1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ここ最近、バーチャルYoutuberがとても熱いブームを迎えている。キズナアイ、輝夜月を筆頭に、世はまさに「バーチャルYoutuber戦国時代」である。既に1000を超えるほどのバーチャルYoutuberが登場しており、まさに乱立状態にあるが、その中でも一際目を惹く存在がいた。それは・・・

バーチャルYoutuber界の「四天王」

バーチャルYouTuberの中でも人気を博している「キズナアイ」「輝夜月(かぐや るな)」「ミライアカリ」「シロ」、そして「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん(ねこます氏)」は、ファンに「バーチャルYouTuber四天王」と呼ばれています。また、キズナアイをトップとして他の4人が四天王と呼ばれている場合や「5人揃って四天王」とする考え方もあり、さまざまな見方があります。

解釈は様々。。

キズナアイ

キズナアイ(Kizuna AI)はActiv8株式会社が開発[6]した日本のバーチャルYouTuber。人工知能(AI)を自称している[7]。YouTubeチャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用しており、両チャンネル合わせた登録者数は2018年4月現在のべ240万人を超え、総視聴回数は1億4000万回を超えている。

チャームポイントは生まれたての双葉をイメージしたというハート型のカチューシャや、ピンクのメッシュが入った髪である。

「世界初のバーチャルYoutuber」として先陣を切って活動してきただけあり、その人気は凄まじくチャンネル登録者数は2017年12月27日現在、同業の登録者数2位であるミライアカリを大きく引き離した110万人規模となっている。サブであるA.I.Gamesチャンネルの登録者数も37万人の規模である

輝夜月

輝夜月とは、動画を配信しているバーチャルYouTuberの一人である。

銀髪に碧眼、黒い着物をアレンジしたようなミニ丈のワンピースに赤い帯とカラータイツがトレードマーク。

美人な見た目からは全く想像がつかない『首絞めハム太郎』などとも揶揄される声と異常なテンションの高さが話題となり、チャンネル開設からわずか2週間で登録者数が10万人を突破[2]した。

その癖のある声から右記の異名の他、『首絞め公』『死にかけのハム太郎』等の愛称で親しまれている。

バーチャルYoutuberとしてはかなり新参であるが、キズナアイに次いでチャンネル登録者数が多い。ニコニコ大百科の急上昇ワードランキングでは二度一位を取ったほか、一日で最も登録されたチャンネルとして記録されたこともある。

「おはよー!こんちわー!こんばんわー!おやすみー!おきてええええええええ!!!」

声真似が得意であり、様々なバーチャルYouTuberの声真似をした動画も投稿されている。

ミライアカリ

ミライアカリとは、下ネタに寛容なスタイルで人気のバーチャル芸人Youtuberである。

金髪のサイドテールに蝶形の青いリボンがチャームポイント。胸元には青いコサージュと黒い紐リボンがつけられている。公式イラストレーターは初音ミクをデザインしたKEI氏である。

動画冒頭でアカリポーズを決めながら「ハロー!ミライアカリだよ(ピロリンッ♪)」と元気に言うのがお決まりの挨拶。

趣味はエゴサーチで自らを「エゴサーの姫」と自称する。

エイレーンがプロデュースするバーチャルYoutuber。初音ミクなどで知られるKEIがキャラクターデザインを手掛けている。記憶喪失(という公式設定)である。
明るい性格でイエスマンな気質のため、体当たり企画を振られることが多く、バーチャル芸人の異名を持つ。
またよくツイッターでエゴサーをしており、エゴサーの姫あるいはエゴサー団団長という愛称がある。

電脳少女シロ

電脳少女シロとは、アイドルを目指しているバーチャル少女である。

アイドルとなっていつか武道館でコンサートすることを夢見てバーチャルYoutuber活動をしている電脳少女。

2017年8月12日に、自己紹介動画の公開と毎日投稿をスタート(現在も継続中)。この日がシロの誕生日とされた。これまでに投稿された動画は200本に迫る。なお、活動開始の6月28日は清楚の日とのこと。

アイドル志望であるため、最初期には踊ってみた動画なども投稿されている。初音ミクの歌を歌ったことがあり、CMソングをしょっちゅう口ずさんでいるため彼女の歌を聴く機会は多いが、本格的な歌ってみた動画はまだない。最近思い出したようにアイドル志望であることをちょこちょこ言及している

Twitter情報ではコンタクトレンズを入れており、家では眼鏡らしい。
癒し系ボイスの持ち主に違わず、言動もゆるい。素でマイペースな性格が伺え、動画内でものっけから困惑させられる様な言動も飛び出るなど、結構ド天然気味。とはいえ時に黒い台詞や残忍な呟きが転び出て視聴者から『クロちゃん』呼ばわりされることも。
食べることが好きで、食べ物の話題にはよく触れる。でもアスパラとグリーンピースとメロンは嫌い。緑が嫌なのか…?
やや潔癖症気味の傾向がある。
下ネタは基本的にスルーする一方で、生々しいまでのヤンデレネタを自ら振っていく、清く重い恋愛観の持ち主である。

引き笑いや悲鳴を出した時に発する高音ボイスがイルカの鳴き声に似ているとの評判で、名前と掛け合わせてシロイルカと比喩される。

1 2 3 4