1. まとめトップ
  2. 雑学

Twitter発『そうだったのか(汗)』って声が出る意外な雑学

Twitterで見かけた、意外かつ有益な雑学ツイートを様々なジャンルから紹介します。

更新日: 2018年04月15日

169 お気に入り 208532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitter民の皆さんが提供する、"意外"かつ"有益"な情報をまとめました。

justastarterさん

◆『しつこい勧誘を一番簡単に断れる方法』

昔、しつこい新聞勧誘を一番簡単に断れる方法はないかと、 「私もセールスやってるんですよ。大変ですよねぇ」と同業のふりをしていろいろ聞いてみた事があった。仲間意識からかセールスの悪質なコツを簡単にペラペラ話してくれた。 その結果、ド… twitter.com/i/web/status/9…

その結果、ドアを開けない次に良いのは「今、無職なんです」だった。

@papi_pirika しつこい電話勧誘は切ってしまえばいいのですが、繰り返しかかってくる時は『ちょっとワケあってローン組めないんで!』と言えば、たいがい相手が『あっ…』となって、かかってこなくなります(笑)

@papi_pirika @unotaka045 横から失礼します。 自分の時は青汁の勧誘に対して「自分が働いている店に食べに来てください」って逆勧誘してやりました(笑) 「そうですね。機会があれば・・・」って返されました。

◆『江戸時代の相撲』

やたらと「相撲は神事なので」と言われているけど、江戸時代の相撲は単純に娯楽で、男相撲・女相撲ともうひとつ「盲人相撲」という物もあって、土俵上で相手を探しておたおたする姿にみんなでゲラゲラ笑っていたという、封印されたような過去もある。

明治時代、海外興行を企画したプロモーターに対して国会で「裸で行う格闘技など野蛮なものを海外に持ち出すとは国辱物である」と意見がでて、許可されなかったなんて話もある。

◆『切捨御免』の実態

中学の歴史の授業で一番面白かったのは「武士には切捨御免という特権があったが、人を斬ったら『いつどこで、どういう理由で斬った』という面倒な報告書をお役人に提出しなければいけないうえに、自宅謹慎も科せられたので、実際にはカッとなって刀を抜くような侍はほとんどいなかった」という話

@_prussia @orotiyamata 切り捨てようと刀を抜いたがいいが、相手に逃げられた場合は「武士の名誉を傷つけた」として切ろうとした当人が処罰される可能性があったという。 「人を殺す」重みというのを今より多くの人が知っていた時代らしい措置ですね。

◆『昔の酒蔵が女人禁制だった理由』

先日,酒蔵に来ていただいている杜氏さんに,昔の酒蔵が女人禁制だったのは生理を穢視する女性蔑視ではないか?という質問をしたところ,そうではなく,女性は糠漬けを触ってるから蔵に入れられないだけで,今は糠漬けの習慣もなくなったので女性杜氏だってたくさんいる,という説明を受けた。

@kamatatylaw 当日朝に納豆食べた人の酒蔵見物お断り、っていう所もあるぐらいですしね。 男女関係なく経験的に危険なものは遠ざけるって心理が働いていたのかもしれませんね。

◆『トラックが前車と距離を開けて走っている理由』

トラックが前車と距離を開けて走っているのには理由があります。 決して車を入れさせる為ではありません。 トラックが荷物を載せている時は距離を開けてゆっくり走ってイライラさせる事もあるかと思いますが、寛大な心でついて走ってやってくだ… twitter.com/i/web/status/9…

寛大な心でついて走ってやってください。

と、始末書を書きながらお願いする私( ´△`)

@uepon_zephyr そうだったんですね。知りもしませんでした。これからは気をつけたいと思います!

@uepon_zephyr @kusakinouen 4トンの配送していますが、本当に良くわかります。 私たちはお客様の財産を運んでいますからね!

◆『インド映画が歌と踊りが多い理由』

インド映画がなんで歌と踊りが多いかっていうと、 1.インド国内だけで22ヶ国語あるので、会話だけだとわかりにくい。 2.おまけに宗教派閥も多すぎて、恋愛描写とかのNGラインがくっそ面倒。 というところから『魅せたいところは歌と踊りで盛り上げようぜ!』と先鋭化した結果なのである。

◆『フェロモン』に関すること 【2選】

男女が腕を高く上げて踊るのは。。

【フォークダンスの一説】男女が腕を高く上げて踊るのは、パートナーに腋から分泌されるフェロモンを嗅がせるため。速いテンポと遅いテンポの二部構成の場合、速い動きで汗が流れてフェロモンが強まり、旋回運動で匂いをまき散らし、スローパートで密着して互いを嗅ぎ合う

1 2 3