1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『響 HIBIKI』だけじゃない!「マンガ大賞」から実写映画化された作品

欅坂46平手友梨奈の主演で実写映画化が決まった『響 -HIBIKI-』は2017年のマンガ大賞受賞作。2008年に創設された同賞は、大賞作品がメディア展開されることでも知られる。実写映画化された作品も傑作揃い。『ちはやふる』、『3月のライオン』、『海街diary』、『テルマエ・ロマエ』。

更新日: 2018年07月28日

7 お気に入り 14492 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆「マンガ大賞」受賞作の『響 -HIBIKI-』が映画化決定

平手友梨奈、映画初主演で天才文学少女熱演「彼女の生き様を届けたい」(コメントあり) #欅坂46 natalie.mu/music/news/278… pic.twitter.com/oaSPlYWAw6

人気アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈(16)が、2017年マンガ大賞受賞作が原作の映画『響 -HIBIKI-』(9月14日公開)で映画初出演にして初主演を務めることがわかった。

平手演じる響は、15歳の天才女子高生小説家。圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせるという役どころだ。

響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役は北川景子、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏役は、映画「パコと魔法の絵本」で主人公・パコ役を務め、映画出演は2010年以来というアヤカ・ウィルソンが演じる。

◆「マンガ大賞」受賞作のほとんどがメディア展開(映像化)される

「マンガ大賞」は2008年に創設され、今回で11回目になるマンガの賞で、審査にマンガを売る出版関係者が関与しないのが特徴。

大賞に選ばれた作品は注目を集めるため売り上げが一気に伸び、その後はアニメ化や映画化などのメディア展開につながることでも知られており、出版社が最も欲しがるマンガ賞の一つとされる。

2008年の第1回大賞『岳』(石塚真一、小学館)は小栗旬主演で映画化し、第3回の『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)も阿部寛主演で同じく映画化。また、2012年大賞の『銀の匙』(荒川弘)はフジテレビ系の深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化。

◆実写化作品も多く、傑作&大ヒット作も

▼『ちはやふる』(2016、2018)

監督:小泉徳宏
脚本:小泉徳宏
原作:末次由紀 『ちはやふる』
出演:広瀬すず、野村周平、(新田)真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希

興行収入28.5億円(2016年2部作)

末次由紀 『ちはやふる』

第2回マンガ大賞受賞

テレビアニメにもなった末次由紀の人気コミックを広瀬すず主演で映画化した青春ドラマ。

競技かるたをテーマに、主人公と仲間たちのひたむきな情熱や夢を描く。

野村周平と、アクションスター千葉真一の息子である真剣佑がヒロインの幼なじみを好演。人気俳優たちの共演による、きらめく青春の日々に胸がときめく。

『ちはやふる -結び-』初日初回鑑賞。当然の大傑作。 原作を隅々まで読み込み最高にリスペクトした上で、大胆に再構成し、最後は原作再現よりも役者の魅力を引き出す方向に舵をとる。 原作つき実写化の教科書として末永く残る三部作です。もし… twitter.com/i/web/status/9…

宇多丸『ちはやふる -結び-』を語る! 「改めて今回の『結び』を含む三部作となったことで『ちはやふる』は、もう青春映画というくくりをもはや越えて、2010年代の日本映画を代表するクラシック、真の古典になった、という風にまずは断言し… twitter.com/i/web/status/9…

▼『3月のライオン』(2017)

監督:大友啓史
脚本:岩下悠子、渡部亮平、大友啓史
原作:羽海野チカ『3月のライオン』
出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司

羽海野チカ『3月のライオン』

第4回マンガ大賞受賞

羽海野チカの大ヒットコミックを、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督&「バクマン。」「君の名は。」の神木隆之介主演で実写映画化する2部作。

家族を亡くして孤独に生きてきた17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら厳しい将棋の世界を突き進む。

主人公を癒す三姉妹を倉科カナ、清原果耶、新津ちせが演じ、ライバルの二海堂を特殊メイクによってまるで別人に変身した染谷将太が熱演する。

1 2