1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

就活生であれば一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。「年収が高い企業ってどこ?」東洋経済社が発表しているランキングを元に、ご紹介していきます!

第1位:GCA 2,139万円

年収が高い企業ランキング第1位は「GCA」です!
平均年収はなんと2,139万円。ランキング内で唯一の2,000万円超えの会社です。
GCAは「M&Aアドバイザリー」を行う会社です。特に、グローバルなM&A案件に焦点を当てた活動を行っています。得意とする日本が海外企業をM&Aする「クロスボーダー」案件は今後も増加が見込まれます。
M&Aアドバイザリーを行う会社は、主に成功報酬により年収が高くなっています。
M&Aが成功した場合、何億というお金が動き、その内の何%かが担当者の報酬として支給される仕組みです。

(国内外)大学又は大学院卒業
(国内外)MBA課程修了者 歓迎
原則として、以下の業務に関する実務経験3年以上
・M&Aファイナンシャルアドバイザリー
・エクイティ・ファイナンス/インベストメント
・デット・ファイナンス/インベストメント
・M&A会計・財務/税務デューデリジェンス
・会計監査
・企業税務アドバイス
・経営・戦略コンサルティング
・企業/事業再生実務
・経営企画実務
・(国内外)金融機関における法人営業

GCAの中途採用基準を見て分かるように、採用には非常に高いハードルがあります。
M&Aのプロフェッショナルとして仕事にあたる分、やはり生半可な知識では仕事にならないということでしょうか。

第2位:M&Aキャピタルパートナーズ 1,905万円

第2位は「M&Aキャピタルパートナーズ」です!
M&Aキャピタルパートナーズも、GCAと同様にM&Aのアドバイザリー・仲介を行っている企業です。
GCAとは違い、国内の中小中堅企業を対象に、事業承継に係るM&Aをメインターゲットとして置いています。
この会社の年収が高い理由も、M&A成功による報酬制度があるからですね。

【中途採用】
1. M&A業務未経験者
金融業界での営業経験2年以上であり営業成績が顕著な方
2. M&A業務経験者(部長職または部長候補者)
M&A案件のソーシングおよびエグゼキューション等の実務経験があり、
複数の案件成約に携わった経験をお持ちの方

M&Aキャピタルパートナーズもやはり採用にあたって高いハードルを設けています。
M&A仲介を行う場合、多くはマッチング先を探すことからスタートします。適切な相手に適切な提案をする。高い営業スキルが求められる分野ですね。
金融業界の営業は、中小企業の経営者を対象にした営業が多くパイプを持っていることや、M&Aは長らく銀行等の金融機関主導で進められてきた背景もあり経験として優遇されやすいようです。
もちろん新卒の方に、そのようなスキルは求められませんが、狭き門なことは間違いないですね。

第3位:キーエンス 1,861万円

第3位はキーエンスの1,861万円です!
上位2位異なり「メーカー」でのランクインです。
消費者向けのメーカーではなく、企業向けのセンサーを開発販売する会社です。
メーカーは給料が安いと言われていた時代もありましたが、その通説を壊す稀有な企業です。
キーエンスは会社の利益の何%かを社員に頭割りで還元するシステムを取っています。会社が儲かれば儲かるほど給料が高くなります。
それ以外にも、残業が相当多いため残業代が高くなる、退職金や住宅補助がなく全て給与に含まれている等の要因もありますが、ボーナス要因が最も大きいですね。

2018年4月~2019年3月に四年制大学を卒業、もしくは大学院を修了見込みの方
募集学科は全学部全学科
公平・公正の観点から、キーエンスの役員・社員と三親等以内(子女、兄弟 姉妹、甥姪等)の方はご応募いただけません。

キーエンスの新卒募集要項です。
基本的にどなたでも参加可能です。ただ、激務とはいえ高収入にあこがれを抱く方が多数応募するため、かなり競争の激しい就職活動に毎年なっています。
また、20秒自己PRやカメラ面接等、一風変わった採用試験を行うことも知られており、やはりハードルは高いと言わざるを得ません。

第4位:TBSホールディングス 1,661万円

第4位はTBSホールディングスの1,661万円です!
言わずもがな皆さんご存知のテレビ局ですね。
一般的にテレビ局は給与が高いと言われています。テレビ局では一般的に売上に対して社員数が少ないと言われています。そのため、社員に対して給与還元を多くできる構造になっています。
ただ、社員だけでは会社が回らないため下請けの会社に発注することで会社運営を行っていますが、下請け業者の給与は決して高くはありません。
高収入を狙うのであれば、親元の会社を狙うようにしましょう。

TBSは大卒の方であれば基本的にはだれでも応募することができます。
ただ、社員数が少ないことが示す通り、採用人数もかなり少ない実態です。
毎年かなりの人数が応募することで知られており、採用までのハードルは高いです。
ただ、中途入社でのコースはもっと厳しいと言われているため、テレビ局を狙いたいのであれば新卒でのチャレンジをしてみましょう。

第5位:ストライク 1,616万円

第5位はストライクの1,616万円!
こちらも「GCA」「M&Aキャピタルパートナーズ」と同様にM&Aのアドバイザリー・仲介を行う会社です。
公認会計士や税理士が主要メンバーを務める会社で、独自の情報網に評判があります。
また、インターネットを活用したM&Aマッチングを手掛けており、独自の情報網や提供価値が他社とは違う面だと言えます。
年収が高い理由は、他のM&Aアドバイザリーと同様に成果報酬が高いからですね。

新卒:年俸 350万円+成果報酬
中途:年俸 400万円~800万円(前職考慮いたします)+成果報酬

ストライクの採用情報を見ると、上位2社と異なり募集要項に高いハードルは明記されていません。
ただ、メンバーが公認会計士、税理士が多くを占めること、他M&Aアドバイザリーと比べて遜色ない給与水準であることから、実際の採用ハードルはかなり高いことが推測されます。

1

関連まとめ