1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

肉や魚料理に果汁を絞ったり、お菓子の隠し味としてやフレーバーとして、紅茶に輪切りを添えたりと季節を問わず日常でよく目にするレモンですが、意外と知られていない健康、美容効果がたくさんあるんですよ。

レモンは主に、そのビタミンCの高い含有量と、ビタミンB、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウムや食物繊維が含まれていることで知られています。レモンは古代より薬として使われており、また現代では、研究によって更なる健康効果が明らかになっています。

レモンの選び方

レモンを選ぶ時は果皮の色が鮮やかで、持った時にずっしりと重みのあるものが良品とされています。匂いが嗅げるようであればフレッシュな香りが分かるものを選ぶと良いでしょう。また軸(ヘソのような部分)が綺麗な緑色をしているものも鮮度が良い証拠と言われています。表皮が変色していたり乾燥している・シワが寄っているものは避けましょう。皮ごと利用する場合は表面をさっと水洗いしてから使いましょう。

気分スッキリ!

気分をスッキリさせたい時は、レモン水が効果的。

リモネンの香りと果汁の酸味の刺激が交感神経を刺激して、体内時計をリセットすることができます。

コップ1杯のお水にレモン1/2個分の果汁を絞ったレモン水は、つらい朝もスッキリと目覚められ気分もリフレッシュでき、朝からレモンの効果や効能を上手に得ることができます。

レモン水でデトックス効果

レモンウォーターは、天然の利尿薬のようなもの。体に貯め込んだ水分や毒素の排出を促す上、レモンに含まれたクエン酸が、肝臓を刺激する酵素の働きを大いに助けてくれるんですって。

ダイエットに効果アリ!

1.ダイエットサポート
レモンには消化をサポートする成分が含まれているので、ダイエット中の急激な食生活での体の負担を軽減してくれます。

2.むくみ防止
クエン酸はデトックス効果があるのでむくみ防止や新陳代謝をあげるのを助けてくれます。

髪にツヤ感を!

毎日髪を洗っていると、ミネラル分が髪に少しずつ付着していきます。ピカピカのシンクが毎日の使用で水垢が残り、白っぽくくすんでいくように、髪もミネラル分が付着するとつやが失われてしまいます。レモンはくすみの原因であるミネラル分を取り除いてくれる、クエン酸という成分を含んでいます。髪のつやがなくなったと思ったら、洗面器1杯のお湯にレモン半分を絞ったレモン水で髪をリンスしましょう。

風邪予防に!

ビタミンCを大量に摂取すると、風邪の症状を和らげることもよく知られていますね。

ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、大量に摂取しても、余ったビタミンCは尿と一緒に体の外へ排出されるので安心です。

爪のケアに!

強力な洗剤などの化学物質にさらされたり、無理なダイエットで栄養不足だったりすると、爪が黄色っぽくなってしまうことがあります。

健康的な輝く爪を取り戻すためには、スライスしたレモンで2分間ほど爪をマッサージしましょう。できれば1日に何度かやってみましょう。

ストレス解消

ストレスを解消に良いといわれているのが、レモンの「香り」。レモンに含まれる「リモネン」という成分は香りの成分で、私たちをリラックスさせてくれる効果があるんですよ。

なので、何かイライラしたりしてストレスがたまった時は、香りを感じならがレモン水を飲んで、ストレスを解消しましょう。

レモンの使い方

水にレモンを絞って混ぜ、レモン水にして飲むのも良いですし、料理にはお肉にも魚にもさっぱりとして味に仕立ててくれるので便利です。
ゼリーなどのお菓子に混ぜたりして作るのもおすすめです。冷え性が気になっている方はホットレモネードを飲むようにすると身体も温まりレモンの効果も得られます。

レモンを皮ごとスライスしてはちみつ漬けにすれば、無理なく皮も筋も食べられるうえ、はちみつに含まれるミネラルなどの栄養素も一緒に補給できます。

1 2