1. まとめトップ

社会学の名著20冊 世界の運命は、世界に値するものになる

国家痴愚神礼讃女神問弧印ペルシア人への手紙人間不平等起源論永遠平和のために種の起源現代の批判共産党宣言この最後の者にも罪と罰アンナカレーニナツァラトゥストラ茶の本プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神ホモルーデンス大衆の反逆世論自死の日本史真夏の夜の淫夢と真冬の夜の百合

更新日: 2018年07月15日

2 お気に入り 755 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私の生涯における唯一の真に重大なる過ち

ポケナイさん

初めに

『国家』プラトン
『痴愚神礼讃』デジデリウス・エラスムス
『女神問弧印』媚癒夢兄貴
『ペルシア人への手紙』シャルル・ド・モンテスキュー
『人間不平等起源論』ジャン=ジャック・ルソー
『永遠平和のために』イマヌエル・カント
『種の起源』チャールズ・ダーウィン
『現代の批判』セーレン・キェルケゴール
『共産党宣言』カール・マルクス フリードリヒ・エンゲルス
『この最後の者にも』ジョン・ラスキン
『罪と罰』フョードル・ドストエフスキー
『アンナ・カレーニナ』レフ・トルストイ
『ツァラトゥストラ』フリードリヒ・ニーチェ
『茶の本』岡倉天心
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ヴェーバー
『ホモ・ルーデンス』ヨハン・ホイジンガ
『大衆の反逆』ホセ・オルテガ・イ・ガセット
『世論』ウォルター・リップマン
『自死の日本史』モーリス・パンゲ
『真夏の夜の淫夢と真冬の夜の百合』

社会学の名著20冊を適当に紹介していきます。
暇な人は読めばいいと思うよ。

国家

哲学者達が国々において王となるのでないかぎり、あるいは、今日王と呼ばれ権力者と呼ばれている人達が、真実にかつ充分に哲学するのでないかぎり

出典『国家』プラトン

ソクラテス/プラトン 洞窟の比喩
TDN/TNOK 牢獄の比喩

人は理解できないことを嘲笑う
自らの知性の乏しさ
自らの目で見ることができず、自らの心で考えることができない
ことを誤魔化すために
支配されている
常識、教育、宗教、言語、百合

好きにするが良い。誰一人信じぬであろう。
そして気づいた時には、既に手遅れだ。
神が創造した唯一の特別な生物であると考え、進歩発展だと言っている方が幸福だと思うが?

ソクラテス/プラトン
古代ギリシアの哲学者『ソクラテスの弁明』『饗宴』『国家』『法律』

痴愚神礼讃

人間の生き様というのは、狂気の戯れ以外の何ものでもない

出典『痴愚神礼讃』デジデリウス・エラスムス

ほもだけが、他人を傷つけずに真理を語る特権を持っている。
(自分が傷つかないとは言ってない)
誰も責めたくないし、誰も不幸にしたくない。
(ほもはガン責め、ほもは存在自体不幸)

デジデリウス・エラスムス
1466~1536 人文主義者『痴愚神礼讃』『平和の訴え』

女神問弧印

私は何も分からない。
朝の光も分からなければ、夜の闇も分からない。
空の青さも分からなければ、メガトンコインの重さも分からない。
しかし何をやるべきかは分かっている。

出典『女神問弧印』媚癒夢兄貴

真理とは何か?言葉とは何か?
我々はRTAをリアルタイムアタックと考えていたが、媚癒夢兄貴はRTA(レトロゲームを楽しく遊ぶ)だったのか?いやそうではなくRTAにはまた別の意味があるのか?

創造とは何か?
RTA(リアルタイムアタック)とホモビデオが、何故結びつくのか?
何故そのようなことを考え付いたのか?

調和とは何か?
全く無関係であり、結びつくことなどないと考えられるものが、何故完全に調和しうるのか?

空とはどのような青さなのか?
理由がない 必要がない 方法がない
理由もなく 必要もなく 方法もなく
存在するとでも言うのか?

ほもとは何か?
ほもは滅びろ!(正論)ほもは滅ぼす!(迫真)

媚癒夢兄貴
日本の男優『最終敵先生』『女神問弧印』

ペルシア人への手紙

私が常に憂慮しているのは、いつかはついに、人間を殺すのに最も手っ取り早い方法がとれる、何らかの秘密が発見され、諸民族、諸国民全体が滅ぼされてしまうのではないかということです。

出典『ペルシア人への手紙』シャルル・ド・モンテスキュー

シャルル・ド・モンテスキュー
1689~1755 フランスの哲学者『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』

人間不平等起源論

あらゆる人間の知識のうちで最も有用でありながら、最も進んでいないものは、人間に関する知識であるように思われる

出典『人間不平等起源論』ジャン=ジャック・ルソー

ドラえもん のび太の日本誕生

なぜ人間は平等でないのか?
神から生まれた世界は、全て平等である。
人間が生まれ進歩していく中で、不平等が生まれる。

初期の時代は、人間は未だ幸福な状態である。
だが鉄と小麦(治金と農業)が発明され、平等が破壊され、人間の間に不平等が生まれる。
人間が物質的に豊かになるにつれ、不平等が益々進行していく。

1 2 3 4