1. まとめトップ
  2. おもしろ

まさにこれ…みんなが報告する『ザ・関西人』な呟きが面白すぎ!

大阪・京都・神戸などの関西の人たちならではの独特な感性や振る舞いについて呟かれた様々な面白エピソードなどをTwitterからまとめてみました。

更新日: 2018年04月16日

71 お気に入り 186751 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーたちが呟いた様々なエピソードや考え方などのまとめです。

futoshi111さん

◆関西人コミニュケーションの真髄⁉

息子の『俺の歌う英語の歌』が 「エーレファン!エーレファン!ノーズがロングなのっ!」 というルー大柴的ソングでかつ近所のアメリカ人ファミリーに歌ってウケたとらしい為、我が息子もいよいよ「言葉が通じへんのは気合が足らんから」という関西人コミニュケーションの真髄を体得しつつある。

@3h4m1 いえ、気合ではなくて非常に論理的な翻訳歌詞だと思います。 むしろ息子さんにとっては、声を出すこと ≒ 歌うこと ≒ 会話のリズムをリードすることを会得した一歩だと思います、いや、マジで。 関西人のDNAから派生した感性、大事にしてあげてください。

◆関西の語学教育のゴール

関西人は「言葉が通じないのは気合いが足りないから」と教育されて育つ。千原せいじがアフリカロケの達人みたいになって、どこの村でもすぐに仲良くなると取り上げられていた時、言葉は?と聞かれて、事もなげに「アフリカでは大阪弁が通じる」と言っていた。たぶんあれが関西の語学教育のゴール。

@jiro6663 これわかる。アメリカの空港で、英語で何度も自分の荷物が無いと訴えても「ハハン?」的な感じで。まだ若くてオドオドしていた自分も、乗り換えの時間が迫り、切羽詰まって大阪弁でががががーーーってしゃべったら、出てきた。… twitter.com/i/web/status/9…

@jiro6663 横山やすしがアメリカの田舎のホテルで、一切日本語が通じない中で、「目玉焼きくれ、丸く焼いたらエエねん」とだけ注文して、目玉焼きを無事に注文できていた話を思い出す。

◆東京出身者として憧れる

東京出身者として関西地方にある「いや、ちゃうねん」って言って会話に唐突に入ってくる手法と 話の最後に「知らんけど」→(「なんかあの二人別れたらしいよ。まぁよう知らんけど」) がとても好きで、角を立たせないで会話に入り、そして「… twitter.com/i/web/status/9…

会話に入り、そして「知らんけど」と言ってスッと出ていく文化にすごく憧れます

「わかる ~ しらんけど」のコンボ、言語を発しつつ一切の言明と理解を放棄してただ聴取の事実のみ知らせるという点で、標準語よりも日本語らしい日本語かもしれない。

◆「クソリプやめろ」

「クソリプやめろ」をオトナ語にすると「貴重なご意見ありがとうございました」になる。なお関西弁にすると「考えとくわ」になる。

@fstora 「ええいけんやなぁーさすがやなぁー 目のつけどこちゃうわ」

この流れからの「京都のおばあさま」ツイートも話題に

???「あまりに上手に喋らはるからどこぞのお偉いさんやと思いましたわぁ」

昔、「あっこれは敵にするとガチでヤバい京都の人だ」って感じの着物のおばあさまが、店でわめくクソ客に対して「えらい大きい声で演説したはるけどどこの先生え?ちょっと聞かせてもろてええやろか」って感じで割り込んで来て背筋がゾッとしたし、クソ客も京都煽り理解できずにわめき返すしで地獄

京都と言えば、出張に来たであろうサラリーマンが駅で品の良さそうなおばさまに「あのぉ、からすまるはどこですか?」と致命的な間違いをしながら質問している場に遭遇。お答えは「からすまるは知りまへんけど、からすまならあっちです(語尾上がり… twitter.com/i/web/status/9…

@tatamin_ttmn 京都以外の人はよく京都人のことを“いけず”だと言います。いけずというのは関西の言葉で「意地が悪い」という意味です。京都の人は本音を出さないとか、京都の人の言葉には裏があるとか言われることが多いのです

@seijei @tatamin_ttmn という風に言われますが、実は京都人も「京都人風」を求められてるのを理解した上でノリで「乗っかってる」部分が多々あります。つまり「京都人ボケ」です。京都人も関西人で、金曜はナイトスクープ土… twitter.com/i/web/status/9…

ちょくちょく「京都煽り効いてないのに何言ってんだこいつ」みたいなツッコミ入れてくるやついるけどオチを理解してなさすぎるんだよなぁ… twitter.com/kawa_nyan/stat…

1 2 3 4