1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

5度目の正直!?是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ国際映画祭・コンペ部門へ

是枝裕和監督の最新作『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されることが決定。同部門は5度目となる是枝監督だけに、最高賞のパルム・ドール(グランプリ)に期待がかかる。また、今回は濱口竜介監督『寝ても覚めても』も出品。日本人監督21年ぶりの快挙となるか、注目される。

更新日: 2018年04月20日

2 お気に入り 6976 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆是枝監督の最新作『万引き家族』

[映画ニュース] 是枝裕和監督最新作「万引き家族」特報&ポスター完成 音楽は細野晴臣 eiga.com/l/CzfmY pic.twitter.com/Flf7eK52nY

第41回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか6冠に輝いた『三度目の殺人』の是枝裕和監督の最新作『万引き家族』。

東京の下町を舞台に、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマ。

様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作だ。

◆常連のリリーや初参加の安藤サクラなど豪華キャストが話題に

是枝裕和の新作でリリー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林が“家族”に、6月公開予定(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2639… pic.twitter.com/7XYlXA8EZ8

息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。

さらに、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子ら実力派俳優たちが集結。

キャスティングについてSNS上では、「ちょっと豪華すぎてビビリますね。とても楽しみ。」「「万引き家族」のキャスト、最高過ぎる!」などの声が相次いでおり、本作への期待が高まっている。

◆その『万引き家族』がカンヌ国際映画祭・コンペ部門に出品決定

「第70回カンヌ国際映画祭」(2017)

昨年は河瀬直美監督(写真中央)の『光』がコンペ部門に出品された

5月8日から19日まで開催される第71回カンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクションのラインナップが、4月12日(現地時間)発表になった。コンペティションはオープニングを含めて現状18本。

是枝裕和の監督作「万引き家族」が、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品される。

カンヌ映画祭は、ヴェネツィア国際映画祭やベルリン国際映画祭とともに、世界三大映画祭と称されています。1946年に創設。毎年5月に開催され、世界中から様々なメディアに取り上げられています。

◆是枝監督は過去に実績があり、最高賞が期待される

「第68回カンヌ国際映画祭」(2015)

是枝監督(写真右)の『海街diary』がコンペ部門に出品された

是枝監督作品としては、今回でカンヌ国際映画祭への出品は7回目。またコンペティション部門では、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが4姉妹を演じた『海街diary』から3年ぶり5回目。

また『誰も知らない』では主演を務めた柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、『そして父になる』では審査員賞を受賞し海外からも注目を集める是枝監督作品とあって、今回も賞の行方に大きな注目が集まる。

カンヌとの相性は抜群。第68回の『海街diary』(15)以来となるコンペティション部門への挑戦で、悲願のパルムドールを狙う。

カンヌ国際映画祭の最高賞(グランプリ)は「パルム・ドール」と呼ばれる

◆また、同じくコンペ部門に日本人監督の『寝ても覚めても』も決定

濱口竜介監督が、東出昌大を主演に迎えた恋愛映画『寝ても覚めても』が、現地時間5月8日より開催される第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定した。

同作は芥川賞作家・柴崎友香の同名小説を原作に、同じ顔を持つ2人の男の間で揺れ動く女性を描き出す。

◆濱口監督も前作『ハッピーアワー』が国際的に評価されてきた

『ハッピーアワー』(2015)

監督:濱口竜介
脚本:濱口竜介、野原位、高橋知由
出演:田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら

1 2