1. まとめトップ

つくば市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらいか?

つくば市の公務員試験の難易度や倍率はどうなっているのか?面接対策の志望動機の考え方や筆記試験のボーダーラインはどうなっているのか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月20日

1 お気に入り 7065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

つくば市の公務員試験の難易度は?

つくば市の大卒程度公務員採用試験の難易度は5段階評価で、やはり事務系も技術系も4という程度でしょうか。

4は4でも相対評価の4ですので、かなり厳しいのではないかと思っています。公務員試験上級は大半の地域で4と考えていただいていいでしょう。

つくば市の採用試験も、1次試験と2次試験と最終試験があり、1次試験は教養試験と専門試験。2次試験は集団討論と適性試験・最終試験で個別面接試験があります。配点は不明です。これは行政職の場合を説明しています。

教養試験は国語、社会、英語など知識試験と数的処理や判断推理などの知能試験があります。

専門は専門職種により異なりますが、行政職では法律、経済、政治、行政、国際分野から幅広く出題されます。

筆記試験は7割程度の点数が取れれば、だれでも合格できるので、ここで落ちるのはもったいないといえます。

2次の面接試験は上の人の好みとかも入るので、筆記試験に比べれば対策は難しいですが、それなりの対策もあります。

働いている先輩とコンタクトをとるなり、都心や横浜の予備校などからも情報を仕入れてみてもいいでしょう。

勉強ガチガチの人よりも、団体生活や人柄、特に先生や友達などの仲間に好かれやすい性格などを持っているといいのではないでしょうか。

試験を3つクリアしなければならないので、かなり大変な試験となっています。どの試験も大事になってきます。

県外以外の人は県レベルならば採用されるようですが、市レベルの試験になるとけっこう厳しいという話も聞いています。

つくば市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?つくば市の公務員試験の難易度に関しては県庁所在地ではないものの、茨城県では代表的な自治体になるので、それなりに難しい可能性があります。つくば市の公務員試験の難易度に関してはまずは筆記試験をクリアしないといけないので、そこが重要でしょう。つくば市の公務員試験の難易度はどうか?というと、大卒程度の事務職に関しては7月に一次試験が行われているようなので、市役所B日程という扱いになるのではないか?と思います。したがって、つくば市の公務員試験の難易度は地方上級のレベルではない可能性が高いと思います。最新の受験案内をきちんと確かめて、それで日程を調べておいてほしいですが。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインも気になりますが、やはりまずは筆記対策をしっかりとやっていきましょう。つくば市の公務員試験の配点も気になります。筆記試験と面接試験の配点がどうなっているのか?というのが重要です。地方公務員は人物重視なので、つくば市の公務員試験でも面接の配点が高いのではないか?と思いますが。つくば市の公務員試験の二次試験の配点が高いとなれば、つくば市の公務員試験は人物重視である可能性があるので、しっかりとつくば市の公務員試験の配点はチェックしておいてほしいと思います。受験案内を細かく見ておいてほしいと思います。

つくば市の公務員試験の倍率はどれくらい?

つくば市の公務員試験の倍率はどうなっているのか?というと、つくば市の公務員試験の受験者数が正確に分からないので、何とも言えない部分はありますが、つくば市の公務員試験の倍率は10~15倍の間くらいでしょうか?したがって、つくば市の公務員試験の倍率はそれなりに高いです。そして、つくば市の公務員試験の筆記の倍率はどうなっているのか?というと、こちらは受験者の数が正確に分からないので、何とも言えない部分はありますが、2~3倍くらいだと思います。つくば市の公務員試験の筆記の倍率は普通って感じだと思います。しかし、つくば市の公務員試験の面接の倍率はどうか?というと、こちらは高いのでしょう。つくば市の公務員試験では二次試験、三次試験とあるようなのですが、こちらの倍率は4~5倍くらいだと思われます。つくば市の公務員試験の受験者がまた正確に分からないのですが、つくば市の公務員試験の面接の倍率は高いです。二次試験の倍率が高いとなれば、つくば市の公務員試験は人物重視と言えそうです。筆記試験の倍率は普通くらいですが、つくば市の公務員試験の面接の倍率は高いので、一次試験よりも二次試験以降に重きを置いているという感じです。したがって、つくば市の公務員試験の面接の配点が高ければ、完全に二次試験重視ということなのでしょう。つくば市の公務員試験の難易度にも関係してくる部分ですから、つくば市の公務員試験の倍率については知っておきましょう。

つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割?

筆記試験の倍率から察するに、一次試験のボーダーラインは高くはないと思います。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは教養のみのようなので、それも考慮しないといけません。大卒程度の事務職の筆記試験は教養のみみたいですが、最新の受験案内は自分でも見ておいてほしいです。過去のものと変更になっている可能性がありますから。教養のみが継続されているとすると、意外と点数とりづらいので、ボーダーラインは低いかもしれません。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは5割以上6割未満って感じでしょうか?倍率が2~3倍くらいで、教養のみとなると6割もいらないのではないでしょうか?

教養試験のみ結構点数とりづらいので、あまり点数伸びない気がするのです。したがって、5割以上あれば可能性はありますし、5割後半いけば十分に一次試験に通過できる可能性があると思います。つくば市の一次試験の倍率からすると、それくらいかな?と思うのです。つくば市の公務員試験の面接の倍率は高いので、二次試験以降の対策は相当必要でしょうけど。つくば市の筆記対策は教養試験を頑張っていきましょう。しかし、二次試験で論文があるようなので、それの対策も必要でしょう。筆記対策も重要ですが、面接対策もやっていかないといけないので、人物重視だと思われるつくば市の公務員試験の難易度は高いです。

つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割くらいでしょうか?つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては、つくば市の筆記試験の倍率もそうですし、教養のみというところを考慮して考えるのが良いと思うのですが、つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?というのはそんなに高い数字になっているとは思えません。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは一般的な公務員試験の筆記試験の合格ラインよりは低いでしょう。5割台の中盤くらいとれれば十分にボーダーラインを越えられそうな気がするので、つくば市の公務員試験の筆記の合格ラインとしてはそれくらいを考えておけばいい気がします。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?というのは予想はちょっと難しい部分もありますけど、筆記試験よりは面接試験の方が倍率が高いですし、つくば市の公務員試験では面接の配点も高いのではないか?と思われるので、面接対策がやはり重要になります。つくば市の公務員試験の筆記対策も重要ですけど、つくば市の公務員試験に受かるには面接対策をいかにやるか?が重要というのは知っておきましょう。つくば市の公務員試験に受かりたい人は面接対策での志望動機の考え方をしっかりと構築しておきましょう。

つくば市の公務員試験の志望動機の考え方は?

「世界の明日が見えるまち ~市民第一の市政~」を目標に,地域に密着した自治体として,子育て,福祉,教育,環境保全,スポーツ・文化振興,都市建設,産業振興など,あらゆる面で,つくばに暮らす人,つくばを訪れる人,つくばに関わる人の安全・安心かつ快適な生活等をサポートするために多様な事業を行っています。
また,研究・教育機関等と連携しつつ,つくば独自の先進的なプロジェクトにも積極的に取り組み,つくばを活性化しています。
  
自治体には,生活の様々な場面で必要となる多種多様な仕事があります。
例えば,各種届出・証明の受付や発行,保険や年金に関する事務,税金の賦課・徴収,区会活動の支援,子育て・教育支援,公共交通活性化の取り組み,産業支援,観光推進,道路・上下水道などの生活基盤整備や管理,まちづくり計画の策定などがあります。
また,市政情報の発信,市議会の運営,選挙の運営・管理など地方自治に関連する仕事も行っています。

つくば市役所は人材の育成にも力を入れています。日常業務に必要な一般的なスキルを向上させる研修プログラムの充実を図っているのはもちろんのこと,自らの学びたい意思を尊重した「行政課題先進事例研究研修」なども進めており自分の未来や将来を考えながら学べる研修も用意しています。また,職員の自学の場である「先駆け!つくば塾」の開催や,人材育成の根幹である職員の意欲向上と学びあう職場の風土づくりを目指して,自己啓発への支援を積極的に行っています。

市役所はあらゆる場面であらゆる仕事があり,決めている人も迷っている人もやりたい仕事がきっと見つけられる職場だと思います。また,同じ組織の中に多種多様な業種があり,いろいろな資格や経験を持つ職員がいますので,幅広い知識と幅広い人間関係を築くにはもってこいの職場でもあります。つくばに関わる人々の幸せをサポートする仕事,国内外につくばらしさを発信する仕事などに前向きにチャレンジできる人を求めています。

つくば市の公務員試験の面接対策においては聞かれることが多くあるのですが、つくば市の公務員試験の面接で聞かれる質問の中ではやはり志望動機が重要です。つくば市の公務員試験の面接での志望動機の考え方はどうしたら良いのでしょうか?つくば市の公務員試験の面接での志望動機の考え方についてはいろいろなものがありますが、やはりつくば市が現状どういった街づくり、自治体運営を考えているのか?を参考にすると良いと思います。つくば市が理想としている街づくりにおいて、自分が取り組むべき政策を明らかにし、それについて自分には相応しい部分がある(具体的にはその政策に携わるにあたって必要な能力などを備えている)ということを述べて、そういった部分があるから、自分はつくば市の公務員になるメリットがあるのだから、つくば市の公務員になりたいと思ったという流れが良いでしょう。つくば市の公務員になりたい理由ではなく、自分がなるべき理由があるから、つくば市の公務員試験を受けたという方が公務員らしいです。願望ではなく、自治体のことを考えたうえでの志望動機ですから。つくば市の公務員試験の面接で聞かれることは多いのですが、やはり志望動機や自己PRは中心です。つくば市の公務員試験の面接での志望動機の考え方としては、自分の持っている能力が自分のやりたい仕事に生かせるから。というのが良いと思います。つくば市の公務員試験の面接での自己PRを志望動機に反映させるといった感じです。つくば市の公務員試験の面接で聞かれる質問としては志望動機や自己PRは重要なので、この2つを組み合わせると良いのではないか?と思いますから、つくば市の公務員試験の面接対策をするときにはこういったことも考えておくと良いでしょう。

1