1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

黄金崎

【黄金崎1】黄金崎は夕日が当たると金色に輝く海岸があるため、この名前になっているようです。実際、写真のように金色に見えますよね。これは、岩石が変質したためで、元の色は、どちらかというと白っぽい色だったようです。 twitpic.com/4sth69

駿河湾に大きく突き出したその姿は愛称「馬ロック」と呼ばれ、観光客の注目を集めています。

【黄金崎】に来ました。西伊豆ジオエリア。今日はこの辺りのサイトを周ってみるつもりです。詳細は後ほど。 twitpic.com/4spc3l

【黄金崎4】黄金崎は珪石の産地で、ガラスの原料として採られていた歴史もあります。写真の奥に見える採石場は現在も稼働しているが、ガラスの原料をとっていた時代のものは別にある模様。緑化が進んでいるとか。 twitpic.com/4stvt3

黄金崎海況情報:スッキリ快晴♪海も穏やかで、とっても気持ちいい朝です(^^)終日風向き良好!絶好のダイビング日和となりそうです♪ arari.co.jp/2018/04/10/pos… #伊豆 #ダイビング #快晴 #菜の花 #満開 pic.twitter.com/yPUIebJZa8

伊豆ぐらんぱる公園

みんな、こんにちは~ 今日からグランイルミは、金曜日、土曜日、日曜日、祝日、繁忙期のみの営業になるよ!!詳しくは、伊豆ぐらんぱる公園のホームページをチェックしてね✨✨ #グランイルミ #伊豆ぐらんぱる公園 #平日お休み pic.twitter.com/0Mac16QprA

22万平方mの園内の5万本におよぶソテツのジャングルが壮観。スケールの大きいアスレチックコース・500mのゴーカートコース・30種以上の変形自転車・水の広場・風の丘・冒険の森・パターゴルフ・キッズコースター・おとぎ列車・スカイサイクルなど楽しくて健康的な遊びが満喫できる。

今シーズンは、イルミネーションのデザインを惜しげもなく全面リニューアルし、球数を400万球から600万球に増大。ほかでは類を見ない高密度のLEDはまさに圧巻!フルカラーレーザーショーもよりパワーアップし、来園者の目を楽しませること間違いなし。

先週、休暇をとって伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーションを観てきました。セカオワのスターライトパレードに合わせて変化するショーは素晴らしかった〜。でも私は、やっぱりサザンの曲でこういうショーを観てみたいな。 pic.twitter.com/Bw0XQRrXes

一碧湖(いっぺきこ)

「伊豆の瞳」と呼ばれ、周囲4kmひょうたん型の景観の美しい湖。

一碧湖はその昔、吉田の大池と呼ばれていて、昭和初期には一碧湖と呼ぶようになりました。以前は、大室山からの溶岩による「堰き止め湖」と言われていました。

河津七滝(かわづななだる)

静岡 【河津七滝】マイナスイオンを浴びながら渓谷や滝を巡り、上流から釜滝、エビ滝、蛇滝、初景滝、カニ滝、出合滝、大滝と、それぞれに個性的な7つの滝が現れる。縄に巻かれた大石があり、願いを込めて小石を投げ、大石に乗ると願いが叶うとか! pic.twitter.com/08GQYc9b7K

「河津七滝」は上流から釜滝、えび滝、蛇滝、初景滝、かに滝、出合滝、大滝の七つの滝のことを言います。

全ての滝を巡るハイキングコースがあって、のんびり歩いても1時間もかからないので、ふらりと出かけるのにも最適です。

柿田川公園

玉簾の瀧やら忍野八海やら 関東には綺麗な水の観光地たくさんですな(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ ここは湧き水が1日に何トンも湧き出る柿田川公園ですよ(・ω・) pic.twitter.com/EUhZQrqXzF

園内の第一・第二展望台からは、1日100数万tの湧水量を誇る柿田川の「わき間」を見ることができます。

1 2