1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ほとんど叱られず「褒めて伸ばす」ブームで育った子供の行く末

子どもを叱らずに褒めて伸ばすというブームによって子供はどのようにして育つのでしょうか。

更新日: 2018年04月17日

97 お気に入り 146407 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■一時ブームになった「褒めて伸ばす」という教育法

「ほめて伸ばす」といった言葉もある通り、生徒にポジティブな言葉をかけるのはメジャーな教育法のひとつ

最近では、「子供は叱るよりも褒めて育てよう」という風潮が強くなりつつあります。

「子どもを厳しくしつけるよりも、いいところを伸ばすように褒めて育てたほうがいい」――こんな風に信じて子育てをしている人も多い

しかし、叱られてない子供は色々と問題が生じることがあるという

■まず一つ目として「本番に弱い」

注意されるべきときに甘やかされた子供は、ここぞという時に実力を発揮することもできない。

土壇場で「逆転できる子」の多くは、「本番に強いタイプ」だ。そして、実を言うとこのタイプは「褒めて伸びる」子ではない。むしろ逆に、いつも親が手を焼き、塾でも何度も同じことを注意されてもなかなか改善されないタイプの子

ただほめるのは、もう古い。本人が「行動」(して「失敗」)するように仕向ける。それこそが、自分の子どもや部下に「ハリボテではない本当の自信」を身につけさせる、正しい育て方

叱らないまでも、本人が自信を持てるまで行動するように仕向けるということが必要になるようです。

■更に、その先の努力を怠ってしまうという結果を招くことがある

子供の知能をほめてしまうと、暗黙のうちに「それ以上は努力をしなくてもいい」というメッセージを送ることになり、逆に学習のモチベーションは下がってしまいます

「褒め過ぎたら自信を持ちすぎて『できなかったのは自分が悪いのではなくて周りが悪い』と言うようになってしまった

自信を持ちすぎてしまうのはあまりいいことではありません。

■我慢ができない大人になってしまうことも

気に入らないことがあるだけで、街中で子供のようにかんしゃくを起こして泣きわめいており、3歳児と変わらないような子でした。

20歳の女性の例です。

幼い頃からすねれば何でも買ってもらえたり、周りが何でも言うことを聞いてくれたりという環境の中で育った男性は、大人になってからもだだをこねるようにすねる

「悪いことは悪い」とはっきりさせないと、自己肯定感だけが強く、悪事を平然と行える人になってしまいかねない

悪いことなのに自分の欲を抑制させることができなくなります。

■慣れていないので「叱られることに弱い」

ほとんど友人がいません。わがまま放題に育ってしまったので協調性がない子供になってしまいました。

実話です。

一人のお嬢さんは中学生にあがる頃から不登校を繰り返し、結局 付属の高校にはあがれなかった と聞きました。もう一人のお嬢さんについても 高校には行かず、自宅で引きこもりになっている と聞きました

叱らない子育てをした際の実話です。社会に対応出来ないようになってしまったようです。

■以上、叱らない子育ては世間的にあまり受け入れられていない

今年1月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、“叱らない子育て”を告白して炎上したモデルのSHIHO(41)

東尾理子と旅行中、新幹線で紗蘭ちゃんが他人の座席へ行き、その人の携帯電話で勝手に遊び出したという。気付いた東尾がその乗客に謝って紗蘭ちゃんを席に戻したが、SHIHOは知らん顔

1 2