1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

InnocentBlueさん

・資産運用まとめ

資産運用と聞くと自分の資金を何かに投じ、利益を得ようとする投資の一面にばかり目が行ってしまう人が多い。しかし、それは資産運用の一部分にすぎないのである。それよりも、資産運用は「資産の分配」と捉えたほうが良い

運用期間1か月未満で売買できる商品には以下のような物があります。

(銀行預金)
外貨建てMMF
投資信託
株式

もし、あなたが短期間の資産運用に興味があるならば、きっとそれは将来使うあてのあるお金を運用しようとしているのだと思います。 もしそれなれば、運用する商品はなるべく元本を守りつつリターンを狙える商品がオススメです

年率4.5%の利回りで資産運用をすることは、現実的に可能です。

上記のリスクマップは、

国内株式
国内債券
外国株式
外国債券

ひふみプラスが27.35%の利回りを継続できた場合、「毎月の積立金額8万円」でも、たった13年で1億円の資産を築けます。

投資は「余剰資金」でやるべきです。

実際の生活で使うお金を投資に回してしまうと、あとでクビが回らなくなる可能性があります。

それよりも何よりも。

生活費に手を出すと、相場を気にするようになっちゃうんですよ。マイナスになっていたりすると、無駄に焦ってしまったり。

元本を保証してくれる運用方法は安全性の高さが最大のメリットですが、あまり収益性が見込めないため「いくらか利息がでれば十分」という認識で活用しましょう

1億円以上を安全に運用するとき、何を運用対象にするのが一番なのでしょう?

ざっと挙げますと・・・・


*マンション投資でミドルリスクミドルリターン
*債券投資でローリスクローリターン
*ヘッジファンドでミドルリスクハイリターン

1