1. まとめトップ

【トレッキング部】フェールラーベン・クラシックって??【憧れの地】

全世界のトレッカーが夢みるトレッキングの大会・フェールラーベンクラシック。日本だと体験記や情報が少なく本当に大丈夫か不安でしたが、行ってみると本当に素晴らしかったのでもっと広まってほしいと思いまとめてみました!

更新日: 2018年04月25日

1 お気に入り 11875 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

誘われてしぶしぶ行った私がハマってしまったスウェーデンのトレッキングイベントのまとめです。日本ではまだ情報が少ないけど、これをきっかけにもっと知ってほしいな〜。

フェールラーベンって??

最近街でよく見かけるキツネのマークの鞄、「カンケンバッグ」をつくったスウェーデンの会社。なんとスウェーデン王室も御用達の超人気ブランドなんだとか。

そういえば今日は昨日買ったフェールラーベンのトートバッグ持っていそいそと仕事先に行ったのだがこれは本当に(・∀・)イイ!!買い物だった〜ポケットの大きさと位置が私が仕事に持ってくものにマッチしているのでモノが迷子にならない(∩´∀`)∩ワーイ

そんな大人気ブランド主催のトレッキングイベントが毎年8月、スウェーデンで開催しているのです…!

FjallravenClassicのコンセプトは、より多くの人が自然の中に足を踏み入れ、そしてトレッキングを楽しむこと。

フェールラーベンクラシック公式サイトより

非常に大きな規模のトレッキングレースですが、自分たちのペースでのトレッキングや風景を楽しめるよう、ユニークな運営がなされています。

一部の場所以外は、どこでもテントを張って寝泊りができます!

しかもツラくない!荷物は重くない!

スウェーデン北極圏は世界で最も水のきれいな場所のひとつ。飲料水を持ち運ぶ必要はなく、雪解け水をすくって飲むことができます。(飲んでも良い水であることはスウェーデン保健局のお墨付き!)

※写真はイメージです。

FjallravenClassicのコンセプトは、「競争ではない」こと、「他のハイカーと交流をもち、生涯のまたとない好機としてトレッキングを楽しむ」ことです。

実際、セコセコ歩くことはなく皆さん楽しんでいる雰囲気でした。
キツいのを我慢して時間を競って登って…な日本の登山に慣れきった友人はゆったり感にビックリ。

実はこの写真の中には何人か人もうつっています。人がいるのかもわからないくらいの広大な自然を歩くのは、ただのトレッキングを超えた最高の経験。

実際どうやって行けるの?

私の友人はアメリカからの参加だったので、個人で手配してました。海外慣れしてる人や毎年行っている人は1年くらいかけて【開催地キールナまでの航空券・宿泊地・フェールラーベンクラシックの参加チケット】を準備して申し込んでいるそう。

もっと楽に行きたい~!って人向けに添乗員付きツアーも

心配症・ちょっと面倒だし…という人向けにツアーも出てます。
トレッキング中に出会った日本人の方はほとんどがこのツアー利用者でした!
フェールラーベンクラシック自体の参加申し込みも最近は1日で完売してしまうらしく、
今から行きたいって人はエントリー枠を確保しているツアーなら間に合うかも?

大会参加経験のある添乗員が同行。空港での乗り継ぎや、大会エントリー手続きが不安な方も大丈夫!

トレッキング好きな人や自然大好きな人、絶対体験してほしい!

一人・友達・家族などなど全世界から来た参加者がいろんな形態で楽しんでました!
日本とは全く違った大自然、ぜひぜひ体験してみてください~!
旅行記もブログにまとめ次第アップしますね!

1