1. まとめトップ

【読み方注意!】埼玉県加須市を知ってください!!

埼玉県加須市ってどんな市か知っていますか??あまり、聞かない市名だとは思いますが、実は市内のとある高校は〇〇の日本一なんです!さらに、加須市は〇〇が世界一なんです!この記事を読んでぜひ埼玉県加須市を知ってください!

更新日: 2018年04月17日

1 お気に入り 283 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

埼玉県加須市ってどんな町?

加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する市。旧・武蔵国埼玉郡。

東京都市圏(東京通勤圏)でありながら市内の工業団地などの産業・雇用で周辺の羽生市や旧・栗橋町などからの労働人口流入もあり、加須都市圏を形成している。

埼玉県内でも有数の米どころで中でも北川辺地域は県内一の米どころ[2]である。また小麦も県内トップクラスの作付け面積で加須うどんが有名。「加須の手打ちうどん」とも呼ばれる。

隣の久喜市と共に県北東部の中心的な都市のひとつでもある。

古くは「加増(かそ)」と読み、新田として石高を加増されたことに因む地名が元禄時代に「加須」へ改められた説がある。そのほか、利根川本流の「河洲(かす)」が転じたという説や、光明寺の開基を行った人物である「加須内蔵丞長高」の姓「加須」に因んだとする説がある。

うどんは市民のソウルフード!

加須うどんの自慢は輝く光沢と手打ちならではのコシ、そしてツルッとしたのど越しです。300年という歴史の重みを背負った職人さんたちは、おいしいうどんを打つために、季節やその日の温度・湿度などによって、塩や水加減を変えて、麵の太さを工夫し、足踏みや寝かせに時間をかけます。おすすめは、水洗いしたてのツヤツヤのうどんを冷たいつゆでいただく「もりうどん」。大葉やゴマの香りが新鮮な「冷汁」、寒い日には「味噌煮込みうどん」もおすすめです。

伝統を守ることはもちろん、市内にある数えきれないほどのうどん店の職人さんは「昨日よりもっとおいしいうどんを打ちたい」という熱い情熱をもって、日々精進しています。

各店が持つそれぞれの伝統の味に新しいアイデアを加えて、他店に負けないようにと切磋琢磨しています。

だから、加須市に来たら、できるだけ多くのうどん店に行って、できるだけ多くのうどんを味わってみてください。そして、あなただけのお気に入りのうどんを見つけてください。

今日のお昼は、加須の「登治うどん」さんで「肉南蛮うどん」720円と「けんちんうどん」770円をいただきました。普通の武蔵野うどんと違ってゴリゴリとした硬さはなく、細目でそれほど固いうどんではありませんでした。かなり濃いめのつゆなの… twitter.com/i/web/status/9…

全長世界一!「ジャンボ鯉のぼり」

加須市では毎年、ゴールデンウィーク後半の5月3日、憲法記念日の日に、市の北部を流れる利根川の河川敷にて「加須市民平和祭」というイベントを開催しています。

このイベントは毎回大勢の観客で賑わっており、周辺の道路が混みあう程の規模を誇っているんですが、一言に市民平和祭と言っても「それって何かの記念日?」と思う方がいらっしゃると思います。

もともとこの5月3日は昭和29年、当時の加須町が周辺の不動岡町・三俣村・礼羽村・大桑村・水深村・樋遣川村・志多見村と合併し、加須町から加須市へと市制施行された日なのです。

これを記念しての行事なのかは判りませんが、恐らくそれがこのイベントの開かれる由来なのかもしれません。

しかし、この市民平和祭は加須市が特に力を入れているイベントで、ただのお祭りではありません。

それは、イベントの開催中に二度ほど巨大な鯉のぼりが空を泳ぐという事です。

近年ではテレ玉だけでなく、NHKも毎年取り上げるようになり、恐らくテレビでその異様な光景を目の当たりにした事のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、このジャンボこいのぼりは驚く事に、全長が世界の中でも一番だそうですが、加須市的にはあまりその事を推そうとはしていないようです。

これまでジャンボこいのぼりは、その世界一の大きさと重量により遊泳に失敗する事が多く、またその遊泳の途中で破損してしまうという事態が起こっており、既に4体も作られています。

現在のジャンボこいのぼりは、歴代の1世~3世に続き4世と名乗り、2010年に騎西町・大利根町・北川辺町と合併して誕生した新たな加須市を象徴として、加須市民の手によって描かれ、完成したものです。

歴代の1世~3世については、Wikipediaに詳しく書かれていますので、ご覧ください。

ちなみに、かつては全長111メートルで、重さが730キログラムもあったそうです。

甲子園優勝しました!花咲徳栄高等学校

全国高校野球選手権大会の決勝が8月23日に開催され、花咲徳栄(埼玉)が広陵(広島)に14-4で勝利し、埼玉県勢として初めて夏の甲子園を制した。

遂に埼玉県民の悲願達成!
第99回全国高等学校野球選手権大会は花咲徳栄が、決勝戦で14-4で広島県代表・広陵高校を下し、初優勝を成し遂げました。
今回の花咲徳栄の優勝は、関東勢で唯一夏の甲子園優勝経験のなかった埼玉県とって初の快挙。
深紅の大優勝旗が遂に!初めて埼玉へ渡ることになりました!

歓喜する加須市民!

まいど! #花咲徳栄優勝 おめでとう!埼玉県100年の思いを見事達成されました。素晴らしい快挙です。㊗️どん丸大宮店では、優勝記念セールとして全並丼税込み500円でお客様と喜びを共有します。 何とツイッター見たで、「うなぎ蒲焼丼」… twitter.com/i/web/status/9…

1