1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今の時期に多い「引っ越しうつ」の原因と対処法について

引っ越しや移動などが多くなる今の時期は「引っ越しうつ」に悩む人が多くなります。その引っ越しうつの原因と対処法についてご紹介します。

更新日: 2018年04月14日

23 お気に入り 23163 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■新年度は引っ越しが多くなる時期

多くの方がご存知だと思いますが、やはり3月がダントツで多くなります。その次は文句なく4月です。それらの月以外はあまり大差ありません

※引っ越しが多い月になります。

2月中旬から4月上旬の引っ越しは繁忙期となり、通常料金から3倍跳ね上がる業者もある

3月いろいろ忙しくて引っ越しの作業もあったから、ここ最近ゆっくり休むことができなかった...今日でやっと一段落終わったのでしばらくのんびりする...

@Rydenol 引っ越しはやっと一段落したんですけど、これから薬局に日用品買い出しにいって、それから晩飯どうしよ…ですからね笑 現実感がずしっときた感じですね…

バタバタと先月末に引っ越ししてやっと諸々落ち着いてきた。 ペットと子連れの引っ越しホントしんどかった。名古屋せっかく慣れてきたところで仲良いママさんも出来たし寂しかったけどまた1からがんばってこう。お世話になります福岡

引っ越し先の生活徐々に慣れてきたから友達呼べる程度には整頓がんばろ

引っ越ししてからなんだかんだで忙しくって本棚の整理してないんだよな~。とりあえずダン箱から出して詰め込んだだけなのでごっちゃごちゃ状態…あとフィギュアも緩衝材に包んだまま出してない

■そんな引っ越し後に注意したいのが「引っ越しうつ」だ

新生活がスタートする引越し。明るい未来ばかり想像しますが、引越しをきっかけにうつ病にかかる人がいます。

引っ越し後に深まる強い憂うつ感は、「引っ越しうつ」と呼ばれることがあります。

新生活疲労とは、新生活の始まる時期に「突然起きられなくなる」「強い疲労感」「休んでも疲労が消えない」「仕事や家事が手につかない」ことが起こる

■なぜ引っ越しうつが生じるのか?

引っ越し後の期間は、心身ともに緊張と興奮の状態にあるため、ウィークデイもオフの日も通常より何倍も頑張れてしまう

適度に休息をとらずに引っ越しにまつわるさまざまな作業に追われていると確実に疲労は蓄積し、ある日突然、体調を崩してしまう

日常生活と並行して行う引越しの準備には、精神的、肉体的に大きな負担がかかります。

まだ引越ししていなのに引越しうつ、引越しブルーになる方もいます。これらの方は、これから起こるであろう変化に不安を募らせて引越しうつや引越しブルーになることが多い

引っ越し、転職、愛する人との別れ ─── 良いものであれ悪いものであれ、変化はストレスを引き起こします。

うつ病では、何らかの原因で神経の細胞と細胞の間にあるセロトニンとノルアドレナリンの量が減って、情報がうまく伝わらないために、さまざまな症状があらわれる

ストレスは脳を疲弊されます。

うつ病を発症させる大きな誘因のひとつにストレスがあります。ストレスが大きくて強いほど、うつ病を引き起こす危険性が高くなります

几帳面で真面目、何かを始めると徹底してやらないと気がすまない性格の人が多いため、引っ越しでも、ついエネルギーを使い果たしてしまいがち

■なるべく無理せず「疲れたら休む」ことを心がけよう

1 2