1. まとめトップ

初心者でもサロン並みのネイルに!!上手なネイルの塗り方をご紹介します♪

セルフネイルってなかなかうまくぬれなかったりしますよね…。でもお店に行ってやってもらうのは高い…。そんな方必見!!今回はきれいにネイルがぬれる方法をご紹介します♪

更新日: 2018年04月16日

7 お気に入り 3314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

どうしたらきれいにネイルがぬれるのか調べてみた結果をみなさんと共有します。

tatsubo1208さん

■うまくぬれない…。

■そんな皆さん必見です!!

▼1.整爪

やすりで爪をなでるように形を整えていきます。

爪に角がないようにヤスリでなめらかにしていきますが、画像のように爪のサイドにはやすりをグッと入れ込んで。角が残っていると、引っかけてしまったり、亀裂が入ったりする原因にもなってしまうので、きれいなラウンドを意識しましょう。

甘皮は、綿棒にハンドクリームやオイルをつけて押し上げていきます。このひと手間をするだけで爪がグンと長く見えます。

ウッドスティックでキューティクルラインやサイドラインの取り切れなかった甘皮を取り除きます。

最後にコットンやキッチンペーパーにエタノールや水を含ませて爪の表面をふき取れば、整爪は終わりです

▼2.ベースカラー

ベースカラーを塗っておくことで、後でカラーを塗るときには「その部分をなぞるだけでOK」になります。そのため、このひと手間は惜しまずに。

▼3.カラー1度目

カラー1度目はムラがあってもよいので、キューティクルライン・サイドラインをしっかり縁取っていきます。

(商品によっては1度塗りでも発色がよいものもあり、その場合は1度塗りでOK)

ブラシの片側を瓶のフチでしごいてカラーの量を調整し、爪の先端に塗っていきます。先端は厚塗りは避けたいので、手をひっくり返してサッとなでるだけにします。

先端に塗ったら爪の表面にカラーを乗せていきますが、ここで大事なことを1つ。

カラーはキューティクルラインに沿ってきれいに塗ること! これがすごく重要で、キューティクルラインのカラーがガタガタだとチープな印象になってしまうので注意です。

やり方はこう。まず、爪の際より少し指先側にカラーを乗せ、それをキューティクルラインまで押し上げて、爪の先端に引いてくる。この流れを押さえてください。

▼4.カラー2度目

カラーのラインは1度目ですでに整えているので、2度目はカラーをムラなく乗せるだけのイメージです。

ちなみにカラー2度目だけに限りませんが、ブラシは寝かせて圧をかけずに塗ること。

ブラシを立てて塗ると、1度目に塗った色をえぐってしまうので注意。そしてブラシを引く向きは、絶対に一方向のみ(爪先に向けて)のみです。

▼5.トップコート

トップコートはメーカーごとにたくさんの種類が販売されています。

速乾を謳ったものは使いやすいですが、仕上がりの厚みが少ないので、チープな印象になりがち。

個人的には速乾ではない商品を厚めに塗ってサロン風に仕上げるのがおすすめです。

トップコートの塗り方は「基本の塗り方」と同じで、ウロウロせずに真っすぐ引いていき、表面をすべて覆ったら完成となります。

先端も忘れずに一塗りすることで、もちが違ってきますのでお忘れなく。

▼6.乾かし

マニキュアは、ジェルネイルとは違って「よく乾かす」必要があります。しっかり乾いていないうちにどこかに当たってしまうと、カラーがえぐれてしまうなどせっかくの努力が台なしに。

早く乾かすために「ドライヤーの冷風をあてる」「氷水に指を入れる」などありますが……やっぱり時間をかけて乾かす必要があって、私の場合は最低1時間は指先を使わずに乾かしています。

夜寝る前にセルフネイルをして、そのまま読書などしながら1時間放置、だと過ごしやすいかもしれません。

■いかがだったでしょうか?

1