1. まとめトップ

警戒心が強い男性の特徴

自分のことはまず話さず、相手との距離を置く警戒心が強い男性。傷つくのを恐れたり、何かトラウマがあったり、過去に裏切られた経験があることが原因にあるようで、なかなか心を開かないタイプのようです。しかし一旦心を開くと信用や信頼がおける男性になります。

更新日: 2018年04月17日

1 お気に入り 3625 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・警戒心が強いわけとは

男性の場合の「警戒心の強い」は、簡単に女性を好きになったりしないという気持ちがあるようです。その気持ちは、もし女性を好きになり、告白をしても断られたり、また、おつきあいが始まってからも女性に浮気をされたりと、期待を裏切られるような経験から「自分が傷つく」ことを恐れて、もろくて傷つきやすい自分を隠すために警戒心を強くしているということがあります。

警戒心が強い男性は、何かトラウマがあったり、過去に裏切られた経験があることが原因となっている場合があり、とても傷つきやすいのです。

・人見知り

警戒心が強い人というのは「初めて話す人」や「知らない人」に対して大きな警戒を示します。

確かに、自分に言い寄ってきた女性が詐欺師や美人局の可能性もないわけではありませんし、友達になろうと言ってきた相手が実は自分を蹴落とそうとたくらんでいるかもしれません。

それは可能性の話なので妄想は本人の心持によりますが、警戒心が強い人はリスクを避ける傾向にあり、不特定多数の人と話したり連絡先を交換したり、初対面の人と仲良くするというのはなかなか難しいようです。

もちろん、警戒心が強いだけで人と仲良くなりたくないとか友達がいらないと言った様なネガティブな考えではなくただ「危険な人とは関わりたくない」という警戒心から初対面の人と仲良くするのに抵抗があります。

特に男性の場合女性に対しては警戒心を持ちやすく、人見知りという理由でなかなか飲み会に来なかったり、聞いてもメールアドレスを教えてくれなかったり、男性によっては彼女がいるから…と言ってその女性が危険でないかどうかわかるまで距離をおこうとするようです。

・スマホを置きっぱなしにしない

いつもスマホを肌身離さず持っているのも、警戒心が強い男性の特徴です。

やましいことがなくとも、プライベートを人に明かしたくない、見られたくない、という思いが強いことから、スマホを必死でガードします。

・いつまでも敬語で話してくる

「タメ語を使うのは心を許した相手だけ」とでも決めているのか、いつまでも敬語で話してくる特徴も。

何回も会っているのに「こんにちは」「よろしくお願い申し上げます」などと、やたら距離のあるフレーズを使いたがります。

敬語を日ごろから遣うように教育されてきた場合は別ですが、砕けた話し方がし合える相手は気持ちの距離も縮まります。警戒心が強い人はその距離の縮まりが嫌で、敬語を崩さないという一面があります。

・自分の話をしない

警戒心が強い男性ほど、自分のことを明かしたがらない傾向に。

仕事や家族、生い立ちなども一切話さず、会話の中身は非常に薄っぺらいのもひとつの特徴です。

・質問に答えない

「●●くんは何が好き?」などと質問しても、警戒心の強い男性ほど瞬時には答えてくれません。

「その質問に回答したら、どんな情報が漏れてしまうのか」を入念に考えつつ、回答を検討してからでないと、自分の考えは明かさないのです。

・個人情報管理にやたらうるさい

昨今は、個人情報の保護にも敏感な時代ではあるものの、警戒心が強い男性ほど、周りが「え? そこまで!?」と言いたくなるレベルまで個人情報について敏感です。

「この情報が漏れるなんておかしいだろ!」と、ちょっとしたことで烈火のごとく怒ります。

・過去の恋愛を話さない

ちょっといい雰囲気になった男女なら、お互いの過去の恋愛話をするのも一般的な流れ。

しかし、警戒心が強い男性は、少し仲良くなったくらいでは自分の過去については語ってくれません。

・新しい環境になるべく入らない

警戒心が強い人にとって「初対面」の人は警戒しなければいけない存在です。

そのため、サークルに入ったり、習い事をするなど新しい環境に入ることを避けます。

もちろん、必要であれば入りますが、その場合は信用できる友人と一緒に入ったり、十分リサーチした上で行動するようです。

特に、男性の場合は年を追うごとにあまり男性同士で群れなくなってくるため自分から率先して初対面の人が多くいる場所に入ることはしません。

特に「女性が多い場所」は一番警戒します。

というのも、女性というのは男性と全く別の思考回路を持っていますし、一人っ子や男兄弟だと女性の本性を知らないため警戒をするのが大変難しいからです。

警戒心が強いと疲れやすいので警戒しなければならない環境に身を投じないという特徴がみられるようです。

・ボディタッチなどで落ちない

警戒心が強い男性というのは様々なリスクについて考えながら行動している人が多く、その場の流れで女性と一夜を過ごすことは極めて少ません。

ほとんど知らない女性と一夜を過ごすということはリスクが大きすぎますし、人としてあまり良くない行動ですよね。

でも、多くの男性が飲み会でのボディタッチなど女性に甘えられるとなだれ込んでしまいがち。

ですが、警戒心の強い男性は警戒をしているので女性からボディタッチをされてもうまくかわし、そういった力技では絶対に落ちません。

1 2