1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今、中国で「精神的日本人」という日本を慕う若者が増えている

何が起こっているのか…。あれだけ反日デモを繰り返していた中国ですが、逆に日本を慕う「精神的日本人」が激増しているというニュースが入ってきました。

更新日: 2018年04月12日

32 お気に入り 70973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■反日感情が根強く残る中国

中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制

激しい反日デモが起きた山東省青島(さんとうしょう・ちんたお)です。日系の電子部品工場や自動車の販売店などが放火され、大きな被害を受けました

2012年の反日デモです。

■そんな中国に変化が。なんと日本を慕う「精神的日本人」が増えているという

2018年2月26日、環球網は、中国で「精神的日本人(精日)」と呼ばれる人々がひそかに増えていると伝えた。

「精神日本人」とは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考える人々を指す言葉

中国での「精日」は、日本の軍服を着た一部の中国人による歪んだ「日本愛」ではなく、むしろ両国の交流を通じて中国に広がりつつある

■ところで「精神的日本人」ってどういう意味?

日本を礼賛し、日中戦争(中国では「抗日戦争」)時代の日本軍の軍服などを着て楽しむ中国の一部の若者たちのことを指す。

「精神的日本人の中には、日本を崇拝して自らの民族を恨み、中国人であることを恥じる極端な者もいる」

精日には組織化されたものと個人的なものの2種類があるといい、個人的な精日の多くは反抗期が要因だと分析

一部の中国人が旧日本軍の軍服を着用し、日中戦争に関わる史跡で記念撮影をしたのが「精日」という言葉が注目を集めることになったきっかけとなった

中国で普及しているメッセンジャーアプリ「QQ」や中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」、ネット掲示板などにも精神日本人のユーザーグループはいくつもある

一部の過激な中国人の若者は、南京など日中戦争の戦争遺跡の前で旧日本軍の軍服を着て記念撮影、それがネットで批判を呼んだ

■背景には「若者の変化」があるという

彼らは抗日ドラマなんかに目を向けないし、そもそもテレビ自体観ない。スマホで日本のアニメを観て、ゲームに興じている

いったいどのくらいの人が、「新世界の住人」なのでしょうか?こういう層が人口にして約2億人いて、中間層を構成しています。

観光ビザ発給条件が緩和されて以来、多くの中国人観光客は日本の文化と生活スタイルに惹かれ始めている

■このような現状に対して、中国政府は監視を強めている

1 2