これやってたわ…実はNGだった「スーツのお手入れ」

スーツのお手入れNG集をご紹介します。

更新日: 2018年04月17日

90 お気に入り 88193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【NG.1】雨の日にタオルでゴシゴシ

雨でスーツが濡れてしまうとやってしまいがちなのが、タオルなどで強くこすって水分を取ろうとすること

【傷む理由は・・・】
ウールなどの動物性の素材は、水を吸うと毛表皮が開く。このとき摩擦されると、毛表皮がぐちゃぐちゃに絡んで質感が悪くなる

そのため、タオルで拭くにはやり方が↓

水滴をはたき落とした後は自然乾燥。早く乾かすためにもバスタオルの上からジャケットをハンガーにかけておく

ある程度水分を吸い取ったら、風通しのよい室内もしくは日陰で自然乾燥

ちなみに...

泥は不溶性といって、水や洗剤などに溶けない物質なので、物理的に取り除くしかない

そのため、まず泥を乾かす。

洋服用ブラシや使い古しの歯ブラシなどで大まかな汚れを落とし、洗剤液を含ませた布や歯ブラシでシミをたたくように落とす

【NG.2】スーツに直接アイロンがけ

【テカる理由は・・・】
スーツの生地がポリエステル製の場合、熱に弱いため、アイロンをかけることによってテカってしまう

「あて布」ををして、その上からアイロンするのが一般的。

その日のうちについた軽いシワであれば、霧吹きで湿気を与えて一晩自然乾燥すれば、繊維の復元力でシワもきれいに伸びます

大切なのが、水分を利用し、シワを縦横に伸ばし、手で叩き自然乾燥させること

霧吹きの後に、少し引っ張ってしわを伸ばすのが重要。

お風呂上がりの温かい蒸気が充満しているなかに、スーツを30分ほど吊るして蒸気を吸わせ、あとはひと晩部屋干しするだけ

※換気扇がある場合、回して吊るしたままでOK。

浴室の蒸気がスチームアイロンのような効果をもたらし、シワを伸ばしてくれる

【NG.3】同じスーツを連続で着る

1日着たスーツは汗を吸収しているので、クローゼットなどにすぐにしまわずに陰干しして乾燥させること

連続して着ると、生地が傷んでしまう。

間隔がつまっていると「つぶれされて立体感がなくなる」「通気性が悪くなりカビやにおいの原因に」など百害あって一利なし

だいたい2cmくらい空けると◎

脇ポケットと胸ポケットは基本的に飾りなので、多くの物を入れるようには作られていません。特に重い物は入れないほうが良い

帰ったら中のものは一旦出すようにすると◎

入れたままにしておくと、重みでポケット周辺の生地が伸びたりシワになってしまう。スーツの型崩れの原因にも

1