1. まとめトップ

名古屋市の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらい?

名古屋市の公務員試験の難易度や倍率はどれくらい?面接対策での志望動機の考え方や筆記のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月15日

0 お気に入り 11216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

名古屋市の公務員試験の難易度は?

かつては、特徴のない「白い街」、東京と大阪の間にある「大いなる田舎」などと揶揄された地方都市名古屋ですが、最近はそういったマイナス評価よりも、もっとポジティブに名古屋をとらえる言葉が多く聞かれるように思います。

愛・地球博の開催に代表されるような「環境」をテーマにした数々の政策の成功。

トヨタ系企業をフラッグシップとした堅調な経済と活況な人材市場。

村上○樹氏をして「魔都」と言わしめた味噌煮込みうどんに代表される独特な食文化。

そして2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)開催決定。

近年めきめきと存在感を増している政令指定都市。

それが現在の名古屋市です。

「名古屋市職員になりたい!」

そう考えた受験生が、受験に当たって最初にすべきことは何でしょうか?

そう、受験する試験種を選ぶことです。

名古屋市の事務職には、行政一般、法律、経済という3つの試験区分があります。

こういった試験区分は、かつての公務員試験では多く見られたものですが、現在似たような形式をとっている自治体は少ないようです。

ここで重要なことは、これらの試験種は、受験の際の出題配分が異なるだけで、採用後は全く同じ事務職として職務に携わることになるということです。

つまり、例えば法律職で採用されたからといって、必ず法務系の職場に配属されるわけではないのです。

これは受験生にとっては「受験にあたっての選択肢が多い」ことを意味します。

法律系科目が得意な人は法律職を。

経済系科目が得意な人は経済職を。

社会人など専門科目を勉強する時間がない人は行政一般職を。

自分に最も合ったかたちでの受験で、試験に取り組むことが出来るわけです。

名古屋市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?名古屋市の公務員試験の難易度に関しては他の自治体とはちょっと違う部分があります。それは大卒程度の事務職という部分において、いくつかの区分に分かれているということです。行政一般、法律、経済となっているので、その中からどの区分を選ぶか?ということになります。名古屋市の公務員試験の難易度は高いでしょう。政令指定都市ですし、地方上級のレベルになると思うので、名古屋市の公務員試験の難易度は高いと言えると思います。ただ、名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインにもよりますし、あとは配点なども重要ですし、倍率も関係してきます。名古屋市の公務員試験の大卒程度の事務職では行政一般、法律、経済で倍率が違うので、そこも名古屋市の公務員試験の難易度に関係してくるので、しっかりと過去の実施結果を見ておきましょう。名古屋市の公務員試験の配点は筆記試験もある程度はあると思いますけど、名古屋市の公務員試験の配点では二次試験も高いと思います。人物重視と言えるか?は分かりませんが、名古屋市の公務員試験の配点は面接もそれなりにあると思うので、そこも知っておきましょう。受験案内を見れば、名古屋市の公務員試験の筆記と面接の配点が載っている可能性もあります。そういった部分も調べて、名古屋市の公務員試験の難易度を確認していきましょう。

名古屋市の公務員試験の倍率はどうなっている?

名古屋市の公務員試験の倍率を見てみると、大卒程度の事務職でもそれぞれの区分によって難易度が違うのがよく分かると思います。名古屋市の公務員試験の倍率をチェックすると、行政一般の倍率だけがとても高いです。過去数年はずっと10倍超えとなっており、名古屋市の公務員試験の難易度としては結構高いと言えます。名古屋市の公務員試験の倍率のうち、法律と経済に関しては3~4倍とかなり差があります。恐らく名古屋市の公務員試験ではそれぞれの区分で出題科目や難易度などが違っていると思うのですが、それによって倍率が異なっているのでしょう。名古屋市の公務員試験では行政一般の受験者数が多いので、それだけ受けやすいと言うことが言えると思います。ただ、名古屋市の公務員試験の倍率では筆記と面接のそれぞれの詳細は載っていません。名古屋市の公務員試験の全体の倍率しか分からないので、筆記試験と面接試験の難易度までは分からないのです。名古屋市の公務員試験の倍率を見ると、行政一般は筆記試験はそこそこ高そうですが、法律と経済の名古屋市の公務員試験の筆記の倍率は恐らく低いでしょう。というか、名古屋市の公務員試験の法律と経済は面接の倍率も低いと思います。全体の倍率が低いですから。名古屋市の公務員試験の難易度は区分ごとにかなり違うので、名古屋市の公務員試験の難易度では行政一般、法律、経済ごとにどれを受けるか?というのを出題科目や範囲も含めて考えていくことが重要です。名古屋市の公務員試験の倍率で筆記や面接ごとの詳細は分かりませんが、どっちにしろ名古屋市の公務員試験の難易度は高いと言えますから、しっかりと対策をしていきましょう。さて、問題は名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインがどれくらいになるか?ということです。ここが名古屋市の公務員試験の筆記対策をするうえでも重要になると言えます。

名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割?

事務職の中でも、名古屋市の場合には行政一般の難易度が高く、法律、経済、社会福祉の難易度は低いということが言えるかと思います。こうやって採用区分が違うと、かなり倍率や難易度が違ってくるということですからね。名古屋市の大卒程度の職員採用試験はどの採用区分で受けるか?によって難易度も変わり、全然合否も変わってくるでしょう。ちなみに筆記試験と面接の倍率は載ってないんですよね。受験者数と最終合格者数しか載っていないので、面接の倍率がどれくらいか?というのがちょっと分かりません。名古屋市はある程度筆記重視とも聞いたことがありますが、それはデータに裏づけされているものなのか?も分からないのです。

しかし、筆記試験が結構違うのです。行政一般は筆記試験は教養試験のみです。二次試験で論文試験がありますが、専門試験はありません。教養試験は一般知能が20問必須回答で、一般意識が35問中30問解答となっています。そして、法律、経済、社会福祉の場合には、専門試験もありますし、二次試験で論文試験もあります。そして、一般知能が15問必須解答で、一般意識が35問中20問解答です。専門試験は40問必須解答のようです。

名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関してはそれぞれの区分で恐らく異なっているでしょう。したがって、行政一般、法律、経済といった区分ごとに倍率が違うので、数字も結構違いがあると思います。名古屋市の公務員試験の筆記試験では、区分ごとに筆記の内容も異なっている可能性があるので、最新の受験案内でチェックしてほしいですけど、仮にそうであれば、さらに名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインの予測は難しいです。倍率が特に高い行政一般に関しては、倍率が高いということで名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインは高いでしょう。6割以上とらないと受からないかもしれません。ただ、法律と経済は倍率が一気に下がりますから、それを反映したボーダーラインになっていると思います。55%程度あれば通るかもしれませんが、確実なことは言えません。そもそも行政一般に関しては6割で通過するか?どうかも怪しいです。それくらいに倍率が高いので。名古屋市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては難しいのですが、名古屋市の公務員試験の難易度は高いので、どっちにしろ筆記対策はしっかりとやっていかないといけません。しかし、名古屋市の公務員試験の面接で聞かれる質問への対応などもやらないといけないのです。名古屋市の公務員試験での聞かれる質問は数多くありますが、そういったものに対する対策もしていきましょう。

名古屋市の公務員試験の志望動機の考え方は?

名古屋市役所はこれまで、2次試験の倍率は
概ね行政一般で1.5倍~1.7倍、法律、経済で1.2倍~1.3倍という、
他の自治体に比べると比較的低い水準で推移してきました。

今年もきっと一次試験で絞りますよね~
うんうん♪そだね~ ・・・てな感じで五味先生とお話ししていたのですが、

いざフタを開けて見たら、
行政一般と法律の2次倍率はおよそ3.5倍、
経済がおよそ3.1倍に達する勢いじゃないですか!

正直予想外でした・・・

名古屋市とのかかわりといわれても住んでるだけだし・・・、
という人は多いと思います。
というか普通それくらいのかかわりしかないですよね。

ですから、名古屋市役所でインターンシップをしてたとか、
名古屋市のボランティア団体に所属していたとか
・・・そういう希有な人は別にして、

単純に、住んでいて愛着があるくらいでいいと思うのです。
住んでない人は、よく遊びに行きますとか、
会社が名古屋ですとか、取引先が名古屋ですとか、
そんなでもいいと思いますよ。

無理にひねり出すより、
素直にどんなかかわりがあるかをさらっと触れれば良いと思います。

それより大切なのは、「志望動機」ですよね。
できれば、
名古屋とのかかわりから志望動機が生まれればそれがベストなのですが、
そんな人はそうそういない訳で、
かかわりの薄い人は志望動機にスペースを割くべきです。

「志望動機」は、
なぜあなたは名古屋市で働きたいのか?がその核心です。
名古屋市のHPの内容を把握するのはもちろん、
手に入るだけの資料はちゃんと集め、よく読み、
自分のやりたい仕事を見つけましょう。

相手の事をよく知らないで、
今後一生を賭ける職場を決められるはずもないですし、
やりたい仕事が見つかるはずありませんからね。

名古屋市の公務員試験の志望動機はどうやって考えたら良いのか?それ以前に名古屋市の公務員試験の面接の倍率が気になりますが、過去には3倍を超えるときもあったようです。今の名古屋市の公務員試験の二次試験の倍率がどうか?というのは予想しかできませんが、2倍前後というのが平均なので、それに近い倍率なのではないか?と思います。名古屋市の公務員試験の面接の倍率は分かりませんが、名古屋市の公務員試験の面接の配点が高い可能性がありますから、それを理解しておきましょう。そして、名古屋市の公務員試験の面接対策では聞かれることが多くありますけど、志望動機の考え方が特に重要になります。名古屋市の公務員試験の志望動機の考え方ではやりたい仕事を前面に出すというのは良いと思うのですが、やりたい仕事をやりたいというだけでは全く魅力的に見えません。やりたい仕事を任せるときには、その本人の適性も関係してくると思いますから、自分がそのやりたい仕事に向いているということを添えた方が良いでしょう。自分がやりたい仕事が名古屋市にあり、それをやるにあたって自分には必要な能力などを備えている。だから、自分にその仕事は向いている。したがって、自分は名古屋市を志望するというのは全く不自然ではないと思いますから、名古屋市の公務員試験の志望動機を考えるときにはそういったことも考えておきましょう。名古屋市の公務員試験の面接対策で聞かれることは多くありますが、志望動機や自己PRは中心になるので、筆記対策をしながら考えていきましょう。しかし、それ以外の聞かれることに関しても対策をしていってほしいと思います。

1