。

伊勢神宮では20年に一度、社を新しく建て替える式年遷宮と呼ばれる行事が行われ、大量のヒノキ材が必要となる。古くは伊勢国のヒノキを使用していたが、次第に不足し、三河国や美濃国からも調達するようになった。

天戸(あまと)、天岩屋(あまのいわや)、天岩屋戸(あまのいわやと)ともいい、「岩」は「磐」あるいは「石」と書く場合もある。

『はじめに』

ルネサンス Renaissance という語は「再生」(re- 再び + naissance 誕生)を意味するフランス語

はじめに言があった。言は神とともにあり、言は神であった。
『ヨハネによる福音書』

「こと」という言葉は、現在の和琴の元となった弥生時代以来の「こと」から発して、奈良時代以降大陸から多数の弦楽器が渡来したとき、それら弦楽器全般を総称する言葉ともなった。

借字が「かな」と呼ばれるようになったのは、漢字を真名(まな)といったのに対照してのものである。

左向三角が「再生」を示すボタンとして使用されている機器も僅かながら存在する。

『目次』

1 2 3 4