1. まとめトップ

【宝塚歌劇団】星組 2番手スター 礼真琴の魅力

宝塚歌劇団100期生 星組 礼真琴

更新日: 2018年05月21日

0 お気に入り 16495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

宝塚 星組 礼真琴さんについてまとめました

chiiibigさん

礼真琴

芸名 礼真琴
出身地 東京都
誕生日 12月2日
血液型 O型
身長 170cm
愛称 「まこっつぁん」「こと」
95期生 首席入団

音楽学校入学前に、子役として映画や舞台に出演したことがある。

父親は元サッカー日本代表の浅野哲也。

友人に誘われ、小学校高学年の頃からバレエ教室に通い始める。

初めて観た宝塚の公演は星組公演「龍星(りゅうせい)」。柚希礼音の舞台姿を観て、一緒に舞台に立ちたいと思い、宝塚を目指すようになった。

芸名は、尊敬する柚希礼音から「礼」の字をもらった。

主な舞台

初舞台公演
2009年 宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)
星組配属後
2010年
『ロミオとジュリエット』
2011年『メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-』
『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』

~2013年2月
『宝塚ジャポニズム~序破急~/怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝-花盗人(はなぬすびと)/Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』(中日劇場・台北国家戯劇院)
『ロミオとジュリエット』*新人公演初主演
2014年『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯(はて)に-』 *新人公演主演
『かもめ』(バウホール)*バウ初主演
『風と共に去りぬ』(全国ツアー)*全ツ初ヒロイン

2015年『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』
『ガイズ&ドールズ』
2016年『鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-』(バウホール) *バウ主演 
『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-/ロマンス!!(Romance)』  
2017年
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
『阿弖流為-ATERUI-』(シアタードラマシティ・日本青年館) *東上初主演
『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』

2018年 礼真琴ディナーショー『MOMENT』(宝塚ホテル・第一ホテル東京) *初ディナーショー
『ANOTHER WORLD/Killer Rouge(キラー ルージュ)』予定
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge 星秀☆煌紅』(梅田芸術劇場・日本青年館・台北国家戯劇院・高雄市文化中心)予定

受賞歴

2013年、「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
2014年、「宝塚歌劇団年度賞」2013年度新人賞
2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度努力賞

新人時代から歌、ダンス、芝居の3拍子が高いレベルでそろっていた。各組にトップ候補がいる“花の95期”首席。黄金世代をけん引してきた1人だ。新人公演を卒業して2年。「その時々を必死に生きてきたら、今。他組を観劇するたびに同期がレベルアップしている。いい刺激」と言う。

安定感のある歌、芝居に定着があり、新人の時から抜擢する。紅ゆずるが星組 トップスターになられた時に2番手になった。スターとして多く活躍している。

礼真琴の魅力

舞台ではその魅力がさらに増し、スカピンのショーブラン役の響き渡る低音ボイスは魅惑的ですし、スカーレットやアデレイドといった女役との歌唱も完璧!単に歌が上手いだけでなく、緩急や強弱で心情を伝えることができる礼真琴さんは、七色の歌声の持ち主です。

ダンスの技術も早くから注目され、2010年の「ロミオとジュリエット」日本初演では、宝塚オリジナルの役”愛”に抜擢されました。これは踊りだけで表現する難役。それを1から作り上げる大役を研究科2年で担っていることからも、その表現力が早くから注目されていたことがわかります。もちろん、男役としてのダンスも公演ごとに色気を増していますから、今後さらに”ダンサー”としての役割も大きくなることでしょう。

個人的おすすめ舞台

ロミオとジュリエット、めぐり会いは再び、快盗楚留香(女役)、かもめ(主演)、ガイズ&ドールズ(女役)、鈴蘭(ル・ミュゲ)、桜華に舞え、スカーレットピンパーネル、阿弖流為(主演)

1 2 3 4