1. まとめトップ

さいたま市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらい?

さいたま市の公務員試験の難易度や倍率はどれくらいか?面接対策の志望動機の考え方は?筆記試験のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月13日

1 お気に入り 7823 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

さいたま市の公務員試験の難易度は?

さいたま市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価のうちで事務系3上、技術系3という程度でしょうか。

さいたま市の採用試験も、1次試験と2次試験があり、1次試験は教養と専門の筆記試験があります。教養試験は国語、社会、英語など知識試験と数的処理や判断推理などの知能試験があります。

専門は専門職種により異なりますが、行政職では法律、経済、政治、国際分野から幅広く出題されます。

筆記試験は7割程度点数が行けば、だれでも合格できるので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

さいたま市は地方自治体にしては珍しく1次試験重視です。

1次試験、筆記試験の得意な人にはいいかもしれません。

さいたま市周辺の出身、東京とかの人も受験してもいいかもしれません。

東京都より地位は下がりますが、倍率は低い、定員は多いですので、狙い目の自治体であるといえます。

また埼玉県のみならず、さいたま市もなかなかオススメの自治体です。結構採用人数が多いです。

2次試験で個人面接、集団討論、身体検査、論文試験、適性検査などがあるようです。

2次試験合格イコール採用ではなく、総合成績の上位者から順に採用されていきます。

条件をするのであれば、1次の筆記試験でまず落ちないようにしましょう。

さいたま市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?さいたま市の公務員試験の難易度に関してはそれなりに高いです。首都圏の県庁所在地であるので、さいたま市の公務員試験の筆記試験の対策が特に大変になるでしょう。さいたま市の公務員試験では地方上級の日程になると思いますが、さいたま市の公務員試験では筆記のレベルがある程度高いと思います。さいたま市の公務員試験の配点は分かりませんが、筆記対策がまず重要なので、そこは覚えておきましょう。さいたま市の公務員試験の配点は面接の方が高い可能性がありますから、人物重視の自治体と言える可能性もあるのですが、倍率にもよるので、後述していきます。さいたま市の公務員試験の難易度については筆記試験のレベル、筆記と面接の配点、倍率といった要素で決まると思いますけど、筆記試験のレベルは高いでしょう。配点に関してはさいたま市の公務員試験では面接の方が高い可能性がありますけど、さいたま市の公務員試験の難易度はそういったところで決まるので、さいたま市の公務員試験に受かるには一次試験と二次試験の対策がともに重要ということになります。さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインなども気になりますが、さいたま市の公務員試験の難易度は高いというのは知っておいてほしいと思います。

さいたま市の公務員試験の倍率はどれくらい?

さいたま市の公務員試験の難易度に関して重要なのはやはり倍率です。さいたま市の公務員試験の倍率に関してはどうなっているのか?というと、そこまで高いはないのです。大卒程度の行政職のさいたま市の公務員試験の倍率に関しては6倍前後なのかな?という感じです。年度によってちょっとは倍率は変わると思いますけど、さいたま市の公務員試験の倍率に関してはこういった感じになっています。さいたま市の公務員試験の全体の倍率は高くはないのですが、筆記試験の倍率も低いみたいです。さいたま市の公務員試験の筆記の倍率は2倍強くらいなので、あまり高くないです。さいたま市の公務員試験の難易度はこういった部分も重要なのですが、さいたま市の公務員試験の筆記の倍率は低いので、さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインにもこういったところがかかわってきます。さいたま市の公務員試験の面接の倍率はどうなっているのか?というと、二次試験以降の倍率に関しては逆に高いです。2.5倍くらいあるので、面接試験の倍率にしてはちょっと高い気がします。ただ、さいたま市の公務員試験の筆記と面接の倍率に関しては毎年少しは変わる可能性があるので、そういったところは知っておきましょう。さいたま市の公務員試験の難易度に関して調べるときには参考にしてほしいと思います。

さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインは?

倍率が低い分ボーダーは低くなりそうです。その年の問題の難易度にもよりますけど、筆記試験の倍率が2,3倍ならば、地方上級の問題の例年のレベルを考えると、55%くらいで通るかもしれません。半分を切るときついと思いますけど、50%以上あれば可能性が出てきそうですね。そして、55%を越えれば可能性がそれなりに高まり、60%を越えれば、まず受かるのではないでしょうか?最低55%はとってほしいと思います。地方上級は問題が難しいですけどね。でも、5割ちょっとで良いのであれば、期待は持てるのではないでしょうか?

地方上級は一次試験に論文がないケースが多いので、教養試験と専門試験のみで決まってしまいます。だから、論文で挽回はできません。そうなると、とにかく試験問題のレベルが高い地方上級では、かなり勉強をしないといけないでしょう。個人的には国家一般職や国税専門官レベルまではいかない気がしますが、それでも難しいので。一次試験は2,3人に1人は受かるわけですから、ちゃんと勉強をすれば十分一次試験を通過できるのではないでしょうか?そういうわけで、まずは筆記試験の勉強を頑張ってください。そして、以下のような地方上級の過去問をちゃんとやっておいてください!忘れないうちに。

さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどれくらいでしょうか?さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては問題のレベルと倍率が重要です。さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては、倍率が高くないのでそこまで高いという感じではないです。さいたま市の公務員試験の筆記の倍率は2倍強くらいなので、それを踏まえるとボーダーラインは6割を下回ってもおかしくない気がします。さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては6割をとれればまず受かりそうな気がしますが、合格ラインということで言うならば5割中盤あたりになるのかもしれないです。地方上級の問題のレベルも年度によって変わる部分があるので、それによってもボーダーラインは変動しますが、さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては5割台中盤あたりになる気がします。倍率が上がればボーダーラインも上がるので、確実なことは言えませんけど、さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関してはそういった状況だと思うのです。さいたま市の公務員試験の筆記対策はそれなりに必要ですけど、さいたま市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで高い感じはしないということです。さいたま市の公務員試験の筆記のレベルは高いので、筆記対策はかなり必要と言えますが、とらないといけない点数はそこまで高くない可能性があるということになります。

さいたま市の公務員試験の二次試験の対策は?

今回は、
『さいたま市の2次試験』について、
アドバイスしておきます。

さいたま市の2次試験は、
3回に分けて実施され、
中々『盛りだくさん』の内容です。

その内容は、

① 論文+適性・性格検査(100点)

② 集団面接(100点)

③ 個人面接(300点)

となっています。

なお、
②集団面接ですが、
面接の前に、

簡単な『集団討論』のようなものを実施します。

H28年度のテーマは、
『歩きスマホ対策』

『外国の友人に、さいたま市をどうPRする?』

など、チームによりバラバラです。

また、
この集団面接では、
『Aさんの意見について、Bさんどう思いますか?』

などの、
『他の受験生への評価』も聞かれたりします。

数秒間という一瞬で、
『自分の回答をまとめる』だけでなく、
『他者の意見もしっかり聞く』という、
並行処理が必要となり、
要注意です。

そして、
何といっても最重要なのは、
③個人面接ですが、

さいたま市の面接は、
例年、

いわゆる『深堀り』が少なく、

『端的に』話して、
『深堀り』してもらい、
『会話のキャッチボールを楽しもう』という
一般的な戦略は通用しないケースが多いです。

さいたま市の公務員試験の二次試験では個人面接と集団討論がメインになるようです。さいたま市の公務員試験では個人面接は予想できますが、集団討論に関しては知らない人もいるかもしれません。お題に沿った討論をしていくものですが、各自が意見を言いながら、司会がそれを上手くまとめていくという流れになります。要するに疑似会議みたいなものになります。それを公務員試験の選考でやるのです。テーマは毎年変わります。事前に知らされる場合と知らされない場合があるので、そこも難易度にかかわってきます。さいたま市の公務員試験においてはそういった面が重要になるので、受験生は知っておきましょう。個人面接の対策は良いとしても、集団討論は対策が難しいです。協力者が何人もいないとできませんから。予備校などに通わないといけないという場合もあるので、さいたま市の公務員試験に受かるには集団討論の対策をどうするか?という面も重要になります。二次試験の選考に関しては内容が変わることもあるので、最新の受験案内を見ておいてほしいと思います。筆記試験に関しても、さいたま市の公務員試験では教養と専門が両方出るのか?出題科目の範囲は?などに関して調べておけると良いと思います。さいたま市の公務員試験の難易度は本当に高いですから。教頭と専門も難しいです。さいたま市の面接対策では聞かれる質問などへの対応も重要なので、志望動機や自己PRなどの聞かれる質問に対していかに優れた回答を用意できるか?が重要になります。

さいたま市の公務員試験の志望動機の考え方は?

・自己紹介を含めた上で、自己PRをお願いします。 ・昔から公務員を目指していたのか? ・公務員のイメージについて・さいたま市の課題は何か? ・やりたい仕事に子育て支援とあるが、現状厳しいのは知っているか? ・プライベートでどう子どもを育てたいか? ・短所は? ・住民の方々は保育所に預ける人が多いと思うが、そこの認識の違いをどう生めるか?(プライベートでは家で子どもを育ててほしいと答えた) ・信頼関係はどういうときに築かれると思うか? ・苦手なことは? ・行政の厳しい面はなんだと思うか? ・併願先の中でさいたま市役所の順位は? ・特に地方行政において厳しい面は何か?  ・公務員に必要な資質は何だと思うか? ・政令市にどういうイメージをもっているか? ・さいたま市の人口は増えていると思うか? ・今後も人口を増やす対策をしていくべきか? ・地元ではなくさいたま市を志望する理由について

さいたま市の公務員試験の志望動機の考え方に関しては非常に難しいです。さいたま市の公務員試験の面接対策で聞かれることを引用してみたので、それも参考にしてほしいですが、さいたま市の公務員試験の面接で聞かれることの中で特に重要なのが志望動機です。さいたま市の公務員試験の志望動機の考え方については、1番良いと思うのは結局自分のやりたいこととさいたま市のやるべきこと(課題となっていること)が一致しているケースで、さらに自分がそれに取り組む際に有利になる能力やスキルを身に付けているということです。これがさいたま市の公務員試験の志望動機の考え方としては1番しっくりくるものだと思います。さいたま市としてはやらないといけないことに取り組むために人を採用するわけで、そこに対して情熱を持って取り組みたいという人は欲しいと思える可能性があるわけですが、やりたいと思っている気持ちだけでは足りません。それをやらせるための能力や適性が必要なので、それを自分は持っていますよ?というアピールを自己PRを通じてやります。自己PRにおてさいたま市が取り組むべき課題に関して必要な能力やスキルを持っているので、自分がさいたま市の公務員になってその課題に取り組めば貢献ができるわけですから、貢献ができる人がさいたま市を志望するというのは全く自然な流れになります。したがって、さいたま市の公務員試験の志望動機の考え方はこういった部分を参考にしてもらえると良いかもしれません。さいたま市の公務員試験の面接聞かれることは数多くあるので、志望動機や自己PR以外の質問にも対応できるように、一覧に載っているモノを含めて対策をしていってほしいのです。

1