1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

▼春は花粉症の人にとっては最悪のシーズンですよね

花粉症シーズン到来!鼻水、鼻づまり、目の痒み、肌荒れなどの不快症状に加え、洗濯物も干せない、窓も開けられない、外に出るのも憂鬱、、、などと言った煩わしさにお悩みのかたも多いかと思います。

花粉症で過去最悪の肌荒れ( ´:ω:` ) 皮膚科いきたいぃぃー

花粉症のせいかお外に出たら咳が止まらなゲホゴホ苦しい_:(´ཀ`」 ∠):

花粉症の薬変えたら喉カラカラになるやつで声が出ない

▼花粉症の人たちに、今から気を付けてほしい5つの事を紹介します!

1.部屋の掃除を疎かにしない

花粉が飛んでいるのは屋外であるにも関わらず、「花粉症」の症状が酷く出るのはだいたい屋内。オフィスや教室やリビングや寝室だったりします。

最初に掃除機をかけると花粉が舞い上がってしまい、思いっきり吸い込むことになりかねません。掃除機をかける前にシートタイプのワイパーなどで先に花粉を拭き取ってから掃除機をかけるようにしましょう。

花粉が多く飛ぶのは主に午前9時~午後3時。その時間を避けて掃除したい。特に朝、まだ人が動いていないときには、ホコリも花粉も舞い上がっておらず、床に落ちているので効率的!

2.ストレスはなるべく溜めないように

花粉症の大敵はストレスです。花粉症をはじめとするアレルギー症状は、ストレスを溜め込むことで悪化することが知られています。

なので、ストレスを上手くコントロールして生活することが花粉症改善には重要になってきます。

アロマは花粉症の症状を軽くし、リラックス効果もあります。ミントやユーカリなど、清涼感のあるアロマオイルをマスクに数滴垂らしておくと、鼻の通りがよくなります。

▼アルコールは控えましょう

お酒を飲むと肝臓で代謝をしてアセトアルデヒドが作られますが、そのアセトアルデヒドによって、お酒を飲んだ際の頭痛や吐き気、飲み過ぎによって二日酔いなどの症状が起こってしまうのです。

アセトアルデヒドは体内でヒスタミンの分泌を促進させる働きがあります。そもそも花粉症の症状は花粉アレルギーによって過剰に反応した免疫がヒスタミンを分泌することが原因です。

そのため、アセトアルデヒドの働きによって体内でのヒスタミンの分泌が促されてしまうと、
花粉症の症状が悪化することになります。

4.食事も大事な対策

花粉症に効く食べ物といわれているものの多くに共通する成分がポリフェノールです。

1 2