1. まとめトップ

徳川家康の外交顧問「三浦按針」を大河ドラマに……という運動が始まる

初めて来日したイギリス人といわれているウイリアム・アダムス(三浦按針)を大河ドラマの題材にしようという運動が関係自治体にて始まっています。1600年、オランダ船リーフデ号に乗り日本に来航してきた三浦按針は、徳川家康に重用され外交において活躍しました。

更新日: 2018年04月16日

0 お気に入り 3211 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nin1さん

ウイリアム・アダムス(三浦按針)について

オランダの東洋探検船団の一隻リーフデ号に乗り込んだウイリアム・アダムスは、1600年4月19日、豊後水道の臼杵に漂着

家康の外交顧問となり、ヨーロッパの地理学、数学を教え、天文学、造船、砲術などを指導

家康の命で大型船の建造を指導し、250石取りの旗本に取り立てられました

与えられた知行地と水先案内の職務により、「三浦按針」と称された

三浦按針を大河ドラマに……

【お知らせ】三浦按針ゆかりの4市(臼杵市・伊東市・横須賀市・平戸市)で構成するANJINプロジェクト連絡協議会では、按針と家康を題材としたNHK大河ドラマ制作を要望する署名活動を開始しました。詳細はHPをご覧ください。オンライン署… twitter.com/i/web/status/9…

横須賀中央駅前のYデッキで三浦按針を大河ドラマにする署名活動を横須賀市長とかがしてたよヽ(´ー`)ノ pic.twitter.com/HkipKF2kp6

三浦按針とリーフデ号に関する書籍

学陽書房 (1999/12)

時は、関ケ原前夜。苦難の航海の末に豊後に漂着したリーフデ号の航海士ウイリアム・アダムス(三浦按針)は、次の天下を窺う徳川康家との出会いによって自らの運命を、そして日本の歴史をも切り開いていった…。

キリスト教対仏教、カソリック対プロテスタント、オランダ対イギリス、豊臣対徳川…激動の時代の様々な対立の中でアダムスはどのように身を処していったのか。

(「BOOK」データベースより)

文藝春秋 (2005/04)

オランダの東洋探検船団の一隻リーフデ号に乗り込んだウイリアム・アダムスは、1600年4月19日、豊後水道の臼杵に漂着した。足掛け3年の過酷な航海の果て、同船の乗組員110人は24人の生存者を数えるのみであった。航海長アダムスは天下統一をめざす家康に目をかけられ、艦載の大砲を関ヶ原へと運ぶ。海洋歴史小説の金字塔。

(「BOOK」データベースより)

原書房 (2005/10/1)

大航海時代への日本の窓口として、家康の旗本になったイギリス人航海士・三浦按針。東方の未知の文明国で、交易の覇権を争い宗教対立に暗躍する西欧・南蛮の冒険商人や商館員たちの様々に個性豊な人間像…やがて時代は鎖国へと。

(「BOOK」データベースより)

出版社: 出帆新社 (2006/2/23)

漂流の末に日本にたどり着き、徳川家康の外交顧問となって江戸時代の礎を築いたイギリス人、ウィリアム・アダムズ(三浦按針)の数奇なる生涯を追う決定版伝記。

(「BOOK」データベースより)

出版社: かまくら春秋社 (2007/11/10)

家康に仕えた日本でただ一人の “青い目のサムライ"が横須賀・逸見にいた! 江戸時代初期、徳川家康に外交顧問として重用され、活躍したイギリス人航海士・三浦按針ことウィリアム・アダムスの波乱万丈の人生をたどる。

のちに旗本に準じた待遇を得たアダムスの菩提寺・浄土寺(横須賀市)の住職が、彼にまつわる寺宝やゆかりの地、軌跡を紹介する。巻頭グラビアには、念持佛の観音像など三浦按針にまつわる寺宝をはじめ貴重な資料も収載。

(「Amazon」内容紹介より)

学文社 (2014/5/16)

――1600年、日本に「漂着した」オランダ船リーフデ号、実は日本を目指してやって来たのだった。

リーフデ号はなぜ日本にやって来たのか。生き残った船員たちはその後どうなったのか。知られざるエピソードがここに明らかになる。

(「Amazon」内容紹介より)

関連リンク

1