按針と家康

按針と家康

出版社: 出帆新社 (2006/2/23)

漂流の末に日本にたどり着き、徳川家康の外交顧問となって江戸時代の礎を築いたイギリス人、ウィリアム・アダムズ(三浦按針)の数奇なる生涯を追う決定版伝記。

(「BOOK」データベースより)

この情報が含まれているまとめはこちら

徳川家康の外交顧問「三浦按針」を大河ドラマに……という運動が始まる

初めて来日したイギリス人といわれているウイリアム・アダムス(三浦按針)を大河ドラマの題材にしようという運動が関係自治体にて始まっています。1600年、オランダ船リーフデ号に乗り日本に来航してきた三浦按針は、徳川家康に重用され外交において活躍しました。

このまとめを見る