1. まとめトップ
0 お気に入り 6648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

ICOとは?

別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。

投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。

IPOとは何が違うのか

資金調達手段としては、IPO(Initial Public Offering/新規株式公開)のほうが有名でしょう。IPOは証券市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。このためには証券会社の協力が必要であり、自社だけですべての資金調達を完結させることはできません。

また、投資家から資金調達を得るためには、事業計画書や直近決算の開示する必要があります。しかし、ICOではこうした作業を行う必要が少ないため、資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることができます。

企業側のICOのメリット・デメリット

ICOは「ホワイトペーパー」と呼ばれる事業計画書を元にこんな事業をするから、仮想通貨を発行すれば資金を集めることが可能になります

メリット

資金調達を行う手続きが手軽です。

事業者側は、インターネットを通じて世界中の人から資金調達を行うことができるということです。通常、新しいプロジェクトを始めるために資金を調達しようとすると、銀行へ融資の依頼をするしかありません。

銀行は、それまでの実績やプロジェクトの可能性を判断して融資を行うわけですが、そのプロジェクトが頓挫したりしないか、融資した資金を回収できるのか、きちんと判断しなければいけないので、なかなか融資が下りなかったりします。

デメリット

大変な一面も。。

寄付型トークンであれば、社会性や公益性のある内容でなければ投資家が購入してくれるに至りませんし、通貨型(不特定流通型で)あれば登録仮想通貨交換所での取り扱いが認められるためのハードルがクリアできなかったり、他社トークンよりもサービス自体の魅力を打ち出すことができなければ資金が集まりません。

投資家側のICOのメリット・デメリット

投資は自己責任でお願いします。

メリット

トークンで資金調達を行った企業が開発し提供するサービスが受けられたり、商品や特典などが受けられるといった楽しみもあります。

株式であれば銘柄によりますが安くても1万円、人気のものになると数十万、数百万といったまとまったお金が購入時に必要になりますが、トークンは100円、1,000円と小額から参加することができます。

また、購入したトークンが登録取引所に上場されれば、価値が上がったタイミングで他の仮想通貨と交換したり、第三者へ売買することができます。

デメリット

事業者が投資資金を持ち逃げした事例もあります。

トークンを発行する企業を監視・指導する機会や手段がないということです。これは、企業側のメリットとして挙げた「自由な資金調達ができる」の裏返しになりますが、株のように支配権がないということです。

投資したプロジェクトが成長しなかったり失敗したり、またはリリースが遅延することもありえます。それから、詐欺的な被害に遭うことも十分注意が必要です。

2017年のICO失敗率

かなり高い水準です。。

1 2