1. まとめトップ

タマディックの評判や口コミ、設計十訓や航空機MRO参入などまとめてみました!

知る人ぞ知る有名企業タマディックという会社について調べてみました

更新日: 2018年11月16日

1 お気に入り 2527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

時々、TVとかで出演している、株式会社タマディックについて調べてみました。

◆株式会社タマディックとは?

タマディックは総合エンジニアリングの会社である

株式会社タマディックは、東京都新宿区に本社を置く機械の開発・設計・生産技術等を手がける企業である。株式会社タマディックは、主に航空宇宙、自動車、分野における産業機械、ロボット、電子機器、精密機器、ソフトウェアなどの研究から開発、設計、製造、試作、試験、品質保証、評価、販売まで一貫して請負う。本社のほか、事業拠点を神奈川県厚木市、愛知県名古屋市・豊田市を中心とした東海地区に持ち、また名古屋市に研修センターを有する。中華人民共和国の上海市に海外法人 多摩機電設計(上海)有限公司 を展開している。

株式会社タマディックは1957年創業で今年創立58周年
国内のトップメーカーと共に日本の産業を支えている総合エンジニアリング企業
高い技術力で産業への貢献を果たしている企業で、機械の製造より前の「開発」「設計」「生産技術」の工程を得意とする会社

◆株式会社タマディックの「設計十訓」

【社訓】
誠実
創造

【設計十訓】
☑依頼者の気持ちになり切れ
☑設計諸元を再度確認せよ
☑期限は最も重要な仕様である
☑計算記録は明確に残せ
☑設計推移は記録せよ
☑自分の図面に責任を持て
☑図面に個性を出すな
☑反原則設計は充分意見を聞け
☑アイデア.工作法 製図の絶えざる研究
☑一つの考えに拘わるな

株式会社タマディックの「社訓」及び「設計十訓」

◆株式会社タマディックの「設計十訓」に関するtweet

戦前生まれの人の言葉はガチなので記録。 pic.twitter.com/iQQzMGJrLC

株式会社タマディックの「設計十訓」がTwitterでのバズtweet。
まさに先人の方へのリスペクトを感じるtweet。
2018/6/27時点で9,000件を超えるリツイート。
いいねについては、17,700件を超えている。

また、この設計十訓は、株式会社多摩技研時代から伝わる設計心得十か条
創業者である森實千馬太氏の直筆で、今も尚、タマディックのDNAに受け継がれている

タマディック航空機MROサービスに参入 客室内装備や配線等改修による解析・構造設計など

タマディックおよび米国現地法人のタマテクニカルコアが、航空機のMROサービスに参入する。具体的には客室内装備および配線などの改修工事で生じる解析・構造設計のエンジニアリング業務をスタートする。
 エアライン各社が座席数のレイアウト改修による個室型フルフラットシートや機内Wi-Fiサービスを導入しているが、このような客室内装品においても、解析から設計開発、さらには部品の新規開発を行う必要がある。そうしたなかタマディックとしては、これまで長年に亘り培ってきた設計開発技術や生産技術を活かして、こうしたエンジニアリング業務を展開していく方針だ。

タマディックが航空機MROサービスに参入。客室内装備、配線などの改修工事で生じる解析や構造設計のエンジニアリング業務を開始することになった。
エアライン各社のおこなっているサービス向上の座席のレイアウトや機内wifiの整備に合わせ、タマディックが設計開発技術や生産技術を生かして解析・構造設計のエンジニアリング業務を行う。
長年の経験が活かされるであろう。

株式会社タマディックが航空機アフターサービス産業に参入

株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)および米国法人Tama Technical Core Co., Ltd.(読み:タマテクニカルコア / 住所:アメリカ合衆国ワシントン州エバレット / 2017年7月設立)は、航空機のアフターサービス(MRO:Maintenance Repair Overhaul)において客室内装備および配線などの改修工事で生じる解析・構造設計のエンジニアリング業務を開始いたします。

株式会社タマディックが航空機アフターサービスMRO(Maintenance Repair Overhaul)に参入。
客室内装整備や配線などの改修工事で発生する、解析や構造設計のエンジニアリング業務を始める。
必要があれば、新しい部品も開発する。

株式会社タマディックのMRO業務

エアライン各社が座席数のレイアウト改修による個室型フルフラットシートや機内Wi-Fiを導入し、サービスの品質向上を図っていますが、このような客室内装備においても、解析から設計開発、場合によっては部品の新規開発も必要になります。弊社では、1960年当初より航空機の設計開発や生産技術に関わり続けてきた知見を活かし、これらのエンジニアリング業務を請け負います。

航空機の座席数のレイアウト、個室型フルフラットシートや機内wi-fi導入などのサービス向上を図る際に必要な、解析から設計開発を担うことのできる設計開発能力、生産技術能力の高さは、長年航空機に関わり続けているタマディックだからこそ成せる仕事だ。

株式会社タマディックは高付加価値かつ総合的な技術サービスを提供するエンジニアリング企業を目指す

航空機は新規導入から退役まで約30年間運用され、その間は定期的な整備や補修が欠かせません。世界で運用されるジェット旅客機は2017年末の22,337機から2037年末に39,867機へ増加すると予想され※1、MROのニーズが高まっています。産業としても、2028年までに1,147億ドル規模に拡大することが予想されており、巨大な市場に成長しつつあります(右図参照※2)。また、今回弊社が担当する客室内装備および配線などの改修工事で生じる解析および設計業務は、国内の設計エンジニアリング企業が参入している事例は少なく、今後も市場開拓と成長が見込める分野と捉えております。
MRO産業参入は、米国進出の成果であり、弊社の航空宇宙事業の大きな節目であると捉えております。同産業への知見を高めるとともに、Tama Technical Core でAS9100(航空宇宙産業向け品質マネジメントシステム規格)の取得と、STC(追加型式設計の承認)取得を目標に据え、高付加価値かつ総合的な技術サービスを提供するエンジニアリング企業を目指して参ります。

MRO産業は2028年までに1,147億ドル規模に拡大することが予想されていて、巨大な市場に成長しつつある。
タマディックが担当する旅客機の客室内整備及び配線などの改修工事で生じる解析、設計業務の国内設計エンジニアリング企業が参入しているのは少なく、その分野でタマディックが市場開拓と成長を見込むことが出来る。
今後株式会社タマディックは、AS9100(航空宇宙産業向け品質マネジメントシステム規格)、STC(追加型式設計の認証)取得を目標に高付加価値かつ総合的な技術サービスの提供するエンジニアリング企業を目指していく。とても楽しみな企業である。

第40回愛知県障がい者技能競技大会の機械CAD部にて部門にて金賞受賞

株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)は、第40回愛知県障がい者技能競技大会(愛知県アビリンピック)の機械CAD部門にて、事業本部 自動車事業部 第2生技部に所属する篠孝忠(しの・たかのり)が金賞<知事賞>を受賞いたしました。

第40回愛知県障がい者技能競技大会(愛知県アビリンピック)は、平成30年7月8日(日)、15日(日)、21日(土)の3日間にわたり、県内3会場で開催されました。県内の企業や学校などから、障がいのある140名の選手が参加し、篠社員は機械CAD部門にて金賞<知事賞>を受賞。11月に沖縄県で開催される全国障がい者技能競技大会(全国アビリンピック)に、愛知県代表選手として推薦される予定です。

第40回愛知県障がい者技能競技大会で金賞を受賞
株式会社タマディックの底力が計り知れない

◆タマディックのおしゃれな事務所開設

株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)は、2017 年
7 月 18 日より、県営名古屋空港の近隣に「小牧南事務所」(愛知県西春日井郡)を開設いたします。国内で
は 9 カ所目の拠点事務所になります。

タマディックは室内デザインを航空・宇宙・健康をテーマにしたおしゃれな事務所を開設。
室内デザインは「株式会社カチノデ」。(愛知県内の学生ベンチャー企業)

タマディックの小牧南事務所、「中部ニューオフィス奨励賞」を受賞 ift.tt/2M8cDKs Photo: pic.twitter.com/4figFFRI2A

上記で紹介した、おしゃれな事務所が「中部ニューオフィス奨励賞」を受賞したというニュースサイトのtweet。

タマディックの中国支社を設立しました!

多摩機電設計(上海)有限公司 蘇州分公司を設立
世界的な半導体需要を受けクリーンFA開発設計業務などを展開

株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)は、2014年1月に設立した中国現地法人・多摩機電設計(上海)有限公司の支社として、中国江蘇省蘇州市に多摩機電設計(上海)有限公司 蘇州分公司 「中文:多摩机电设计(上海)有限公司 苏州分公司」を設立し、現地時間2018年11月1日より営業を開始いたします。

<現地法人概要>
社名:多摩機電設計(上海)有限公司 蘇州分公司
(中文:多摩机电设计(上海)有限公司 苏州分公司)
所在地:苏州工业园区 月亮湾路15号 中新大厦29楼09、10単元
設立:2018年11月
代表者:蘇州分公司 董事・総経理 : 楠 高志
従業員数:10名(2018年11月の営業開始時点)

この度、中国に支社を設立することで、これまでよりFA分野(ファクトリー・オートメーション)での開発設計業務をさらに強化してタマディックの企業拡大を目指していけること間違いないと思います。今後の業績に期待したい

◆タマディックは希望職種配属率90%超え!!

配属先の希望、最大限かなえますー。名古屋市に事業拠点を置く設計エンジニアリング会社「タマディック」(東京)は、このキャッチコピーで理系学生の採用活動をしている。希望に沿った配属はここ五年で九割を超え、甘い誘い文句にとどまらない。各社とも新技術の開発で理系学生に熱視線を送る中、着実な採用につなげている。

学生は「新型基幹ロケットの開発に携わりたい」「自動車の車両開発の仕事を」とさまざまな希望を抱いて入社する。そのため会社は仕事と希望のマッチングに心を砕く必要があるとして、入社前、入社後と何度も面談を重ね、最終的には社長はじめ全役員が一日会議室にこもって配属先を決める。

大手になるほど入社当時の希望に沿わないケースも多くなるが、「小所帯のうちならば、希望をかなえやすい。それは採用の強みになる」と十年前から始めた。
取り組みは、採用目標の達成だけではなく、定着率にも表れ、新人の三年後離職率は2004~2008年が21.6%だったのに対し、その後は9.2%まで改善した。

昔も今も苦労して就職したのにも関わらず、自身の意に沿わなくて辞めてしまう事が多いですよね。その中でも90%以上の職種に付けるなんて素晴らしいです。新入社員の希望に耳を傾けてくれる役員の方々が居るからこそ、これからの日本の産業を担っていく良い会社づくりができるのだと思う。

◆タマディック公式HP

◆タマディック公式Facebook

◆タマディック公式Twitter

1 2 3