1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

三億円事件が無ければ解散してた…驚きの『グループ秘話』を明かした芸能人

aikoがハロプロに居たかもしれないってマジか・・・

更新日: 2018年04月19日

10 お気に入り 75096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼見事J-POPシーンにカムバックした

本格的な音楽活動は1998年から。その後LISA(リサ)がボーカルとしてm-floに加入。

脱退理由を明かしたm-flo

LISAは脱退当時について「私たちね、鬼のように忙しかったんです」「コミュニケーションが取れないくらいの忙しさになって」

「休まなきゃならない」「助けて」と思っても、状況改善を提案してくれる人はいなかったそう。

もともとソロ活動をしていたLISAは、あまりの多忙さに「売れている、売れていない別として、アーティストとしてやってきた自分ってどこへ行っちゃったんだろう」と、自分を見失っていることに気づいたそうだ。

LISAは「私すごいすんなり『あっいいよ』って二人そういう感じだったから」「止めないね誰もね」と、当時の2人の葛藤は知らなかった。

▼幅広い世代に支持されているシンガーソングライター

ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年『あした』でメジャーデビュー。

等身大の心情を綴った詞とポップなメロディなどが多くの共感を呼び、99年の「花火」以降は「カブトムシ」「ボーイフレンド」「キラキラ」などヒット曲を連発。

松任谷由実が司会の「オールナイトニッポンGOLD」に出演したaiko

松任谷に「『モーニング娘。』に?」と訊かれると「太陽とシスコムーンです」とaikoは返答した。

太陽とシスコムーンは98年、「ASAYAN」(テレビ東京)のオーディション企画から生まれたグループ。そのオーディションとは「芸能経験のある女性」を対象にしたもの。

つんくから「お前って、デビューとか決まってんのか?」と電話がかかってきたのだという。つんくは、aikoがインディーズで出していたCDを聴いて興味を持ったそうだ。

「デビュー前に曲のことで(アドバイスを)言ってくれたのはつんく♂さんだけだった」とaikoは嬉しそうに語った。

歌手のaikoさんが太陽とシスコムーンに合格しかけてたらしい ソースは今聴いてる松任谷由実のオールナイトニッポンでゲストのaiko本人がそのエピソードを語りました しかもaikoさんの作曲にもつんく♂さんはアドバイスしてたとの事

うんうん、たしかに「太陽とシスコムーン」にいるaikoも見てみたかった。笑

▼長いキャリアを持つロックバンド

『星空のディスタンス』や『メリーアン』などのヒット曲で知られる、3ピースバンド『THE ALFEE』。

高校のクラスメイトだった桜井賢と高見沢俊彦、そして坂崎幸之助により結成された日本の3人組バンド。

1 2