1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

佐野史郎から蒼井そらまで!「初主演」が話題の俳優たち

今週「初主演」が話題となった俳優まとめ。佐野史郎が連ドラ初主演「限界団地」、中国で絶大な人気の蒼井そらがドラマ初主演「逃亡花」、吉本新喜劇の浅香あき恵が映画初主演し光宗薫と共演「ありえなさ過ぎる女」、上白石萌歌が映画初主演「未来のミライ」、芦田愛菜が舞台初主演「世界一受けたい授業」。

更新日: 2018年09月11日

16 お気に入り 48420 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

“冬彦さん”佐野史郎が63歳にして連ドラ初主演

◆『限界団地』(6月2日スタート、フジテレビ系)

かつて『ずっとあなたが好きだった』(1992)で演じた桂田冬彦役で“冬彦さん”旋風を巻き起こした俳優・佐野史郎(63)が6月2日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』(毎週土曜 11:40※全8話)で連ドラ初主演を務める。

同作は老朽化と高齢化が進む団地が舞台。佐野は亡き息子夫婦が残した孫娘、高齢の父親の世話をする62歳の寺内を演じる。廃れた団地を再生しようとする寺内は救世主のような存在だったが、団地と孫娘への異常なまでの愛情から徐々に人びとを恐怖に陥れていく。

脚本は“オトナの土ドラ”で「火の粉」(2016年)、「真昼の悪魔」(2017年)を手掛けた香坂隆史が担当し、今回はシリーズ第3弾のオリジナル作品となる。

冬彦役は木馬に乗ってうなるシーンが名物だったが、制作側によると、今回の役を象徴するものは足踏みミシン。その“怪演”で“寺内現象”となるか。

佐野史郎が”最狂”のおじいちゃんとなって、土曜夜を恐怖に包む thetv.jp/news/detail/14… #佐野史郎 #限界団地 #フジテレビ【速報】 #俳優 >連ドラ初主演 今までなかったのか…

6月2日(土)フジ“オトナの土ドラ”枠(毎週土曜夜11:40-0:35)に、佐野史郎が連ドラ初主演を務める「限界団地」不可解な出来事を次々と引き起こす恐怖の心理サスペンス。これ忘れないように、楽しみ(╹◡╹)

中国でも絶大な人気を誇る蒼井そらがドラマ初主演

◆『逃亡花』(4月12日スタート)

女優でタレントの蒼井そらが9日都内で、主演ドラマ『逃亡花(のがればな)』(BSジャパン/毎週土曜24時)の記者会見に永澤俊矢、大浦龍宇一と共に出席。

ドラマ初主演

同ドラマは、香川まさひと原作、和気一作劇画の同名漫画を実写化。蒼井は、夫を殺害され無実の罪を着せられる若妻・咲子を演じる。

殺人犯として逮捕された咲子が決死の覚悟で逃走し、真犯人を追う復讐(ふくしゅう)サスペンスで、手掛かりは背中に“女の能面の刺青”があること。咲子は自らの体を売って、男の背中を確認していく。

蒼井は中国をはじめアジア圏でカリスマ的な人気を誇っている。森田氏は同ドラマについて「アジアにも売り込んでいきます」と意気込んだ。

森田昇プロデューサーのコメント。蒼井は中国版ツイッターのフォロワー数が1800万人超。

『ごくつま刑事』コンビの劇画を蒼井そら主演で実写化とは、熱い。 / “蒼井そら、テレビドラマ初主演 『逃亡花』BSジャパン深夜枠で4月から | ORICON NEWS” htn.to/c3iWY6

吉本新喜劇の浅香あき恵が61歳にして映画初主演し、光宗薫と共演

◆『ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~』(公開中)

吉本新喜劇の浅香あき恵(61)が8日、大阪市内で初主演映画「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」(北村誠之監督、公開中)の舞台あいさつを行った。

ポップな言葉と写真で綴るブログ「あき恵ちゃんのチョベリグ日記」が、吉本興業のブログランキングでトップクラスのアクセス数を誇る吉本新喜劇の浅香あき恵さん。

浅香は、年下のイケメン3人をたぶらかし、彼らを殺害した容疑で逮捕された“魔性の女”よしえ役で映画初主演。

芸歴42年目でつかんだ笑いなしのシリアスな主演作で、仁科克基(35)ら3人とキスシーン演じた。浅香は「お初のことで、それしか頭になかった。韓国ドラマが好きやから、(その)キスシーンばかり見ていた」と告白。

1 2